恐ろしい言葉狩り

今、桜田五輪相に対して言葉狩りが行われている。恐ろしいかぎりだ。はっきり言っておく、次に言葉狩りに会うのは、今言葉狩りしている貴方だ。社会を見回すと、マスコミは初め同情の言葉で始まるが、次第に批判を始める。「一度で二度おいしい」、「マッチポンプ」というやつだ。

競泳の池谷瑠花子選手が白血病を発症した。この発表があった時、私もびっくりするとともに、正直「がっかり」した。・・・・・皆さんは違うんですか。当然病に対する同情も少なからずある。中学生の同級生が白血病にかかっていたとも知らず、献血に協力できなかったことを今でも悔やんでいる。但しその同級生は長年かかって白血病を克服したが。そのことがあるから発表の時はショックだった。
桜田大臣もびっくりして落ち込み「がっかりした」との発言になったと思う。私にはその様に聞こえた。「がっかり」して落ち込んでこが悪いのか。もし言葉に問題があると貴方が勝手に考えたのならば、この言葉を削除して報道すべきであった。なぜこれが池谷選手を非難した事に結び付けられるのか。そんなことを考える人は、精神が病んでいるとしか思えない。どうして善意にとらえることができないのか。・・・・・・他人をおとしめて、自分は善人ぶる。いいかげんにしてもらいたい。
私から見れば、自分の受けたショック。がっかりした事を、他人を生贄にすることによりストレスを発散しようとしているようにしか思えない。
野党に至っては、池谷瑠花子選手を利用して、「怒りで震える。五輪を担当する資格は全く無い」「大臣を止める気はないのか」・・・・国会を混乱させ少しでも自分たちが有利になろうとする姿が痛ましい。このままでは更なる野党離れが起きると思っていないのか。・・・・もし桜田大臣がやけくそになって辞任したならどうなるのか。世界のわらいものである。
私ははっきり言って、国民の貧困問題をないがしろにして、五輪に血税をつぎ込む、あまりにも巨額の血税をつぎ込む、異常である。・・・・なのに更に言葉狩りまで始まる。いい加減にしてもらいたい。社会にはあまりに言葉狩りが溢れている。集団ヒステリーだと気付かないのか。
なにはともあれ、池谷選手が一日も早くなってくれる事を祈っています。また、このことによってドナー登録者が増えたり関心がもたれた事は、池谷選手の功績で、救われる人も増える事は間違いないでしょう。

僕と同じ意見ないか、見ていたら、ホリエモンのコメントあった。

 フォロワーからは「治療に専念して欲しいって真っ先に言ってたのか…マスコミの切り取り方えぐいな」「発言の切り取り方が異様ですね」「切り取りかたに悪意あり」「マスコミの取り上げ方も悪いけど、切り取られた部分だけ見て炎上させてる人たちもどうなのか」「小学生が他人の揚げ足をとるのと一緒」など、発言の報じ方を問うリプライが相次いでいる。

その通り、だからネットで「マスゴミ」なんて言われるんだ。「マスゴミ見るよりネット見れ」・・・・・どんどんマスコミ追い詰められている。いまやネット時代。マスコミの嘘が通用しない時代という事がまだ「マスゴミ」には分っていない。・・・・本当の事を見ないマスゴミに未来はない。


フィフィさんも私達と同じ意見

寺田議員、語彙力の無い大臣を叩いて、私には人の病を政治利用してるようにしか見えないんだよ。政争に池江さんを巻き込むとか、大臣の言い回し云々より、よっぽど気持ち悪いです。


小林よしのり氏も発言

漫画家
小林よしのり氏(65)が、桜田義孝五輪相が白血病を公表した競泳の池江璃花子に「がっかりしている」などと発言して批判を浴びた騒動に「全国民でバッシングするほどのことじゃない」と私見を述べた。(続きは日刊スポーツで)

小林よしのり=ゴーマニズムであるが、基本常識人。・・・・僕もファンなので、どういう発言するか気になった。・・・・・一応仲間かな。