竹島密入国処罰法案を提起する

日本政府は竹島が日本の領土だと主張しながら、島に上陸した韓国人に何ら対策をとっていない。この竹島では、李承晩時代どれほど多くの漁民を苦しめてきたか。苦しめるだけではなく殺された漁民もいる。日本は韓国人に対して毅然とした態度をとるべきである。
竹島が日本の領土であるならば、韓国人の竹島上陸を禁止する法案を成立させるべきである。その上で上陸した韓国人は、議員はもとより警備兵も含めて全て密入国者に認定し、犯罪者の日本入国を禁止すべきである。もし日本へやってきた場合、即座に逮捕し高額の賠償金を払わせるか、刑務所に入れるべきである。
このことにより、はっきりと国際社会に日本の領土である事を示すべきである。

2018年11月27日追申
韓国議員団が竹島に上陸したそうである。目的は日本を屈辱して人気を取るためである。早速密入国者として登録し、日本へ入国しようとした場合逮捕して「ゴーン」と鉄槌を食わせるべきである。