jinnsei-okinaのblog

多趣味な男です。人のやっていることを見ると、なんでもやりたくなる。最後の趣味がヨット。趣味で忙しすぎて、これ以上増やせば仕事をしている時間がなくなると思い、避けていましたが、50代の時、会社で干されたのをチャンスに一級船舶免許を習得。免許習得とともに、カタリナ320を購入、翌年着岸も満足にできないのに日本一周などしてしまいました。2度のリストラをかいくぐり(石油ショック・バブル)ついでに自分で会社まで作ってしまいました。この間二つの会社から給与をいただき、無事定年退職。現在カタリナ350で自由気ままな人生を送っています。

2018年12月

老人の危険運転は本当か

初めに
老人の危険運転が社会を賑わしている。本当に全て老人の責任にしてよいのか。120キロ以上も出る車を売っている自動車会社には全く責任はないのか。免許返納を訴えているが、返納したら君たちは代わりに運転してくれるのか。多分テレビの仕事が忙しいからとタクシー代を送るのが関の山であろう。だがタクシー代を送ってもらえない老人はどうすればよいのか。・・・・・・私たちは飢え死にするの。
私はこの問題をいつも考えていた。誰かに訴えたかったが、今日テレビで「さだまさし」の発言を聞いてこのブログを書きたくなった。

自動車会社は悪くないの。
今日テレビを見ていたら老人の事故について話していた。「さだまさし」がブレーキとアクセルを別々の足で踏む、両足運転を奨めていた。その理由は「万が一の時は両足で踏めばよい」という主張である。私の論理と全く同じである。もし間違えてアクセルを踏んだら、ブレーキであると信じているそのペタルから足を離せるか。事態が切迫すると、心理的に離せなくなる。だから事故が起きるんです。私は妻にも両足運転をさせた。だから妻はどうして安全な両足運転をしないのか不思議がっている。車庫入れや駐車など片足はすでにブレーキにかかっているから、暴走など考えられない。ホンダの車に永く乗っている。ブレーキペタルは広く、両足を乗せる事ができたので、長い停車では足が疲れず楽だった。・・・・・・しかしいつのまにかホンダもブレーキペタルが小さくなってきた。
「さだまさし」の意見に対して司会者の「加藤浩次」は一方的に「右足でアクセルとブレーキ踏むもんです」と何の考慮もせず答えていた。・・・・・・問題提起は司会者の仕事だろう。ほとんどの老人は、マニュアル車運転の経歴を持つ、従って両足運転など何の問題もない。とっさの場合、昔の動作を思い出す。片足の方がとまどうかもしれない。両足運転ができるようブレーキペタルを少し広くするだけでいいんです。オートマチックの方が確かに便利です。老人向きと言える。しかし長年左足でクラッチを踏ませておいて、今から左足は使わせない。・・・・・自動車会社の横暴ではないか。自動車会社は何か隠していませんか。もしかしてコストダウンのため放置していませんか。それとも重大な構造的欠陥があるのか。

ドアミラーの欠点
更に言えばドアミラー。昔はフロントミラーで後方確認がしやすかった。当然駐車もしやすかった。車が真っすぐになっているか。どこに車止めるかが真に見やすいのである。今はカメラが付いていて確かに後方は見やすくなった。しかし同時に前方の人や車を確認する事はできない。さらに進行中ドアミラーで後方を確認する事は容易ではない。ドアミラーに変わった時苦労したが今は何の問題もない。・・・・・それは運転技術が向上したから?・・・・・違う。後ろに注意しなくても平気になった。気にならなくなった。人間なれが大切である?今の若い人はフロントミラー知らないから、彼らと議論しても無駄である。年寄りの最大の問題点は、動体視力の衰えである。ドアミラーはその点でも最悪である。運転は前方遠くを見て状況を判断する。その間に時々近くのドアミラーを見て周りを確認する。しかし近すぎて見るのが難しい、とっさに見えないのである。目の集点が追い付かないのである。無理に見ようとすれば前方不注意間違いない。フロントミラーの時は前方だけではなく、後方も絶えず注意して見る事は簡単だった。これを目の衰えのせいだけにしていいの?

オートマチックに問題はなかったの
オートマチックが車の半分を超えたころ、私のオートマチック車に問題が起きた。バックで車庫入れしようとすると、週一位でバックしないのである。どんどん回転を上げて行くと突然バックに入りダッシュする。私は両足運転だったから(今は、片足+横断歩道や車庫入れでは状況に応じて両足)既にブレーキに足をかけていたので、瞬時にブレーキをか事故を何度も防いでいました。それにもかかわらず、ディラーは「問題ありません」と言って車を戻すのです。それでもバックに入らない事はたびたびありますが一向に直してくれません。結局新車を買う羽目になりました。故障してもうかる自動車会社・・・・誰が儲かるか考えれば犯人分かりますね。その他にも、パワステが突然切れて何度も危険な目にあいました。これも同様な対応でした。原因が分からないと言って放置されるのである。ある日峠の下り坂の急カーブで突然パワステが切れ、ハンドル操作が危険になりました。心構えができていたので無事路外に止め、液晶パネルに出ているコメントを撮影し、ようやく部品を交換してくれました。・・・・・車メーカーの対応や技術力なんてこの程度なんです。今の技術者は車に限らず、人間が使う事を全く無視しているんです。PCでもExcelを終了させる時「保存する」「保存しない」「キャンセル」と表示されます。そのためうっかりと「保存しない」をクリックして、せっかくの成果をパーにする事がたまにありす。どうして「キャンセル」を中央に持ってこないの。・・・・・・違いますか。そうすればお互い距離があり操作上の間違いはなくなると思います。
私は埼玉のホンダ技術研究所へ車を持っ行って、改良させた事もあります。新技術おおいに結構、しかし人間を無視した動作を強要してもそれは事故の原因になるだけです。とりあえず各車メーカーにお願いしたい。ブレーキペタルを広くし、フロントミラーも用意して、選択の自由を与えて欲しい。・・・・・長年車を買ってきたユーザーに対して、「ぼけ老人の起こした事故」などという前に、車に問題が無いか、よく考えて設計に老人も参加させるべきである。それが出来ないなら車産業の衰退が早まるだけである。・・・・・若者は車を買わない、違いますか。
もう一つ。「70歳以上は自動ブレーキの付いた車以外運転させない」法制化した方が良い。

追 申
私も一般道を逆走しそうになった事が何度かある。広い道路だと、右折する時、中央分離帯と道路の向こう側が保護色の関係になり、中央分離帯に気付かず手前を曲がりかけ、あわててハンドルを戻した。年寄りは目の判断力が落ちるから、保護色の関係になると瞬時の判断は難しくなります。関係者にお願いしたい、中央分離帯の色を考えて欲しい。端だけでいいんです。なんでも運転者の責任にする限り事故は減りません。運転者だけの責任にして、曳かれたて死んだ人はどう思いますか。裁判所も判決の在り方を考えて欲しい。・・・・・・信号機や標識の付け方に問題があることなど非常に多いですね。左カーブの終わりに信号機がありました。当然左側を見て「ア、赤信号だ」と思い、車をゆっくり止めようと前方を見ると、既に前の車は停車中。追突してしまいました。・・・・・保険の為交番に行くと誰も居ず、電話すると「先ほどの人ですか」と聞かれました。もう既に事故を起こした人がいたんですね。・・・・・信号機のせいで事故を起こした経験ありませんか。

追 申
私が10年ほど前に買った、ホンダのレジェンドは、運転席から降りようとしてドアを開けると、助手席の窓が自動的に開くんです。このため2回も車内を自動洗車してしまいました。駐車場で窓が開いていた事は何度もあります。私が実演して見せると、ホンダの技術者はどうして窓が開くか分かりませんでした。原因は、窓のスイッチの上にドアを開閉する取っ手を縦に付けたためでした。ドアを開こうとすると手の平に力が入って筋肉が膨らみその下にあるスイッチを押してしまうんです。その時私はドアがぶつかる事を気にして右ばかり見ているので、助手席の窓が開くことに気付かないんです。窓が完全に開くと、空いている事が分かりません。・・・・・これを不注意と見ますか。単に筋肉の動きを全く無視した設計のせいではありませんか。しかもこのドアにどのくらいの風圧がかかるか、その時人間は何キロの力でドアを引く必要があるか。小学生何年生の力で開閉できるのかも計算していないと言うんです。デザインだけ考えて「取って」を前方へ寄せたため、強い力をかけないとドアをコントロールできないんです。そのモーメントを、即ち梃子の原理を計算していないんです。駐車場ではどれだけドアに小傷を付けたことか。人間のパワーを全く無視した設計でした。・・・・・人にやさしい設計本当ですか。ホンダばかりではありません。いたるところで人間を無視した設計がされているんです。技術者の人生経験不足に起因しています。違いますか。私は、ブレーキ操作の過ちを運転者のせいばかりにする報道にはうんざりしています。車に問題はなかったんですか。緊急の時踏み間違えるブレーキは欠陥ではないんですか。オートマチック車には、予備のブレーキが必要ではないですか。・・・・年寄りは警察に言われると、事故を起こした負い目で、自分のせいだと納得してしまうんです。なんせ警察の調査は「不注意ありき」で一方的ですから。事故が起き気が動転している状態で適切な受け答えができると思いますか。・・・・・これ放置していると車売れなくなりますよ。

