大人になってから直す正しい箸の持ち方

私(男)は、ブログで日本は箸の国で、鍋文化があるから箸の持ち方を直せとその欠点ばかりを指摘してきました。しかしこれでは、一方的で片手落ち、前向きの発言ではないと気付いたので、私なりの箸の持ち方の練習をお教えしたいと思います。但しどこかの流儀から見れば間違っているかも知れませんが「JINNSEIーOKINA流箸筋トレ」を伝授したいと思います。

は娘を器用にしようと思い、まず左利きにしてそれから右ききに直しました。右利きに直すときは小学校入学の頃だったので、多少苦労しました。その時躾箸を作りました。二つの箸がくっつかない様に、頭の部分にテープを巻いたんです。今は躾箸として売っているそうですね。少し苦労しましたがわりと簡単に直りました。大きくなってから必要があってピアノを習わせたところ、最初から左手がこれだけ使える人は少ないと褒められていました。
本でも「4歳までに躾けろ」と書いてありましたね。指を器用に動かすとその影響で頭脳の発達も良くなるらしいです。(四歳以降は効果がないとも)又、骨格や筋肉が固まらないうちにやると修正も簡単です。幼子に対しては注意するだけではなく手をとって教える事も大事です。・・・このため、箸を持てない子は親のしつけが悪いと言われるんですね。・・・口先介入だけではダメですよ。…大人になってしまうと骨格や筋肉が固まってしまうので難しいと思います。・・・・そのため大人は「箸筋トレ」が必要なんです。
私は箸を両手で使えます。事故にあい右手が一時使えなかったので左手で食事をする必要があったかったからです。正しい箸の持ち方をしているので、左手でも簡単に箸を使えるようになりました。但し右手と違って力が十分入りませんが。

初めに断っておきますが、もろもろの正しい箸教室とは違い、美しい手と美しい箸の写真を使ってはいません。私自身の短い指を使っています。更に私の右手は事故で手の甲を骨折したため今でも中指と薬指がくっついて開きにくいです。・・・・そのような状態でも正しく箸を持てるようになる事をお教えします。・・・・尚、左手で正しく箸を持てる人は個性なのであえて直す必要がないと思っています。

正しい箸使いの定義

私が読んだ本やブログの中で、正しい箸の持ち方を定義した物は有りませんでした。だから多くの人達から「正しい持ち方ってなんなの」「その理由は」と突っ込まれているんですね。私はここで正しい箸の持ち方を定義します。(マナーではありません)
「箸を正しく使うという事は、物を掴んだり切ったりするだけではなく、物を力強く広げ裂く事が出来る所作をいう」
私はこれを箸の正しい使い方として定義します。「物を力強く広げ裂く事が出来る所作をいう」このことが抜け落ちているならば「掴めればいいんだろう」という事になってしまい、様々な持ち方が派生してしまうんです。一つの道具で様々な事が出来る。これが箸文化の素晴らしさなんです。・・・・・マナーは行儀作法の領域として分けて考えるべきです。

「JINNSEIーOKINA式筋トレ」
写真を撮ってみました。これが私のいう正しい箸の持ち方です。この持ち方で、バーベキューの最中飛び回るお騒がせクマン蜂を生きたままキャッチし追い払った事もあります。
IMG_1302
ヨットや家庭菜園やっているので日焼けして手が黒くても、指が短くても問題ありません。










ついでに左手も
IMG_1300
しかしこれは持っているだけです。正しい箸の持ち方だけです。使い方ではありません。
私の定義する正しい使い方。広げる所作はどうなっているか。
IMG_1306


















