年金運用14.8兆円赤字原因は株価急落

「株価急落・四半期ベースでは過去最大の赤字となった」とのニュースが紙面を踊った。当然の事である。なぜならば、今まで度々株運用で失敗しながらも、株運用を増やした。しかしそれは年金生活者のためではなく、株価を押し上げ景気を上げるという目的て使われたからである。・・・・要するに現政権の人気取りのために年金生活者のお金が使われたということである。・・・・動機が不純である。
株価押し上げのためであるから、下げの局面では売り浴びせて株価を更に下げる事はできない。本来は売り浴びせて株価が下がったところで買い戻す。株の常道である。・・・・この点外国投資家をはじめとする投資家は安心して売り浴びせる事が出来る。・・・・どうせ日本国政府が最後には株を買い支えるだろうから。・・・・・従って日本からお金がどんどん海外へ流出してしまうのである。株価維持が果たして日本のためになっているのか疑問を感じる。

この株価が上がった今、株の保有を減らせ・・・・・

ついでに言っておくが、今のような投資方法、正に天下り軍団のための組織でしかない。


年金生活者は株の投資を辞めるべき
インフレにならないため、株価は単に上下するだけで、どんどん手数料だけ証券会社に吸い上げられてしまう。今でもそうだろうが「1億円以下の投資家はゴミ」といわれている。しかし「ゴミは片づけるのが社会の基本」である。分けの分からないうちに何度も売買させられて、僅かな金額になってから、自分は「ゴミ」だったと気付くのである。
今の株投資は博打である。博打は勝ていると思って、何度も売り買いしていると、理論上最後には胴元が勝つことになっている。確率の問題である。・・・・・貧乏人の博打は「勝ち逃げ」が基本である。これがなかなか難しい。勝ったら止められない、止めさせてくれない。」だからいつまでも博打は成り立つのである。所詮プロ投資家のおこぼれに与かっているいるだけである。・・・・これを提灯という。
今株価は戻した、私はこれを機会に株を止める事を進める。2万円を超える株価、これは異常である。1万円前後が妥当だと私は考えている。ピークを狙わずほどほどで止める。どんなに値上がりしても最後には妥当な価格に戻る。これが私の哲学である。・・・・年金生活者の株式投資は生活費であるから、失敗しても株を塩漬けにできない。・・・・・・・違いますか。
ちなみに私は、最近赤字のままサラリーマン記念に長年持っていた僅かな自社株を手放した。お金が欲しい分けではない、持っていると証券会社のメールがうるさく、いつ死ぬか分からない年になったので、整理したくなったからである。当然損切したが、一つ片付いたかとホッとした。

ちなみに、今まで株で数百万円~一千万円の小金を度々もうけた人を見ていると、「大きく下ったら買い入れ、値上がりしたら売却」これを5~10年単位のサイクルで繰り返しています。めったに売り買いなどしません。・・・年金生活者にこれができますか。生活の為下がった局面でも安く売らねばならないんですよ。

年金資金は、株価が下がった局面で買い、5~6年投資を止める。・・・・・証券会社を儲けさせるための投資は止めて欲しい。今は売り浴びせる時である。現金で持つ場面である。


2019年2月19日 追申
株価又上がった。今でしょう売るのは。いったん売って、イギリスのEU離脱高みの見物とするべきである。・・・・それに米中貿易戦争もあるし。