2018年12月28日 追 申
元気なおばあちゃん

今日「ひるとく」を見ていたら、「歩道を車で突っ走ったおばあちゃん」の話題だった。まず最初に言っておく「おばあちゃん何をぼけた事やっているの」という前提の構成としか思えない。びっくりしたのは、歩道の幅が3.5m、有効幅(有効幅)3.05m、即ちその先の車道3.0mより広いのである。スーパーの駐車場を一旦停止し、すぐ左に曲がって走り出している。すなわち歩道を走りだしているのである。駐車場の出口左には左折の看板がある。レポーターはこの看板を見て「私なら車道の所を左に曲がる」と言っていてたが、はたしてそれが看板に忠実な行動か、その根拠を知りたい。この広い歩道を車道の一部と錯覚し看板通りすぐ曲がったらそれは間違いだ、年のせいだと指摘するのか。私は言いたい、この看板の取付を指示した張本人こそがボケている。錯誤させる位置、しかも見にくい位置に看板はある。レポーターは車外にいるから標識や周囲が簡単に見える事に気付いていない。運転者が手前を歩道と判断できない位置でこの看板を見て、出たらすぐ左に曲がると決めていたら、当然左に曲がってしまう。何故なら一旦停止した位置では看板は頭上にあるからである(この理屈を理解できない人には理解できないだろう)。だが、いつもの通り、年寄りの間違いで片づけられるだろう。正しい答えは、看板の立てる位置をスーパーの出口ではなく、向こう側に建てる。即ち車道の手前に建てるべきである。もしくは正面に建てる。更に白線を引いて誘導する。そうすれば今回のような間違いは無かったと断定する。私が最初に述べた「人間を無視した設計」の一例であろう。・・・・・・違いますか。私には左折して走って行けば本線に合流するように見えた。非難すべきは、このおばあちゃんではなく、物事を簡単に考えたずさんなスーパーである。・・・・・それにしてもおばあちゃん、堂々と運転していますね。運転も上手い。事故にならなくて本当によかった。標識がまともであれば、このおばあちゃんが間違えるわけないじゃありませんか。・・・・・おばあちゃんを騙した関係者が悪い。そう考えなければ物事の本質を見失う。・・・・・・違いますか。・・・・私は一部上場の住宅会社に永い事いた。多くのクレームを処理した。その結果得た答えは、使い方のせいにしていると本質を見失い、クレームは全く減らないという事である。

2019年2月6日 追申
高齢者、高速道路逆走。
高速道路の逆走。高齢者が66%だそうである。この数字出すとき、高齢免許所有者の○○%というように発表してくれないと真実が見えない。・・・・・逆に考えてみよう。若いくせに34%も逆走するバカがいるの(老人ならボケか)、おかしすぎるだろう。なぜ若いくせに逆走してしまうの。こちらの方が問題だろう。彼らが老人となっても逆走するんだ。66-34=32%・・・年のせいで逆走するのは32%ではないか。・・・・違ったかな?
運転に自信がある人、高齢であるほど高くなる。・・・・当然だろう。自信があるから高齢でも乗るんだから。・・・・うちの奥さん、息子に送ってもらえと言ったら、こそっと耳打ち。不安で乗れない。俺をアッシー君にするのは止めろ。
俺は若いころよく事故を起こしたよ。1年に一回はやったな。2年間もなかったら、どうなっているのかと不安に思ったもんだ。そのうち大事故を起こすんでないかと。しかし、年と共に事故は起こさなくなり、最後の事故はいつだったか忘れてしまった(ボケのせいだと思わないで)。運転は上手だとは思っていないよ。年と共に慎重になってきて、腕の衰えをカバーしている。他に安全装置も多用している。自分では上手だとおもっていないが、周りは下手くそだと思っている。下手くそというより、ルールーを守っていないのかな?。・・・意外とルールーを守らない人の方が事故少ないかも知れない。怖がって他の車近付かないから・・・・。

ところで本題に入る。
逆走を高齢のせいにしているが、道路の作り方に問題はないの。・・・作り方が悪かったら間違えて当然でしょう。だから若いのも逆走するんだと思う。俺の見たところ、逆走の原因になるSAけっこうある。一方から入ってもう一方に突き抜ける形のSAは問題が少ないのではないかな。時々、入口の近くに出口があるSAがある。侵入禁止の標識が頭上にある。近場からスタートすると見にくいのでは。これって間違えないかと時々思う。・・・・設計に人間の行動を考えていない事、多すぎます。
対策としては、入って来た道路を分からなくする。進入禁止の看板だけでなく、変な色にする。これが道路かと思わせる。例えば、どこかの家に入って行くように見える絵を描くとか。出口方向に向かって駐車させる。・・・・これやってみて。きっと逆走激減すると思う。・・・これやらずに高齢者を批判するのは止めろ。お金を払ってくれる大切なお客だとの観点が抜け落ちている。お客を非難するなど言語同断である。皆年寄りになるんだぞ。それとも無料で代行運転してくれるの。

2018年12月28日 追 申
昨日、車の運転した。道路が凍ると危険なので横に息子を乗せて走行した。たまに、氷で全くブレーキが利かなくなる事があるからである。そんな時スキーの様にすべる車を路肩に擦り止める必要がある。こんな高度なテクニック息子には無理だから。・・・・・まだまだ、息子には負けない。
交差点で、私は直進、前に左折の車、左折の車が人を待っている。曲がっていったので、私が進もうとすると、歩行者信号が点滅。ここからが肝心。アクセル踏むが車が進まない。エンジンの回転が上がらないのである。前の車もそうだったので、この車に買い替えたがたいして変わらない。
更に踏み込むが動かない。しょっちゅうこんな事起きるので馴れている。そのままの状態で我慢しているとようやく車が走り出した。歩行者信号は既に赤になっていた。
以前から何度も「アクセル踏んでも車が走り出さない」と車屋に訴えても何にもしてくれない。・・・・彼らは分っているに違いない。ソフトの欠点を。だから調べようともしないんだ。
しかし、もっとアクセルを踏む老人がいたらどうなるか。突然スイッチが入って暴走、当然考えられる。・・・・「年寄りが暴走させるのではない。プログラマーが暴走させるんだ」・・・違いますか。
この話を妻に話したところ「私も5差路でアクセルを踏んでも前へ進まないので、更に踏み込んだら暴走した」「事故ったと思ったが幸い車が居なかったので助かった」・・・・と話していた。・・・・・・暴走の原因として、老人ばかり取り上げられて、自動車の欠陥全く報道されません。おかしいと思いませんか。

2019年6月2日 追 申
「金沢のシーサイドライン逆走事故」

 横浜市の新交通システム「金沢シーサイドライン」の新杉田駅(同市磯子区)で自動運転の車両が逆走して車止めに衝突した事故で、運行を制御する自動列車運転装置(ATO)のコンピューターと事故車両のやりとりは正常だったとの記録が残っていることが2日、運営会社への取材で分かった。

これをどう説明するのか。それなら暴走するわけないじゃありませんか。コンピューターのやり取りが正常だったと判断されたので逆走が起きたともいえる。それにも関わらず正常だった事は、「逆転の発想ではそのことが異常であった証拠である」・・・私が何度ものべているように、現代の自動車は電気信号で操作されている。異常が起きているのに、正常と判断している事自体が異常の証拠である。

今年3月に妻が再び車を暴走させた。ガソリンスタンドから出ようとして歩道に出てきたところ、信号待ちの車が譲ってくれた。道路に出ようとしたところ、なかなかエンジンの回転があがらず前へでない。更に踏み込むと突然回転が急上昇、車道へダッシュした。妻はそんなときのため、左足でいつでもブレーキを踏み込む準備をしていたので事なきを得た。右足ブレーキではとうてい間に合わなかっただろう。・・・・・これでも車が暴走する原因を老人であることのせいにしますか。
「オートマチック車は暴走するものだ」私は今までの経験から断言します。

暴走した経験者の方、欠き込みお願いします。皆で暴走問題を議論しようではありませんか。

2019年6月21日 追 申

自分73歳のオートマチック車の運転を振り返ってみた。私は片足状況に応じて(交差点で特に右折する時)両足運転をする。片足運転であるが、気付いた事がある。私はアクセルとブレーキ動作の時足の位置を替えない。即ちかかとの位置を変えないのである。どちらかと言えば、ブレーキ寄りにかかとの位置を置き、アクセルを踏む場合、足首を右にひねって軽く踏み込む。もし急ブレーキを踏む場合は同じかかとの位置で、まっすぐ踏み込む。少し踵がブレーキ側なので、通常の2/3位の面積でブレーキペタルを踏み込む事になるが、これで何の問題もないと思う。この方法はアクセルをいきなり強く踏み込むことが無いメリットがある。・・・・・このテクニックは、マニュアル車で坂道発進をする場合、サイドブレーキを使わないテクニック(ブレーキを踏みながらアクセルを踏み込む)の応用であるが、一度試してはどうか。
それにしても、片足運転か両足運転かの議論をするよりも、両足でブレーキを踏めるようにブレーキペタルをもう少し広くしてほしい。ほとんどコストをかけずに出来る取りあえずの安全対策である。

老人は、マニュアル車を長く使っていた人も大勢いのである。とっさの場合クラッチを切ろうとする事が起きるのは当然である。しかしそこにクラッチは無い。・・・・・そこにブレーキを付ければ多分簡単に解決できる問題である。
私は、オートマチック車だけではなく、マニュアル車も乗っている。更にヨットで旅行するので色々なメーカーと車種の車をレンタする。前へ入れるとバックする車おかしいと思いませんか。それとサイドブレーキを廃止して、ボタンにするメーカー。これはいくら乗っていても馴染めない。手で引くサイドブレーキがあれば、見ただけで判断できる。暴走した場合も引くことが出来る。・・・・・メーカーは安全を考えていると主張しているが、本当だろうか、疑問を感じる。ボタン式と手動式どちらのコストが安いか発表して欲しい。・・・・誰か知りませんか。

2019年6月22日 追 申
こんな記事があった。(上手く貼り付けれずすみません)

高齢ドライバーの事故、実は減少傾向だった

このところ、自動車事故のニュースが頻繁にメディアに取り
上げられて
いる。その報道の多くは、「高齢ドライバーによる」
という切り口によって伝えられる。しかし、アクセルとブレーキを
踏み間違えるのは、認知機能が低下した高齢者であるとの決めつけ
は、誤った認識だという。元科警研研究員・伊藤安海氏は、注目
すべき事故原因は他にあると指摘する。(JBpress)

