おれおれ詐欺を防ぐ簡単な方法

初めに
相変わらず「おれおれ詐欺」が横行している。そのほとんどが大切な老後資金を奪わるというものである。自分の親のような老人からお金をだまし取るのである。・・・特に許しがたい。
しかし不思議である。警察はなぜ本気になって取り締まらないのか。まるで自分たちの仕事を故意に増やして、自分の立場を優位にしているとしか思えない。
例のハガキが来た。警察に連絡しても「ほっとけばいいですよ」との返事である。犯人は効果があるからハガキを出しているのである。すぐその元を急襲すればよいではないか。・・・・これって犯人以外に誰が儲かるの。「警察と郵便局」違いますか。昔良くあったいたずら電話。NTTはさっぱり対処してくれない。この時儲かったのはNTTだから対処しない。・・・・・違いますか。NTTが損害を受けるならすぐ解決したと思います。お客が苦しんでいるのに放置したNTT本当に腹が立ちます。

詐欺を防ぐ簡単な方法・・・賞金制度

時々、賞金がかかった犯人捜査が行われている。特にオウムの様に政治がらみでは多い様に思われる。国民は放置される・・・これって私のひがみか。
おれおれ犯逮捕の手伝いをした場合、10万円の報奨金を出すと宣伝すればよいだけではないか。たった10万円でも効果抜群だと思う。・・・・もし私の所に電話がかかってきたら、私は騙されてやろうと思う。

対象は次のとおりである。

1. おれおれ詐欺の電話がかかって来て、警察に通報し犯人逮捕に繋がったら
  受け子だけ逮捕・・・10万円
  複数逮捕・・・・・10万円*人数分

2. おれおれ詐欺の受け子
  受け子をやり、気が変わって警察に通報・・・・犯人逮捕に繋がったら20万円

これで簡単に「おれおれ詐欺」は激減すると思う。

更に、逮捕された受け子が、指示した者を白状しない場合は100万円の罰金と(未成年者の場合は親に請求)当然主犯であろうから刑を重くする。
覚せい剤の場合も、売人を逮捕できなければ執行猶予を付けない。こうすれば、こそっと売人の写真を撮るなどして、少しでも刑を軽くしようと準備するだろう。もちろん売人もその上の卸を白状しなければ罪を重くする。

このブログを読んだ警察関係者・・・・私の考え方はいかがですか。多分他にも多くの人が同じように考えていると思う。