これが出来るから、魚の小骨なんか簡単に取り分ける事ができるんです。
さてもっと強力に広げて見ましょう。
IMG_1307


















チョット薬指の使い方を変えて広げてみました。これだけ力をいれると、弱い箸ですと折れてしまいます。
これだけ力を入れる事ができるので、かなり強力なやつでも、力を入れずたやすく切り分けているように見せる事が出来るんです。
ちなみに、箸を長く持つのは、僅かな動作で箸先を自由に動かすことが出来るからです。「力点ー支点ー作業点」・・・・小学生の時習いましたね。この場合力点と支点の先に作業点があるので、強い力が必要になるんです。そのためには正しい箸の持ち方が必要になるんです。
「他のテーブルの箸の持ち方まで気にするのは異常ではないか」なんて投稿している人が多数います。・・・・・何故だか分からないんですか。・・・・箸の持ち方が悪いと手ぶり身振りが大げさになるんです。そのため周りから注目されやすいんです。当然食べ方がスムーズではなくいらいらするんです。

・・・・・さて本題に入ります。
「実技」

箸の持ち方の悪い人は、赤いボールペン側(固定箸)の押さえ方が分からないからです。抑える力がないからです。箸は物を掴むのではなく、固定箸に押し付けるんです。
まず薬指に赤ペンをのせ親指の付け根で上から抑え込むんです。この時薬指の支える力が負けて内側に曲がってしまうので、更に下から薬指を小指で支えるんです。
多分全ての本では、黒いボールペンの正しいペン(箸)の持ち方からスタートしています。大人が見た目しか直せず、元に戻ってしまうい理由がそこにあるんです。
まず赤ペンをこのように掴んで下さい。掴み方は正しい箸の持ち方を真似て持ってから、黒ペンを抜き取るのも方法です。・・・それくらいはできるでしょう。
IMG_1303













この状態で力を入れる練習をするんです。指が痛くなるくらいまで何度も押し付けて下さい。なぜならばこれは「筋トレ」なんですから。痛くて当然なんです。今までの箸持ちに使われていた、間違った筋肉の配分を変えるんです。
でも確実に退屈しますから、この持ち方で「字を書く」「絵を描く」などすることをお勧めします。(上司の悪口を書くのなんかは、力が入っていいですね。箸を注意された彼氏の悪口もお奨めします。「バカヤロー箸が持てればもっとカッコいい彼氏に乗り換える」なんてのはどうですか。益々力が入りますね。上司の悪口は男性の方にもお奨めですよ。前向きな方は「今あなたに注意されたお箸を正しく持てるように練習しています。できたら食事に連れて行って下さい」つて書いて送れば、私ならすぐ飛んで行って貴方をを抱きしめます)


私の指には「箸だこ」が出来ています。窪んでいる部分がそうですね。
IMG_1304


















このトレーニングをするには、まず正しい箸の持ち方をするわけですから、効果のほどはその都度チェックしてください。筋力が付けば後は正しい箸の持ち方の教本に任せます。

正しくもてるという事は、こんな感じに箸を持てるという事です。ボールペン回しが出来るあなたなら、赤ペンの筋トレをすれば、すぐ持てるようになりますよ。
(これは個人差があります・・・・インチキダイエット食品?)

IMG_1309


















箸を正しく持てる女性は、カッコいい男性にモテルようになり、食事に誘われる回数も絶対に増える事をお約束します。(ただし個人差はあります)・・・所作が美しく、話し方が奇麗な女性幾つになっても素敵ですね・・・八千草薫なんか素敵ですが最近見かけませんね。ドラマですごい年下の男性に持てる役やっていましたね。

「JINNSEIーOKINA流箸筋トレ」試してください。
これは職場でもこっそりと出来ます。なんせ使用するのがボールペンですから。固定箸の練習しながら、ボールペン回しこれいいかも知れません。箸でも当然OKです。

「箸を使えない大人を作った教育評論家」も読んで下さい。どうして現代人は箸が持てなくなったかそのルーツが書かれています。


2019年7月1日 追申

箸の持ち方が変だろうかとの写真・・・・・変です

質問者の提供している写真、全てが三角持ち。これでは正しく持っているか判断できません。なぜなら指が全てくっついていて、箸に対して正しく力が伝わっているか判断できません。確認してもらうなら箸が少し開いた状態の写真にすべきです。・・・・「正しい箸の使い方」なんて指導している方も、閉じた状態の写真が多いですね。
正しく持っているが、正しく使えない状態ですね。