※本稿は月刊誌『Voice』(2019年7月号)、伊藤安海氏の
「高齢ドライバー事故をいかに防ぐか」より一部抜粋・編集した
ものです。

「事故=高齢ドライバー」は固定観念

 2019年4月19日、池袋で87歳の男性が運転する車が暴走し、
男性と同乗者を含む8人が重軽傷を負い2人が死亡する凄惨な
事故が起きました。
この事故しかり、アクセルとブレーキの踏み間違いや高速道路の
逆走、ドライバーの意識喪失と聞くと、誰もが「高齢ドライバー
問題」を連想するでしょう。
しかし、じつはどれも高齢者に限った現象ではなく、どのような
年代のドライバーも起こしている現象です。高速道路の逆走で
検挙されたドライバーでさえ、その3~4割は非高齢者なのです。


いう書き出しで始まり、最後に「問題は認知症だけではなく健康問題」である。
と結んでいる。
高速道路の逆走「その3~4割は非高齢者なのです」・・・・2月6日、私が主張
したように。老人の逆走よりも、非高齢者に着目した点が評価できる。

2019年7月7日 追 申
自転車とぶつかりそうになりショックだった。

片側3車線・・・・6車線の道路。路肩も広いのでかなり広い道路、左折しようとして横断歩道に差し掛かったところ目の前に自転車。急ブレーキをかけ、4メートル幅くらいの横断歩道、1メートルばかり入って停車した。相手の自転車止まらなければ、停車した私の車にぶつかっていたただろう。・・・・・かなりショックを受けた。

事故を分析して見ると(衝突してはいないが)
ぶつかりそうになってお互いに停車、相手が交わした時、歩道の信号見ると赤信号だった。この自転車多分点滅信号で侵入したので、急いで渡って来たと思われる。私は、横断歩道に入った自転車を見逃し、その後右の支柱の死角と自転車のスピードが一致し、衝突しそうになる直前まで見えなかったはずである。彼は車に近づきすぎたので死角からはみ出し私が気付いて急停車。こういう事だと思う。
最近の車、支柱が太すぎて死角が多すぎる。私の車は支柱にエアバックが付いている。更に今まで一度も付けなかった日除けも何となく付けてしまった。・・・・・格段に死角が広がっている。これも事故が多発する原因になっているのではないか。

1年ほど前もこんなことあった。我が家の青空駐車場、右手は車庫があって死角になっている。したがって極めてゆっくり出て行く、左折しようとすると、突然右前、フロントの所に50代くらいの女性。ビックリした。
分析すると、右からくる女性元々見えない。私がゆっくり出て行くと、その女性止まれば良いのに、車道に降りてまで、私の車の前を通過しようとして、車道中央まで歩いた。多分私が気付いて停車すると思ったのである。だが車道に降りてまで通ろうとする、乱暴な話である。しかし彼女はの動きはたまたま柱の死角といつまでも重なり、左にハンドルを切ろうとして前進を止めるまで気付かなかった。・・・・・横に乗っていた息子「気が付いていた」。おいおいそれなら「止まれ」と言いなよ。・・・・・今の若者こんなのばかり。

それにしても今の車、安全のためと称して支柱太くなっているが、昔の車に比べて「死角広すぎ」ませんか。これも多くの事故に繋がっていると思う。例えば右折する時、たまたま曲がる死角の速さと、対向車のスピードが一致して衝突する。きっと多いと思う。対向車スピード違反していないか、分析してみたら? 
確かにもっと注意して見ればいいのかも知れませんが、その部分ばかり注意して見ているとこれも事故につながります。・・・・・死角の角度って法律で決まっていないの。



私の素人裁判も読んで下さい。貴方が裁判をするとき、参考になると思います。

「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索

2019年7月12日 追申
駐車場から出る車の老人暴走・・・彼だけの責任か。

4日ほど前、駐車場から出る老人が車暴走させる事故の映像見た。結論から言おう、この年寄り可哀そうだった。TVの評論家、外野席でなんだかんだ適当な事話している人、我々高齢者から見れば若造ばっかり。なぜ高齢者の意見が聞けない。‥‥・高齢者代表として私が意見を言いたい。

状 況
駐車場を出ようとして、自動料金精算所の角を右折、その料金所の角に女性べったりと張り付いている。多分先に車を行かせようとしているんだろう。そもそもこれが間違い。角にべったり張り付かれたら、ただでさえ右折しにくいのに大回りになってしまう。料金所の設置の仕方に無理がある。こんな設置のしかたの料金所たくさんありませんか。・・・・俺でも難しい、若くても難しいだろう。当然切り返しが入る。左手の通路(右折したので真後ろ)にいた白い車、それを予測して通路の幅だけ後ろに停車している。ここまではOK。
老車バックして切り返すがやっぱり不十分。原因は白い車が後ろにいるため、十分バックできない。この時後ろを見ると左手から女性が後ろを通過、続いて男性が。当然バックできないで停車したまま。人が通り過ぎて、バックしようとすると、その時後ろの白い車、間隔詰めてしまう。もうバックできない。なぜバックしようとしたかが分かるかというと、時間があるのに老車料金払おうとしていなかった。・・・・・おい白い車、シルバーマークが見えなかったのか。バックするのは当然予測できたろう。料金払うまで車間詰めるな、相手は老人だぞ。(後ろも老車か?)
そのままの停車位置で、窓を開けて料金を支払おうとする。これ自分も何度か経験がある。ブレーキペタルふむと真下には踏めず、足の横で斜めに踏む形になる。かなり無理がある。私は両足運転もするので、こんな時は左足でブレーキを踏む。それでも難しいときはPに入れて、ドアを開く。・・・・私は両足運転だからこれが出来る。
右足だけの片足運転、特に脚力が落ちた老人には難しいだろう。
ムリな姿勢だからブレーキから足が離れたか、踏む力が足りなくなった。車がツツツと前進、あわてて踏もうとするが、ブレーキまで足が届かず踏みかえる時アクセルを間違えて踏んでしまった。後は暴走。・・・・・・これが真実だと思う。
ここまで書いてくると、原因が分かったと思う。われわれ年割は、体の動きが鈍い、目で周りを見ても、まず首や体をひねって周りを見る事が苦手である。おまけピントを合わせるスピードが極めて遅い。首をひねっても見えるとは限らない。この老人パニックになって一刻も早く駐車場をでたかった事だろう。

結論を言おう。
この老人何も悪くない。恥をしのんでシルバーマークを付けているのに、誰もが無視している。歩行者優先などと言う、運転者向けの注意事項が、いつのまにか歩行者の権利としてとらえられているから事故は起きたのである。又、敬老の精神が全く無い。駐車場であるから、皆車の事は知っているはずである。なのに誰もこのシルバーマークに配慮しない。
私は、ブレーキペタルの幅をもう少し広げて、両足でブレーキを掛ける事が出来るようにして欲しいと訴えている。老人は脚力が衰えているんだ。特に車を使う老人は。だからブレーキを両足で踏めるようにすることは大事なことなんだ。・・・・・シルバーマークは、水戸黄門様の印籠と同じなんだぞ。

免許返納「ふざけるな」これだけ老人が増えたのに、誰が老人の面倒を見てくれるのか。国家公務員や一部の大企業出身者でなければ、年金では生活できない。・・・・・子供に面倒を見てもらおうと思っても近くに子供の職場が無い。あっても転勤を命じられる。
子供からの仕送り・・・・逆に乏しい預金を持って行かれるのが現実である。
我々は自分で生きてゆかねばならない「免許返納」・・・・おい返納したらホームにでも入れて面倒を見てもらえるのか、それならば返納しようじゃないか。・・・・・「免許死守」これは我々老人の生存権をかけた戦いである。最後まであがけ。

余 談
昔、ヨットの故障で駿河湾にある港に入った。スーパーへ買い物に行くと、向こうから勢いよく原付バイク。駐車場でピタッと止めた。・・・・だがバイクを降りると、ヨタヨタとお店へ。内の奥さんとびっくりして顔を見合わせて笑った。・・・・・今こんな人普通に多くありませんか。



私の素人裁判も読んで下さい。貴方が裁判をするとき、参考になると思います。
「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索



札幌市のガススプレー爆発事故で思う事

危険を感知できない現代人
私は昔からたびたび危険な目に会い、運よく生き残って来た。だからこのブログを書いている。今回の事故では死者が全く出なかった。私は思わず「奇跡だ」と叫んだ。・・・・あの破壊状況から見ると正に奇跡である。この事故にあった人たちは本当に運が良い人たちである。きっと長生きできるだろう。一日も早く普通の生活にもどれるよう祈っています。
私がこのブログを書きたくなった原因は、かなり昔、25年位たつだろうか。日本の南端「与那国島」の小学校で教育用テレビの下敷きになって死んだ小学生を思い出したからである。当時はブラウン管テレビ。液晶テレビとは重さが全く違う。原因は、テレビが台の上に載っていたが、この周りで小学生が遊んでいて台を倒し、テレビが小学生の上に落ちて死亡したというものである。
原因は、この台がプロジェクター用であったことである。プロじゃクターはテレビに比べて圧倒的に軽い。従って下のキャスターの広さも実に狭い。これにテレビを置くことの危険性は一目両全である。だが先生は置いてしまった。更に小学生なら友達に追いかけられてこの周りで走る事は普通なら予測できる。ガキ大将だった私なら確実にやっている。しかしこの先生は予測できなかった。・・・・・・一目見れば分かるだろう、これがいかにアンバランスで危険なことか。これに前後してどうして見ただけで危険を予測できなかったのかと思われる事故が多発していた。今でも同じである。横断歩道で待つ間、車道ギリギリに立って青信号を待つ姿。危険だとは思わないのか。許せないのは乳母車を車道ギリギリに止め、自分は安全な後ろにいる母親。本当に子どもの事を考えているのか。もし母親に通行人がぶつかり乳母車が車道に押し出されたらどうするのか。スマホに夢中になりいつのまにか乳母車が車道に出ていたらどうするのか。・・・・・事故がおきたら多分全て人のせいにして、「私の大事にしていた赤ちゃんを返せ」と泣き叫ぶことだろう。しかし到底この母親は赤ん坊を大切にしているとは思えない。
私は、現代人は安全の中に暮らしており、危険を察知する。もしくは危険を避けようとする能力が著しく欠如しているとしか思えない。赤ん坊は母親を恨んだことだろう。私はいつか注意を喚起したかったが、今と違い当時簡単な手段がなかった。・・・自分は悪くない、相手がわるいんだ。・・・・しかし死んだ人で「相手が悪い、責任は相手にあるんだ」と主張するのを聞いた事はない。死んだ人は多分自分の間抜けさを反省していると私は考えている。

