鉄道会に社責任はないのか
2019年9月5日 神奈川県京急踏切事故

私は、この踏切事故をテレビで見て。又、全ての責任を哀れな運転手の責任にするのだろうと思い、怒りを感じて筆をとりました。

鉄道が走り始めたころ、開かずの踏切など考えただろうか。鉄道が通る便利になる。都市住民が周辺の町に住む。満員電車が増える。解消のため便を増やす。通勤しやすくなったので、又都市住民が増える。満員電車が増え、増発するの繰り返しではなかったか。・・・・こんな事誰が想像しただろう。
際限なく列車を増やし、街を遮断する権利が鉄道会社にあるのだろうか。
増やさなければ、周辺住民も増えず、無茶な運行をする必要がなかったのではないか。踏切を120Kmもの猛スピードで通過する。それにも関わらず大した対策が取られていないと感じた。
電車の運転手、はたして信号を正しく読み取ったのだろうか。それに人が死ぬ事故なのに、信号機にランプが点だけ。あまりにも緊迫感の欠けた信号である。

私は以前から、踏切の幅の狭さを痛感していた。道路の幅と踏切の幅はほぼ同じなのである。こんな幅で緊急時に避難できるのか。ただの道路とは違う、急いで入って急いで出る。それなのに道路と同じ幅、今まで疑問に感じた事はなかったのか。もしこの踏切の幅が倍あったらどうなるのか。この運転手は助かったのではないだろうか。絶対助かったと思う。

この踏切は欠陥踏切である。
この道は、大型車両通行止めだったのだろうか。もしそうでなければ、この車が通れるだけの拡幅が踏切側になければ、それは欠陥踏切だと思う。・・・・欠陥だと断言する。鉄道は全ての踏切事故を一般大衆の責任にして、国民を騙して来たのではないか。警報は付けてある。それで逃げる気なのか。一旦事故が起きれば全て国民の責任にし、残された家族から莫大な慰謝料をとってきたのではないか。
開かずの踏切でも、もっと幅を広げれば多くの人がスムーズに渡れるはずである。広ければこのトラックも回転して踏切を無事横断で来た事は間違いない。踏切=人命軽視していい場所この事実を断ち切らねばならない。120Kmのスピードには、そのスピードに相応しい安全対策が必要である。多くの人に支えられている鉄道。しかし鉄道会社は、安全に注意しているまねごとをし、平気でお客をひき殺す。・・・・もっと踏切を広げるだけで多くの人命が救えるんだ。俺に聞け、俺が踏切の作り方教えてやる。

トラックの運転手さんの冥福を祈ります。・・・・人口減少日本の悲しい事故でした。


「オカザキヨット裁判」も読んで下さい。裁判所の判決がいかにひどいものか皆様に考えて欲しいと思います。民事で、偽証罪が認められたことが無いのを利用し、明らかな偽証で貴重な尋問時間をつぶされ。それを注意しようともしない裁判官。・・・・・だから悪徳業者は減らないんだ。
「オカザキヨット」「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索


2019年9月6日 追申
こんな記事乗っていた。

・・・・・・輸送力を上げることと安全性はいつも両天秤にかけられる」と指摘する。


 今回の事故では、踏切に障害物を感知する装置があり非常停止ボタンも押されていた。梅原氏は・・・・・

私は住宅会社で多くのクレームを扱ってきた。その経験から言えば、お客の使い方のせいにしていては何時までもクレームは減らないということである。更に言えば、今までクレームとは言えないことでも、時代と共にその基準は変わるんだ。一旦苦情を聞き、次回に建設する時、それに対応しなければそれは瑕疵であるという考え方である。
原発を見ろ。津波の恐れがあると提言を受けたにもかかわらず、積極的に対策を推し進めなかったため、大事故になったではないか。
この鉄道ジャーナル。単に鉄道お宅で鉄道の立場を代弁しているだけではないか。事故を減らそうと言う気構えがない。鉄道会社はいつ踏切の幅が狭すぎると言う問題を解決するんだ。実際に人が死ぬにはそれなりの原因があるんだ。いつまでもなくならないのは、もう横断する人の問題ではなく、事故がおきているのに、その原因を分析せず、いたずらに死人に責任を被せる。これでは立体交差にしない限り事故は減らない。違いますか。・・・・・・・・輸送力をあげる。上げ過ぎだろう。・・・・・・・・・上げるたびに一層の安全対策をなぜ取らないのか、この点が非難されるべきである。

「注意する・注意する・注意する」この言葉が大嫌いである。人間の本能に基ずき「自然に行う事=事故がおきない」このような配慮が全くされていない。現代社会はとくに著しい。