芸能人の箸の持ち方

芸能人の箸の持ち方が批判されています。特に俳優さん。お芝居やるために何故箸の持ち方の練習しないの。現代ならありかも知れませんが、戦前ならばあり得ない箸の持ち方をしています。それで「名女優」・・・・・・下女役以外あり得ません。・・・・低俗専門の演技俳優としか見られませんよ。
目立つ美味しい所だけ演技練習して、目立たない部分はほったらかし。嫌いなタイプですね。・・・視聴者は厳しい目で見ていますよ。


2019年7月2日 追申

下のブログを見て、私も「箸の筋トレ」提起したくなったんです。

娘が小学校の先生から「お箸の持ち方がおかしい。お嫁にいけんよ」と言われたというので、朝から母はヒートアップ♡
お箸の持ち方が変だから結婚したくないとかいう人とそもそも結婚せんでいいし、いや、結婚する相手を決めるのは娘やし、女が選ばれる時代なんてとっくに終わってるし、はああああ??


このこのブログに対する反応を沢山見ました。
しかしこの先生の言い方が「お箸の持ち方がおかしい。お嫁にいけんよ」との言い方、悪いと判断する人多かったですねー。
でもこれってお嫁に行く事考えている大人に言った事ではないですよ。小学生の子供に言う。可愛らしい言い方。歴史ある定型句ですよ。俺は好きだね。大騒ぎする女の子が目に浮かびます。それにこの子の事を考えてくれているいい先生ではないですか。それに対して母親が反発する。もしこれを子供が知って、親の言う事信じたならば、先生の言うこと信用しなくなるだろうね。・・・・・その結果どうなるのか、この親全く考えていませんね。・・・・・これって箸の使い方でその家庭が分かる代表例ですね。


本 題
食事って人生で最も多く接する場面ですよね。そこで利用される箸使い、マナーの中でも「一番使われる=最高にコストパホーマンスがいい」と思いませんか。これ覚えようとしない人の考え方可笑しい。‥‥はっきり断言します。
箸が上手に使えるって、上手に食事が出来る事ですね。食事を作ってくれた人も嬉しいですよね。僕は箸を上手に使って美味しそうに食べるので(もちろん皿の上の骨も奇麗に並べる。あるいは纏めます)これも食べませんかとサービスしてくれるので、色々と得しています。
箸を持てない人は、物を掴むとき何度も落とします。「これ美味しいね」と言おうとしたら相手はまだ食べていない、酷い人になると、ぐちゃぐちゃにしてしまい食べずに放置する人もいます。特に正式な場合自分で料理選べません。・・・・・だから会社ではそんな人をお得意様の宴席から外すのかな。箸使いで不愉快さを感じる人多いから。・・・・「接待しておきながら俺に嫌がらせするのか」なんて感じるお得意さんも多いでしょうね。
箸を正しく使える人から見ると、小さなストレスが溜まって我慢できなくなるんです。


娘さん「将来AKB48になる」なんて言っていませんか。私の姪は昔「おニャン子クラブに入る」と騒いでいましたよ。
ちなみに、この娘さん芸能人になって食レポしたら「食べ方が汚い出演させるな」なんて批判を浴びて潰される。・・・・・子供の将来潰さない様に。