今回の消臭スプレーについて考えてみよう。

私は、美容室を人手不足で5年ほど前に廃業した。この時業者から大量にもらった小型スプレーがあった。何かのイベントに使おうと考えていたが、そのうち忘れてしまったものである。当時ボンベは穴を開けガスを全て出さなければ捨てる事ができない。手作業でボンベを押し続ける事は到底むりだった。私は5本ずつ入る箱を作り、これにボンベを立て、蓋をすることによってガスを排出する仕掛けを何個か作りガスを排出させた。もちろん屋外である。丸い缶に穴を開けるのは難しい。しかし箱には缶に合わせて釘穴が空いており、この穴をピックで突き刺し、いとも簡単に穴を開けて処理した。・・・仕事って道具を作る事なんです。・・・・大工なら鉋をよく研ぐとか。・・・・料理番組を見ていると、時々切れない包丁を使って、食材を押しつぶしている料理家が見受けられる。妻は切れる自分の包丁と比べて笑っている。

さて本題である。

ガス放出場所
札幌は広い近場には自然が多い、人がいない河川敷など近所にいくらでもある。まだ雪も少ないのに、どうして河川敷に行かなかったのか。見られるのが嫌ならば林もたくさんあるではないか。死体を捨てに行くわけではない。普通サイズのスプレー缶120本、匂いも出る。それを繁華街のど真ん中で。言っては悪いがぼろビルである。火災の危険性は、住宅仲介のプロならば知っていて当然である。・・・・消防から2016年以降6度も注意を受けたという危険なぼろビル。火災が起きれば特に危険である。持ち主も入居者もそろって危険を無視している。近所迷惑な話である。・・・・・一般家庭なら、屋外かベランダ。

ボンベ爆発の危険性
私はボンベに穴を開ける時、爆発するという前提の元に穴あけをしている。・・・・・皆さんも爆発するんだと思い、ガスは完全に抜ききってから穴あけをして下さい。多分穴を開けた時、スパッと穴が開けばよいが、こすられながら穴が開くのは危険だと思う。・・・・これを防ぐために、5本爪の熊手を使い、確実に一発で穴を開ける。もしくはサンダルをはかせて回転を止め確実に穴を開けるなどの工夫をしています。

可燃性ガスが入っているとは思わなかった。
思わなかったのは確かであろう。しかし可燃性のガスが入っているのが普通である。常識である。やるならばなぜ説明書を確認しなかったのか。・・・・・私はかってバーベキューで火の付が悪いとき、時々ガススプレーを使って火に勢いを付けていた。それほどの火力である。(ヨイ子の皆さんは真似をしないように)・・・・・燃焼が目的のものならば異臭が混ざっているが。そうでない物は不愉快な異臭など入っていない。

大量のガスの危険性窒息
可燃ガスが入っていなくとも、室内である。大量のガス放出を想定して安全基準を作っていない事は明らかである。大量のガスを放出すれば酸欠の危険性がある事は当然である。・・・・・・ヘリウムガスの吸いすぎを思い出さなかったのか。

有毒性
消臭剤と言えども、化学物質や有害な成分が入っている事は間違いない。その使用量がすくないから認められているだけである。・・・・例えば防水スプレー、これが肺の中に入るとやはり危険だそうである。私の妻は「だから玄関の戸を開けてスプレーしている」主張している。・・・・・どれだけ空気が入れ替わるのか、危険だから外でかけた方が良いと忠告したが「あんたの靴もやってあげているんだから」と逆切れされた。・・・・健康を心配して言ってあげたのに。もしかしたら引火するかもしれないでしょう。


スマホの危険性
スマホでニュースをみていると、どうしても自分の見たいものだけを見てしまう。情報が偏るのである。あれだけ必死にスマホを見ていても、何の役にも立たなかったことが今回の事故でよくわかった。ぜひ新聞や普通のテレビニュースも見てもらいたい。

jinnseiーokina(人生翁)としての提言
現代人が、危険に対する認識が甘い・・・・というより感知する能力が低下していると指摘したい。自分は感知能力が落ちているが、危険の中に生きているという認識を常に持ってもらいたい。相手を非難しても死んだら終わりである。

こんなに危険信号出ていたのに店長どうしたね。「魔に魅入られる」まさにこの言葉がぴったりである。死人が出なかったのは幸いである。店長さん、来年1年頑張れば又新しい未来が開けます。処理に頑張って下さい。・・・・俺の多くの知識は、多くの失敗の上に成り立っている。正月が来れば問題が解決しているだろうと何度も何度も頑張った。そして今の俺がある。・・・今回の正月は目の前で無理でも、来年の正月には解決している。33歳、人生始まったばかりである。猟銃で誤射し人を殺してしまい、もっと最悪な正月を迎えた人もいる。あなたはどじったが、実力はあるんだろう。人生やり直して欲しい。


2019年1月18日 追申
過スプレー缶放出のさい、従業員が「店長くさいから止めて下さい」と、止めたと報道された。しかし今考えて見ると、3人もいながら誰一人として、臭いと言う現状しか理解できず、爆発の危険性に思い至らなかった事が恐ろしい。
よく学校の勉強は実社会では役にたたないと言っている生徒(高卒なので)や大人がいたが、今もそうだろうか。私の思うところでは、試験勉強の勉強であって勉強が身についていなかったと言いたい。この三人も勉強が全く身についていなかった証拠である。ブログで「中学で三角関数を教える必要がない、社会に出て使う人は1%くらいだから」等と主張した馬鹿がいたが、私など中学校での勉強が社会に出てどれだけ役にたったか。・・・・・大学をでて、知識を記憶から呼ぶことができても、使う事の出来ない大学卒がいかに多いか。・・・・・おい大学生諸君、知識があってもそれはクイズ番組に役立つだけだ。学問は使ってなんぼである。・・・・・勉強は上っ面ではなく、しっかり身に付けろ。
・・・・・タイトルにした「危険を感知できない現代人」・・・・その通りではないか。

夕方にブログを見たら、こんなのがあった。

「大学で学ぶようなことは仕事に役立たない。それより偏差値が大切だ」。企業の人事担当者は、ときにこんなことを口にする。だがそれは事実ではない。東京大学の濱中淳子教授は「データを見る限り、大学での学びは所得の向上をもたらす。『大学教育は役立たず』という人ほど、学生時代に意欲的に学ばなかった人である可能性がある」と指摘する――。

・・・・要するに私と一緒の主張である。しっかり勉強しないから役に立たない。




私の素人裁判「株式会社オカザキヨット裁判」も読んで下さい。業者は裁判でどれだけ嘘を言い続けるか。その結果どういう判決がでたか。・・・参考になると思います。
「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索

自分の幸せのためだけに子供を作るのか

ネットを見ていると、時々下記のような記事にぶち当たる。
「子供がいない人生=不幸」ではない(記事途中から)

「たとえ自分の生活が窮しようとも、子供は素晴らしく、子育てにはお金に換算できない価値がある。子供さえいれば貧乏でも幸せになれる。子供がいないのは不幸だ」。そんな意見もあるとは思われます。が、これについても気になるデータや統計があります。

例えば、プリンストン大学とストーニーブルック大学の研究チームの調査では、「子供の有無で夫婦の幸福度に差はない」という結果が判明しています(調査期間は2008~2012年、約180万人を対象とした米ギャラップ社の調査を活用)。

子供をつくったことを後悔していると感じている人が、そう思う理由は必ずしも教育費だけではなく、子育てにまつわる様々なトラブルや困難が含まれているはずです。こうしたデータからは「子供のいる人は幸せで、そうでない人は不幸」と単純に言い切れない現実がうかがえます。

子供の教育費をきっかけに不仲が続いていた上野夫妻も同様です。

2人はマンガの終盤で、奇跡的に信頼関係を回復しますが、これはあくまでフィクション。現実問題として、ここまで関係が崩壊してしまうと夫婦の信頼修復は難しいはずです(せっかく前向きな終わり方にしてくれた脚本家さん、漫画家さん。

誤解なきように言っておきますと、『マンガ 宝くじで1億円当たった人の末路』の目的は、子供がたくさんいて幸せに暮らしている人の生き方にケチをつけたり、子供に教育費を注ぎ込んでいる人に考え方を見直してもらったりすることではありません。

そうではなく、「子供がいない人生=不幸で悲惨」という社会の空気を感じ取り、「自分の人生はやはり不幸かもしれない」と悩み続けている……そんな人に、「人生は人それぞれ。『子供がいない幸せ』を楽しめばよし」と伝えるのが真意です。子供がいなければいないで、人生の自由度が大きく広がるのも事実です。

友達や子供というものは、人生に必要な「仲間」の一部でしかありません。そんな考えもあっていいのではないでしょうか。

鈴木信行(すずき・のぶゆき)みません!)。

(コメント)
人の考えは様々な事は認める。だが子供を産まない事への協賛する記事を公表することには反発を覚える。社会は自分が犠牲となって育てて来た子供の上に成り立っているのである。先人がいかにして苦労して子供を育てて来たか。それは自分の幸せのためだけか。・・・・・・よりよい社会を気付くためではないか。
子なしでも生活できるのは、他人が産んだ子供を利用し、更に社会資産を食いつぶしているからである。その先に未来はない。

(記事)
「たとえ自分の生活が窮しようとも、子供は素晴らしく、子育てにはお金に換算できない価値がある。子供さえいれば貧乏でも幸せになれる。子供がいないのは不幸だ」。そんな意見もあるとは思われます。が、これについても気になるデータや統計があります。


(コメント)
何が気になるデーターだ。そんな価値判断で子供の有無を考えているのか。私は自分の幸せのため子供を育てたのではない。社会に貢献する人間としての義務である。親は子供が結婚して孫を産み、永遠ではない生命のバトンタッチを希望して子供を育てているのである。まるで駅伝の様に。「走らない自由がある」「スイーツが美味しそうなお店があったから走るのをやめた」そのような走者を貴方は批判しないか。走る事が出来るのにと・・・・・・「走るのを辞める幸せもある」と記事にできるか。問いたい。・・・・子育てと言う崇高な行為を狂わすような記事は止めろ。

子供を産まない人の図式は次の通りである。
苦労して金欠で育てた子供⇒それにぶら下がる子供を産まない遊ぶ女。

そんな女性が、独身生活を謳歌し、最後には他人の子供の世話になる。私の主張違いますか。間違っていますか。
そんな女性やそれに迎合する男・・・・・それぞれの考えはあってもそれを公に、語るのは止めて欲しい。・・・・・子育てをしている人のモチベーションを下げるのは止めろ。そんな下らん事を考える暇があったら、子育てが大変な母親をどうしたら助けられるか考えるべきである。将来あなたたちがぶら下がる大切な子供達なのだから。はっきり言ってあなたたちは子供とって迷惑な話である。
この様な意見を言うと「それは国がやるべきことだ」と主張をするだろう。それならば国がやりやすい様に、「独身税創設運動」でもしたらいかがですか。

子供を産めない人
もう一つ腹の立つ主張がある「子供を産めない人はどうするんだ」・・・・子供を産めない人を盾にするとんでもない意見である。昔軍部が天皇を盾にとった事を思い出す。・・・・「子供を産めない人に子供が産めるわけがない」「産める人がその分子供を多く産んであげる」これが答えである。それにも関わらず子供を産もうとしない女性が、まるで仲間の様に「子供を産めない人たち」を盾にする。誠に卑劣極まりない考えである。彼女らは産まない女の仲間ではない。
更に政治家が子供について発言すると「私たちは子供を産む機械ではない」と大騒ぎして謝らせる。・・・・・異常とは思わないのか。政治家は皆の将来を心配して発言したのである。誰でも分かることではないか。それを寄ってたかって言い方が悪いと非難する。それだけでは足りずに謝るまで攻撃する。・・・・異常だとは思わないのか。朝鮮人の反日無罪を思い出し、腹が立つ。
私は言いたい。子供を持たず生きていくならば、静かに生きろ。子供を産まない自由を煽り立て、遊びまくるのは止めて欲しい。現代の女性は遊びすぎである。
10年以上前にNHKが様々な階層を集めて討論会をした。その中で女子高校生が「今は遊んでいるが将来は真面目にやるので心配するな」というような内容の主張をしていた。・・・・現実はどうなったか。結婚することを拒否し、ますます遊びまくっているのではないか。それに周りは引きずられ、子供を産んでも遊びたいばかりに、子供に食事も与えず遊びまくって「餓死」させる母親も多数出現している。次々と男を取り換えるため、児童虐待死も頻繁におきている。これをどう思うか。

独身で子供を産まない主義の女性は勘違いしている。一生を一人の収入で暮らす女性に比べ、夫婦は妻が少ない年金にも関わらず、夫と合わせれば生活しやすいのは明らかである。妻が夫の介護をし、その後妻が子供に介護されれば社会負担も少ない。
夫婦なら老後資金3,000万円。独身女性は4,500万円必要との試算もある。彼女らは、老後資金を食いつぶして楽しんでいるだけである。これだけ少子化が進むと納税者も当然少なくなる。もっとひどいのは生産者が少なくなるという最悪の事実である。お金を貯めたら老後が安心。本当か。食い物を生産できなくなったら、金など何の意味もない。・・・・・もし生活保護を当てにしていたとしたら止めた方が良い。将来年金がもらえなくなると年金を払わない人が続出したが、今でも年金はもらっている(妻にもしっかりと国民年金を掛け続けたので二人合わせて月30万円:妻は70歳受給)。しかし、しかし少子化の将来、生活保護を受ける事は難しく、金額も例えば今の1/3になったりするだろう。ホームで真面な介護してもらえるのは一部の金持ちだけであろう。人がいないからどうしょうもない。まさか生産するのを止めて、介護に集中する。そんなことは出来るわけが無い。その他の者は人手不足で「小便だけではなく、糞も垂れ流し」這いずり回って「早く死にたい」と飢えている自分の姿を想像したことがあるか。・・・・・こんな悲惨な職場に介護者が来ると思いますか。俺なら家族以外いやだ。
他にも問題がある。老後資金をためたとしても、これを管理できないという問題である。彼女らのお金を横領しても誰が訴えるのか?・・・・誰れもいない。・・・・もっと簡単なのは、これら独身高齢女性をターゲットにした高齢者の強盗横行も充分考えられる。弱くて小金を持っている人を狙うのは当然である。・・・・捕まったら刑務所で介護を受ける。俺が独身高齢者で金がなくなったらそうする。もう怖い者はない。・・・・これしか生き延びる道はない。でも捕まえてはくれないだろう。犯罪者が増えすぎて、金持ち以外は対処してもらえないから。


助かるのは、子供が守ってくれる家庭だけである。最後に頼りになるのは家族しかいない。・・・・それでも子供を産もうとはしないのですか。

記の物語を省いているが、子供の教育費で家計が押しつぶされる事で家庭不和が生じる漫画である。
私は22歳で結婚した。高卒であるから、3年ほど独身生活を楽しんだだけである。当然極貧生活である。やはりお金のことで喧嘩をしたことがあった。「俺は真面目に働いている。しかし給与が安いのはどうしょうもない、どうしょうもないことで喧嘩をしてどうなるんだ」このことで妻も気づき、それ以降はお金のことで喧嘩をしなかった。結婚後当然のことであるがすぐ子供を産んだ。今貯金をして、将来子供を産むならば、今子育てをし、将来お金を貯めればいい。お金が無いのに今どんな楽しみができるのか。それよりも、自分が40になったら子供は18、その時俺は給与も上がっているし自由な人生を歩めると考え、その通りになった。・・・・・結局、激しいインフレで預金など全く意味をなさなかった。早くの子育ては正解であった。

「若い時でなければできない楽しみがある」などと言っているが、40代でなければ出来ない楽しみもある。アラフォーなどと称された女性たち、しっかり遊んでいるではないか。但し子育てを終わった人と違い、将来に不安を抱えながら。その点子育てを終わった女性は何の心配もない。
40代どころか50代になっても、子育てをしている人たちを見ると何のための人生かと思ってしまう。私が人生を目いっぱいに楽しみ「もうこれ以上趣味を増やしたら仕事に影響する」と船舶の免許は取らずにいたが。50近くになって免許を習得、さっそくヨットを買って日本一周にでかけた。貧困だった若いころにこんなことできますか。・・・・・スマホばかり眺めて、これが若くなければ出来ない楽しみですか。・・・老人でさえスマホを見ていますよ。(私はガラケーだが)
早く結婚し、子育てが終わっていると、資産も形成しやすく、30年前今はやりの不動産投資をして、会社を興した。息子は浪人させずに専門学校を卒業させただけなので、お金もあまりかからなかった。その点も良かった。親孝行な息子だ。
今息子は勤めていた会社を辞めて私の会社で、後継者として働いている。大学出るよりどれだけ良かったか。もっとも暇なので朝から晩まで一緒に家庭菜園をやって、マンションの住人に配っているが。(忠告しておきますが、真似をして不動産投資は絶対やめて下さい。私のブログ「危険なマンション投資」を読んで下さい)

私の息子は40になって紹介でようやく一度結婚した。でもすぐ離婚した。結婚直前になって、どうも嫁に普通以上の遊び癖があるようなので、真面目なことだけが取り柄の息子との結婚生活は難しいのではないかと諭したが、「大丈夫しっかりやりますから」と嫁が主張するので、籍を入れずに少し様子を見るようにさとしたが、ちゃっかりとすぐ籍をいれてしまった。
しかし、息子に嫌がらせをするので、息子には腹が立っても絶対手をだすなと言い含め、3か月後に離婚させた。一例として。新婚なのに弁当を開けると梅干し一つ、同僚もビックリ。冬なのに息子が会社から帰って来ても暖房を入れてくれない。肌が荒れるそうである。どうも息子に嫌がらせをし、手をださせ慰謝料をせしめて離婚するつもりだったらしい。・・・・・離婚が決りそうになった時、息子の顔に虫が止まっていると言って嫁がビンタを食らわせたそうだが息子は耐えた。・・・・嫁も力尽きたか。

後妻業などと、遊びすぎた女性は本当に怖い。結婚すべきではない。信頼できるのは子供を産んでくれる若い女性だけである。
今、大学を卒業してすぐ結婚しようとする女性もいる。この姪に対して「せっかく大学を出たのだから他の生き方も考えては」とのコメントがあった。若いから結婚は後にしてもう少し人生を考えるよう、親切にアドバイスしているつもりかも知れないが、自分の人生を押し付けて仲間を増やす魂胆がアリアリである。
私は言いたい。早く結婚して、早く子供を産み、早く子離れしてその後の長い長い自分の人生をしっかりと構築し楽しむべきであると。事業を起こすなど最高ではないか。(健康な女性は100歳まで生きてしまうんです。子育てなんてたった20年間ですよ)。・・・・子育て後に自分自身の人生を作れば、子供が出来て自分の人生を変える必要もなくなる。貴方の子供も、同じようにすれば孫も大きくなっていて、介護もしてもらえるではありませんか。・・・・・このような人生を夢見たが、息子は早くの結婚に失敗、人生計画通りに進むのは難しい。・・・娘は他の女の子同様、結婚もしない。真面目に仕事をしていると主張するが、仕事など生活の手段である。仕事に使われるな。世の中狂っているとはおもいませんか。