でもこの話本当かな。こんな母親なんているとは思えない。俗に言う「つり」かな。

2019年7月4日 追申
箸の持ち方ブログを眺めて・・・・持てない人の反論

「箸を持てない人の反論」で検索したところ、「箸を正しく持てるが、使い方がなってない人が箸を持てないと批判するのは可笑しい」との意見が結構ありました。
正しく持つってどういう事でしょうね。箸を正しく使えないの中にマナーを含めてごっちゃに考えているんだと思います。これは完全に二つに分けるべきです。「正しく箸が使える技術的問題」と「見た目が美しい所作=マナー」とに。更にマナーを二つに分けます。「迷い箸や箸の持つ側で取り分けるような他人に迷惑をかけるもの」「箸のおき方など美しさの問題」に。
私は自分でも「箸のおき方など美しさの問題」には、まだまだ問題があると思っています。しかし「技術的問題」と「他人に迷惑を掛けない」点は十分注意をしているつもりです。
「技術的問題」が解決できなければ、「マナー」の問題を解決できる分けが有りません。だから「技術」を注意するんです。これなかなか注意できるものではありません。注意される方は勇気があるなと感心します。・・・・・・これを批判と受け止めず、親切だと理解して下さい。注意されたら「なかなか治らないんですがどうやったら上手くなるんですか」と聞くべきだと思います。これは「がんばっているんだ」と逆に評価上げますよ。逆の場合は「人の親切な注意を聞かない人=付き合いたくない人」に分類されてしまいますよ。


NPO法人日本サービスマナー協会 03-6278-7051
和食のマナー「焼魚の食べ方」・・・・実技する人箸の持ち方がおかしい


「魚裏返して食べたらマナー違反」で検索していたら、NPO法人日本サービスマナー協会のサンマの食べ方動画があった。上品そうに説明しているが、なんと実技者が箸を正しく持てない。見せかけだけ。俺だけではなく、コメントの中で何人もの人が指摘している。
この協会はチェックできる人いないの?・・・・更に動画の反応確認していないの。早くこの動画入れ替えるか削除したらいいと思う。上品そうな話し方と間違った箸の使い方。ものすごく違和感ある。
はっきりとは分からないが、どうもこの実技者は肘をついて演技しているように見える。・・・・・肘を付いていなくとも、その様に見えること自体マナー違反ではありませんか。

2019年7月5日 追申
「正しい箸の持ち方」を教えるというブログがあったので覗いてみた。

見た目だけ正しく持つ事を写真入りで記載されているだけであった。最後にこんなことが書かれていた。

箸の持ち方が正しく出来ていない人は、箸を使って器用にものをつかめないと思われがちですが、そんなことはありません。
試しに豆をつまんで、皿から皿に移す競争をしても、正しく持てない人と、正しく持てる人の差はほとんどありません。
しかし、箸を使って重いものを持ったり、大きくて柔らかいもの(豆腐など)を持ったりすると箸の角度に自由度が無かったり、パワーが無かったりするのでうまくつかめません。日常的に困るのはやはり見栄えが大きいです。

私の意見として、物を掴むだけなら「トング」をお勧めします。この人の発言は、正しい箸の持ち方が出来ている人の発言とは思えません。千年以上も使われてきた箸、僅か100年を過ぎたばかりの、ナイフとフォークのマナーとは歴史が違います。
これが一番「機能美に優れている」として定まった正しい箸の持ち方です。もし機能に問題があれば徐々に形がかわっていくでしょう。それにもかかわらず同じ持ち方が続いているんですから、現在の持ち方が正しいんです。

しかし、箸を使って重いものを持ったり、大きくて柔らかいもの(豆腐など)を持ったりすると箸の角度に自由度が無かったり、パワーが無かったりするのでうまくつかめません」

この部分も大きな間違です。正しく箸を持つ人は、豆を掴むとき掴む力やその幅をコントロールしているんです。ただ掴んでいるだけではありません。だから豆腐など軟らかい物であっても、一定以上に箸を狭めないので壊すことなく掴めるんです。パワーは関係ありません。
自慢になりますが私はバーベキューをめちゃくちゃにしてくれた「クマン蜂」が飛んでいるのを殺すことなく一発で掴んで離れたところで離してやりました。本人(蜂)は感謝しながら飛んで行きました。多分。・・・・これも必要以上のパワーを使わないから出来るんです。

それと、この方の箸の持ち方には、私が提唱する「正しい箸の持ち方」の中の「食べ物を開く」という所作が考えられていません。だから「正しい箸の持ち方の定義」が必要なんです。