「金が無いから結婚できない」・・・・
・・・・違う「金が無いから結婚するんだ」


結婚は、貧富の格差を縮める最良の方法である。お金がないから高卒で就職、若さいっぱいの女性。もてもてである。婿もより取り見取り。多少ブスでも若さがカバー全く関係ない。(あほがよくやるやる、学資ローンを返せる見込みもないのに大学へ行く。しかも金を稼げそうもない学科へ。おい、それが大学へ行く頭脳なのかと突っ込みを入れたい)
年齢と共に世間はブスに厳しくなってくる。40代の女性、整形に近いと言われる化粧品を塗りまくり、服装は20代。しかし手や首を見ると老化してしわしわ。私の基準から言えば、めちゃくちゃにアンバランスな女性が増えている。哀れである。
結婚しない女性に引き込まれず。若いうちに自分を高く売り込む。1年が永遠に感じられた子供時代。早く年が明けてお年玉もらいたかった。20代から30代までは1年かかるが、30代が40代になってしまうのは1か月、40代が50代へは僅か3日しかかかりません。40代になった貴方が、3晩寝て朝を迎えたら50代、人生などそんな速さですよ。・・・・・40代になれば分かります。

料理の大切さ
息子が婚活しているとき、相手に料理の事を聞くなと相談員に言われた。料理は女性だけがするものではないらしい。しかし、料理が出来る事と料理が出来ない事は全く違う。子供が出来たら何を食べさすのか。・・・・・偏ったスーパーの食材?

なぜ料理が大切か聞きたいか。
料理は面倒なのが嫌われている事ははっきりしている。これが好きだという女性はまず頭が良い、レシピの記憶ばっちりである。更に手際が良い。当然時間が短い。これができないから料理が嫌いなのである。・・・・と私は思っている。
と同時に、家庭のしつけが悪いとも考える。私は22歳の時、嫁の母親を見てこれなら大丈夫だと思い、結婚した。・・・・その通りであった。妻の料理で50年間一緒に暮らしている。

料理の好きな女性のイメージ。
頭が良い・仕事が出来る・家の整理整頓ができる・清潔

料理が出来ない女性のイメージ
顔ばかり整形級の化粧で奇麗に見せかけているが。何もかも汚い。服も良く見ると薄汚れ、下着まで汚い。部屋はごみ屋敷・・・・・・事実と違いますか。

男性でも、仕事が出来る人は料理も出来る。違いますか。・・・・・芸能人でも大勢いますね。

独身や「DINKs」主義には耳を傾けず、早く結婚して早く子供を大きくし、残りの長すぎる自分の人生を楽しめ。そのためには料理を覚えるべきである。・・・・・仕事も料理も出来る女性。男のあこがれである。・・・・・料理の出来る男性もありか。

あ・・・・ちなみに、旦那に幸せにしてもらおうなどと考えないこと。自分で幸せになること。それが大切で、それが「自立した女性」という者だろう。

私の会社のたった一人の優秀な子持ちの事務員さん。今70歳、75歳までは働くと言っている。二つ年下の旦那さんは当然定年退職している。町内会をやりながら、食べ歩き・日帰り温泉巡りを毎日のようにして、時々旅行。人生楽しんでいる。事務員さんは、勤務時間にもかかわらず、銀行に行くと言っては、私の奥さんと一緒に時々デパートめぐり。でも優秀だからかまわない。・・・・デパート巡り、時々旅行。これが本当の自由裁量制労働というもので、これが充実した人生というものだろう。・・・・・一流企業でなくとも人生楽しめるんです。


こんな記事もあった。

「DINKs」という言葉をご存知だろうか。「Double Income No Kids」(共働き、子供なし)の略で、意識的に子どもを作らない共働きの夫婦のことを意味し、バブル期に急増してから都心を中心に現在も増加し続けている。

先日のガールズちゃんねるで「選択子なしの方part2」というスレッドが立った。選択子なし=子どもを作らないという意味。トピ主曰く「現実ではなかなか巡り会えないのでここでまたお話したいです」とのことで、増えているといっても少数派であるゆえ肩身は狭い。スレッドには子どもを作らないという選択した人の本音が綴られていた。(文:ツマミ具依)

子どもはいらないのに……。「子どもの素晴らしさを説いてくる人が多い」

選択子なしの人は、日常でこんなやりとりが発生するという。

「子供がいる人からは『産みなよー!』『産まないなんてー!』、不妊の方からは『私は産みたくても産めないのに』『あなたは産めるのに産まないなんて……』(中略)みたいな感じの人が意外と多くて、人付き合いが大変だよ」
「(独身の友達が)『子供は2人欲しいー!』って言ってたから『私は子供が欲しいと思わないけどなー』って軽く言ったら顔が明らかにひきつってました」
「『子どもいらないんです』って正直に言ったら、ありがたいことに子どもがいる素晴らしさを説いてくる人が多い」

子どもは作るべきと考える人からの発言や態度に辟易してしまうようだ。

(コメント)
「当然顔ひきつるだろう」この人たちは、私がこれから子供に沢山のお金をか苦労して育てるのにのに、さんざん楽しんだ挙句に私の子供の世話になるつもりなのか。・・・・・そう考えれば顔が引きつるのは当然ではないですか。何が辟易だばかにするのもいい加減にしろ。逆だろう。事務員に話したら「私は子供を一人しか産めなかったが本当にそう思う」と真剣に言っていた。・・・・・言われるのが嫌なら、あまり人のいない辺鄙な所に住んだら。

(続き)
一部では選択子なしの人は、日常でこんなやりとりが発生するという。

「子供がいたって、老後は夫婦2人になるんだよ。近くにいてくれる子供はありがたいかもしれないけどいてくれるとも限らない。子供がいたって孤独死する人はする」
「というかまず、子供を将来介護してもらうために産むっていうの何か違うと思う」

といった反論が多かった。そもそも「子どもは介護をする」という前提にズレを感じているようだ。また、老後のことを考えて貯金をしているという人も多かった。

(コメント)
「近くにいてくれる子供はありがたいかもしれないけどいてくれるとも限らない」・・・・・・何を的外れな自己中な事を言っているのか。近くにいないならば、他の子供が見てくれるではないか。老人ホームで介護を頑張っている若者は誰の子どもか。・・・・・少なくとも子供を産まなかった「DINKs」の子でない事は確かである。

(中略・続き)
自立した女性。自然と二人とも幸せになる。これが人生。生き方が多様化する時代。結婚したら子どもを作るという常識も徐々に古いものになっていくだろう。子どもを作る作らないに限った話ではないが、自分と違う選択をした人を否定したり、自分の価値観を押し付けないようにしたい。

(コメント)
だから、こんな記事は止めて欲しいといっているのである。ただ、ただ、自分の欲望だけを優先する考え方。困ると他人に頼ろうとする。・・・・「DINKs」や独身主義者は誰にも不愉快な思いをさせないよう、静かにこっそり楽しむ生活をして欲しい。まして独身貴族などと称して人生を楽しみ、見せびらかすのはやめろ。「将来は私達に頼ろうとするくせに」と、子育てママが指をくわえているのが見えないのか。人間として最低だぞ。・・・・・見せびらかすのは価値観の押し付けではないのか。しかも最低の。

ついでに言えば、その子供たちの上に生活が成り立っている事を忘れている。貴方が鴨にしているお客は、他人が産んだ子供だぞ。他人が産んだ子供でもうけて「DINKs」などと称して遊びまくっているのだろう。しかしいまどんどん不景気になっている事に気付いているのか。デパートで服が売れない。当然バックも宝石も。結婚式が減ったからである。子供が生まれないからである。外国人旅行客がいなければホテルもやっていけない。・・・・・・こんな話がどれだけあるか。妻に話すと着て行く所がないそうである。・・・もっともバッグは良く買う。・・・お下がりを待っている人の為?
近所の焼き肉屋さん、昔は孫を見に来た祖父母が食べに連れて来た。若夫婦は子供そっちのけで高い肉をたらふく食い、ジャンジャン生ビールのお替り。だいたい6人連れ。・・・・・だんだん、二人ずればかり目立つようになった。金を気にしながら細々と食べている。焼き肉屋向かい合わせで2件あったのに、二つとも潰れた。

早く結婚して、早く子育てを終わらせ、自分の幸せを見つけて欲しい。


2018年12月27日 追申

年末を迎え、私の奥さんがホッとした事
遠くに住む妻の兄は奥さんがホームに入り一人暮らし、その兄もホームへ入るべきなのだが「奥さんが帰って来た時困るから」と自宅にこもっていた。家は荒れ放題。事故に会って死んだ同僚の子供が可哀そうだと結婚した兄貴(いい男でモテモテの義兄だったのに)。しかしその子供たちも育ててもらった恩を忘れ、母親しか面倒を見ないと言い出し放置したまま。これを見かねた優しい甥っ子が何とか説得して無事奥さんと一緒のホームに入れてくれた。ぼけてしまった年上の奥さん、自分の夫が誰だかわからないが兄は一緒にいる事でしっかりしてきたそうである。・・・・本当にホッとした。
しかしこの優しい甥っ子も、私の息子と同じ独身。・・・・将来が心配。・・・・誰が彼の面倒を見てくれるのか、多分孤独死の確立が96%。
貴女の親は本当に心配している。未来が見えるからである。私も子供の未来を考えると気持ちが暗くなる。こんな気持ち若い人たちは理解しているのか。・・・・・「結婚して」親の言葉が煩わしい。何を考えているのか。今年の出生は100万人を割った。平均寿命を勘案すると、将来は8,500万人。5,000万人も人口が減る。もっと少なくなるかも知れない。・・・・子供がいない貴女はペットと一緒に野垂れ死ぬ。将来は子供をどんどん生むイスラムの世界。その厳しい戒律の中で生きて行けるのか。社会のインフラも維持できなくなり、水道も止まる。この恐ろしい世界が見えないんだろうか。人生最後に幸せになっている者が本当の幸せである。子供で苦労しても、最後に幸せになれば、苦労とのギャップが多ければ多いほど幸せの満足感も多くなる。私も早く結婚したため(私22歳、妻23歳)貧乏生活だった。タンスは無く段ボール箱の生活だった。しかし子育ては45で終わり、その後の蓄財に成功し、今はお金の心配をしなくて済む老後を過ごしている。・・・・つくづく幸せを感じる。但し独身の子供だけが悩みのたねである。・・・この子供が一生食べて行けるだけの物は残した。しかしお金だけでは絶対に生きては行けない。人間には群れる者が必要である。30、40になって結婚しても子供が居なければ何にもならない。・・・・・・30過ぎての高齢出産は障害のリスクが高い事と当然知っていますよね。昔は30過ぎると出産手帳に〇高という印が押してあった。特に注意すべき妊婦という分けである。・・・・しかしこれに噛みついた人がいて、今は廃止されてしまった。・・・・この影響か出産可能性の限界を知らない女性が多すぎる。40過ぎの出産が話題になるが、話題になるほど出産が難しいのである。沢山のアラフォーの中の僅かな幸運な人だけの話である。

良い人が居たら結婚するなどと言って「自分に都合の良い男探し」そんな好条件な男は既に結婚していて誰も残っていない。・・・・・そんな男を奪うために相手の家庭を壊そうと「不倫活動」・・・・結果飲みすぎてアルコール依存症予備軍。20代の女性はこんな事にならないよう頑張って・・・モテるのは今だけなんだから。これが30過ぎても同じと考えたら人生踏み外しますよ。株と同じ、一番高値で売ろうとすると失敗しますよ。・・・・婚姻届けは29歳までに、男は30代がピークですが女子は10歳違いますよ。
私達の頃の女性は優しかった。結婚した一番の理由。「別に嫌な印象でもなかったので、断るのも気の毒で結婚した」。他にも「カッコいい男と結婚すれば浮気が心配なので、そうでない男と結婚した」というのもあったな。・・・・真面目でさえあれば結婚できた時代。俺が結婚できたのもそういう理由かな。・・・・「かっこよくない男と結婚した方が幸せになっている」との外国のデーターもあったな。

2018年12月28日 追申

ネットにこんな家計相談が乗っていました。
夫婦共働き、夫58歳・妻56歳・息子22歳。今は社宅暮らし60歳になったらでなければいけない。もうすぐ息子は大学を卒業するので家を30年ローンで買いたい。・・・・30年ローンその発想にビックリしました。相談結果は夫婦の小遣いが多すぎる。夫10万円、妻5万円・・・・・確かに多いですね。これには当然息子さんのお小遣いプラスされるでしょう。さらに高級品な食材を買うなど無駄な出費が多すぎるんです。
相談結果は、老後資金も必要なので、切り詰めれば10年ローンで家が買えて、貯金も出来る内容となりました。

何を言いたいのか。
これって結構あるある話ではありませんか。妻は早くても、34歳頃結婚した事になります。二人は独身生活が長いので、浪費癖が付いていると思います。結婚してもその生活を崩したくなかったんだと思います。・・・・二人でこの年まで働いていたのならば家など簡単に買えたはずです。しかし子供との楽しい家庭生活を優先し、どんどんお金をつぎ込んだ事が想像できます。・・・・・子供も一人ですし。
でも気付けば家を持っていない。慌てて相談する。
結局、給与が高くなってから結婚すれば、その生活レベルも上がり、貯蓄状況は給与が安い人とあまり変わらなくなるということです。
私のいい加減な生活設計と比較すると、14年は遅れています。この夫婦が10年で住宅が買えるならば、もうすでにローンの返済は終わり、子供も大学を卒業して、大急ぎで老後資金を貯める段階です。結婚が早い場合、いい加減な生活設計でもいいんです。どうせお金がないんですから無駄な出費など出せる分けがありません。でも大丈夫です。若夫婦には現役バリバリの親御さん。すなわち大金庫が控えているではありませんか。・・・・・・現役バリバリの親と老後資金を貯める定年まじかの親。どちらの方が良心の呵責が少ないか、迷惑の程度がすくないか、考えたら当然結果はでます。それに老いた両親にとって孫は意外と煩わしいものなんです。

若夫婦の住宅問題
私は長年大手の住宅会社に勤め、平で定年を迎えました。当然建設現場監督です。時々若い営業マンの営業を手伝っていました。ですから住宅の事は良く知っています。お客さんの多くは収入の限界までかけて、今の自分の実力以上の理想の住宅を建てようとするんです。・・・・・原因は、住宅は一生に一度の物だと思い込んでいるためです。これが将来如何に危険な事か分かりますね。
私のお勧めは中古住宅です。一番のメリットは建設された場所が良く、この町の将来が見えていることです。要するに土地の場所がいいんです。近所で亡くなった方の子供がその土地を売るため家を解体しました。更地でないと売れないと言うんです。場所は良いので土地はすぐ売れました。なんせ広いイオンの駐車場がすぐ目の前で、フェンスの間から買い物に行けるんですから(買い物車は通りません)。
この家は30年経っています。平成元年の少し前に建てた家です。壊しているのを見ていました構造体は新品どうよう。この先30年暮らしても全く問題ありませんでした。腐っている所など全くありません。・・・・・・何故かと言うと、建設当時には初期のシステムキッチン(一枚板の継ぎ目のない流し台)とユニットバスが普及し、水回りが原因の腐食が全くと言っていいほど無くなったからです。こんな建物を壊すのは、ばかげています。私ならキッチンとトイレを交換し、クロスを張り替えて住みます。もっと贅沢するならば、ユニットバスも交換かな。リホーム代400万円。今後、住宅はどんどんあまり出します。中古で格安の優良物件がどんどん出ます。無理をせず中古の家を買って子育てをする(元々、子育てをするための家だったんですから)。その途中で自分の人生設計が固まった時点で新築や改築をするんです。中古なら預金が無くとも、今までの家賃と僅かな追加だけで済みます。すなわち早くから家を持てるんです。アパート代を支払うのは無駄です。アパート代を払いながら、住宅資金を貯める。・・・・若い夫婦には出来ますか。(ちなみに、私は賃貸マンションを経営しています。本当はこんなこと教えれば生活していけなくなるんですが、早く結婚して欲しいから教えるんです。それだけ少子化問題は深刻だという事の現れです。私のブログ「危険なマンション投資」も読んで下さい)
今は子供が少ないんで一緒に暮らせる可能性は限りなく低いんです。もし子供と一緒に暮らせないときは、2LDKに納戸のついた程度の小さな平屋でいいではありませんか。子育てが終わるころには家中に不要な物が沢山有るんです。子育て後の二人の人生の為にそれらの物を整理するいいチャンスです。必要な物だけ持ってアパートへ入り、新築の家に戻れば、小さくとも広すぎてビックリしますよ。片づけなくとも解体業者が捨ててくれます。これもメリットです(思い出のこもったものを自分の手で捨てるのは悲しいですからね)。新築で早い段階で建てた場合その他の問題も生じるんです。定年間際に家を改築する。そこまで行かなくとも一生住むには大改装が必要です。皆やっています。老後資金に影響しますね。「退職したら旅行」の夢が消える瞬間です。・・・・・もっと安くするんでしたら買い替えるのも一つの手ですね。結構家を改築したが、2~3年でホームへ入る人も多いんです。これを売るような子供は、お金が少しでも早く欲しくて安売りするんです。
24歳までに結婚し、30歳前には中古の家を買う。45歳で新築する。・・・・もう土地代はいらないんですから。

もう一つ忠告しておきます。今人気のタワーマンションこんなのに入れば、急激に人口が増え大変な事になります。買う人は、子育て世代がほとんどなので幼稚園や保育所では苦労しますよ。そうして子育てが終わると突然町に人が居なくなるんです。その先は年寄りばかり。その頃になると、マンションの大改装がはじまります。でも皆がお金に余裕があるわけではありません。特に高層マンションは高額になります。最上階の高額な部屋の分も均等に負担する事になるんですから。そんなマンションを買う貴方は、そうである可能性は極めて大きいと言っておきます。・・・・・結局危険な廃屋になるんです。マンション買うなら10階以下の小規模マンションがお奨めです。改修費用も安くて済みますから。
ただ、一軒家と違い、生活設計は意外と難しいです。自分の描いた生活設計と他の入居者はちがいますからね。
私は各年齢層がいる街を「こなれた町」と表現しています。団地が建ち、ここに住んでいる子ど達が一斉に出て行き老人の町となり。又、子供が戻ってくる。又は貴方の様に中古住宅を買う若夫婦が住む。その様にして各年齢層が揃う。これを私は「こなれた町」と称しているんです。この様な町は環境の激変もなく住みやすいと思います。子供を預かってくれる人もいるかも。・・・・・多分幼稚園や保育所も利用しやすく、共働の夫婦には絶対お奨めです。

以 上

2019年1月5日 追申
同性愛者の婚姻届け
ニュースで、憲法が婚姻の自由を認めているんだから、同性愛の婚姻届けの提出を拒否するのは憲法違反だとして、提訴すると言うんです。・・・・・婚姻の自由と主張しても、この規定は男女の結婚を前提として決めた事は明らかではありませんか。だから私は、このブログの初めに、子供を産まない人は静かに暮らして欲しいと言ったんです。婚姻届けを提出して、次には離婚届を提出する。税金の無駄遣いは止めてほしい。子供を作らないと言って結婚した男女だって、どちらかが子供が欲しくなり離婚する事も多いんです。私の知人の奥さんがそうでした。・・・・子供を作らないんだったら(子供が出来ない人と同じに考えないで下さい。このような人は、子供をもらったりして家庭を築く人が多いんですから)この離婚の多い世の中、子供を作ろうとしないのに、何のために結婚するんですか。はっきり言って迷惑な話です。私なら結婚しません。結婚なんて、子供を保護しその身分を保証するためにあるんですから。・・・・・結婚していなければ、別の素敵な相手を見つけた時、すぐにそちらへ行けるではないですか。・・・・これが心配で婚姻届け出す気ですね。・・・・止めて下さい。


2019年1月9日 追申
女子大生亡国論
40年ほど前、女子がどんどん大学に行き始めた頃、大学教授がこのままでは、「日本が滅ぶ」と主張していました。
5日に書いた内容。同じような事を議員さんがつい喋ってしまいました。大ブーイング。「又、やっちまったか」と考えました。・・・・でもつい言ってしまうほど深刻な問題なんです。しかし、私を初めそう言わざるを得ない現実が言わせているんです。この議員さん悪くありません。言葉狩りは止めて下さい。品性が疑われますよ。
他にも雑誌で「性的ランク付けをした」として、これにに対し女性蔑視だと噛みついた女性いましたね。それは当然の事です。とんでもない記事です。しかし「事実と違う」と何故反論しないんですか。・・・・・あまりにも遊びすぎです。狂っている。
「女子大生亡国論」・・・・現実になってしまいましたね。私は女性が大学に行く事、社会進出すること。応援していました。・・・・・・・でも、間違っていたかな。女性に対する江戸時代の教育が正解だったのかな・・・・・・そのため江戸時代は平和だったのかな。
私は政治・歴史・戦争・時代小説・SF・マンガ、様々な本を、まるで空気を吸うが如く読むと自負しています。その中で一番ホットするのが、江戸時代を題材にした本です。「言葉が丁寧」なところが大好きなんです。我が家の奥さんも昔は本をそれほど読みませんでしたが、今は江戸時代を題材にした本にはまり、大人買いして読んでいます。友人も「良く出来た時代小説は実にいいよ」と言っている。本当にそう思います。・・・・・スマホや韓流ばかりやらず、一度読んでみて下さい。人生の在り方の参考になるはずです。・・・私のブログ「精神が崩れる韓流ドラマ」も読んで下さい。

学習塾倒産多発
子供いないんです。こんなこと当たり前でしょう。もっと早くに学習塾なんて辞めるべきでした。それれも分からない人が勉強教えているんです。保育所や幼稚園が足りないと騒いでいますが、これも一部の地域なんです。園児集めるのに皆苦労しているんです。それが学習塾にまで影響し始めました。次は大学です。どんどん潰れる時代がもうすぐやってくるんです。先生方は失業です。・・・・こんな時代子供がいない人は恐ろしくありませんか。・・・・今NHKの取材を元にした「老後破産」読んでいます。子供のいない一人暮らしがいかに悲惨か身震いします。


老人ホーム職員を窃盗容疑で逮捕 被害の入居女性は変死

 老人ホームに入居する80代女性のキャッシュカードを使って現金を不正に引き出したとして、神奈川県警は24日夜、同県横須賀市にあるこの施設の介護福祉士田村真樹(ゆうき)容疑者(31)=同市=を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。

 女性は同日朝、施設内で心肺停止の状態で見つかり、死亡が確認された。県警は25日午前から司法解剖をしており、死因や経緯を調べる。

 県警などによると、田村容疑者は今月5日夜、この女性のキャッシュカードを無断で使い、横須賀市内のATMから15万円を引き出した疑いがある。
女性の口座からは昨年12月以降、逮捕容疑を含めて9回にわたり、知らないうちに計125万円が引き出されていたという。通帳をみて気づいた女性は今月23日、別の施設職員を通じて県警に相談した。
 翌24日午前8時40分ごろ、女性が朝食に姿を見せなかったため、職員が施設3階の女性の部屋を訪ねたところ、足を伸ばした状態で座っているのを発見、119番通報した。目立った外傷は確認されていないという。

朝日デジタルの記事である。老人ホームでお金取られる。・・・・子供を作らなかった女子どう思う。

女性同性愛者の婚姻届けのニュースがあった。
ふざけるな、今度は女か。何で婚姻届け出して、話しをややこしくするのか。以前述べたように男女の婚姻を前提として法律は作られている。・・・・・子供を育てる人の邪魔をするな。法律がややこしくなるだけではないか。・・・・・そんなに相手に逃げられるのが心配なのか。この時点で恋も終わっている。財産の問題なら「遺言書」書けばいいではないか。・・・・書いたら殺されるかも知れない。そうかも知れない。・・・・・正しい答えは、自分達用の法律を作ってもらえばいいんだ。

2019年2月4日 追申

麻生大臣「産まない方が問題」発言撤回。
又、起きてしまったか。麻生総理何で撤回すの。なぜ撤回させるの。言論の自由を無視するの。政治家なんて言論の自由がなかったら何もできないんですから。・・・・野党議員の追及「韓国の親日狩り」思い出す。気持ち悪い。・・・・やはり野党=反日か。キチガイ沙汰と言わざるを得ない。

2019年2月5日 追申
やはり産めない人を盾にとって批判していました。立憲民主党の大串博志議員「不妊治療で結果がでない人もいる。極めて感度の低い不適切な発言だ」と噛みついている。・・・・麻生大臣がその人たちの事を指していないのは明らかである。言葉狩りはやめろ。程度が低い。・・・・・でも私ならはっきり言う。結婚が遅すぎるんだ。不妊治療は若い人に国家予算をつぎ込め。成功率も高いというではないか。
おまけに辻本議員まで噛みついた。・・・・貴方、子供もいず結婚もしていないでしょう。何度も言うが、自分を正当化するために「言葉狩り」するのは止めろ。反政府運動に利用するのは止めろ。・・・・・子供が増えて国力回復して誰が困るか。反日日本人だけでしょう。・・・そういえば辻本議員。外国人から政治資金もらったが返したと言っている。外国ってどこ。発表ないけど知られたら困るの。
ついでに言う。結婚していないの。彼氏いないの。・・・・と聞く中年はセクハラだと認定されて10年以上過ぎた。・・・・どうして聞いたら悪いの。多分自分は遊びすぎだから批判されていると思い、セクハラだと言い出したのではないですか。もっともっと遊びたいから。・・・・オジサン的展開では、次に「いい人いるんだけど紹介しようか」・・・となるんではないですか。・・・・・遊びたいから紹介されても迷惑か・・・・。
貴方のような人がいるから、結婚したくてもできなかった人が大勢できてしまったんだ。今、後悔しているアラフォーがどれだけ沢山いることか。貧困と孤独にさいなまれる人生が始まったのではないですか。

結婚て、貧困格差解消には最高の手段なんだけど。月収20万円以下で貧困にあえぐアラフォー女子、年取りすぎてオジサン的には今更紹介できない。・・・・日本の貧困率非常に高くてびっくりした。オジサンとしては情けない。ブログ「貧困と消費税」も読んでね。

2019年2月10日 追申

アラフォーの記事読んでいると、どうして男社会なの、私も一生懸命仕事頑張っているのにという声が多い。多分独身仕事バリバリのアラフォーは皆そう思っているだろう。しかしそれは男も同じである。男女平等などと言って、実力も無いのに出世している。おかしいではないか、実力主義で決めるべきで、男女平等などおかしくありませんか。男女平等ならば、俺の後ろには妻と子供がバックアップしてくれているのに、その妻を無視するわけには、いかないんじゃないですか。
社会貢献を全く考えていない女性。子供を作ることによって社会貢献を実施している男。どちらを優先させて出世させるか歴然としていますね。昔、結婚しない男は信用が一段低かった。実力が大して違わなければ、結婚している男を優先した。その結婚していない男の中に独身女が入って来ただけで、別に男女差別でもなんでもない。会社としては、子持ちを出世させる。・・・・・これって会社に出来る簡単な社会貢献ではないですか。それに子持ちは会社を裏切らない。・・・・結婚も同じですよね。男が信用できる女は、子供を産んでくれる女性だけ(女⇒女性、尊敬の念が変わる)
自分が経営している会社。経理は完全に女子職員まかせ。金庫の番号を知ると責任が生じるから、自分は全く番号を知るつもりはない。まかせっきりで、事務所にはたまに顔をだすだけ。重要な事以外、全てまかせっきり。自分の給与で使わなかったものも預けっぱなし。・・・・・どうしてそこまで信用できるか。それはその事務員さんの息子の育ち方を見て信用しているから。・・・・・大勢の独身女性事務員。会社の金使い込んだの知っている。・・・・子持ちでない女性はいまいち信用できない。この事務員さんも70歳、息子の代になったらこんな人いるか、どうなるかすごく心配。・・・・・「息子を早く結婚させて、嫁さんを自分の会社で働かせろ」と言っている。・・・・なんせ、事務所で子供育てながら仕事出来るんだから。・・・この息子も私の事務所で育った。ちなみにこの事務員さんの旦那2つ年下の元イケメン。息子も当然イケメン。

2019年2月19日
結婚遅いと、子供も当然遅く生まれる。子供が結婚する時親は高齢者。・・・・こんな条件の子供結婚に不利だと思いませんか。・・・・親が介護受ける頃、子供はまだ小・中生。・・・・こんな条件になる人とは結婚躊躇するんでは。



私の素人裁判「株式会社オカザキヨット裁判」も読んで下さい。業者は裁判でどれだけ嘘を言い続けるか。その結果どういう判決がでたか。・・・参考になると思います。
「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索


↑このページのトップヘ