何故キリスト教徒は天皇を攻撃するのか


朝日新聞デジタル版に、あいも変わらずキリスト教徒の天皇攻撃が載っていたので、我慢できずにキリスト教徒に反論したくなった。記事の内容は次のようなものであった。

天皇即位に伴う「大嘗祭(だいじょうさい)」の中核儀式「大嘗宮の儀」が14~15日にあるのを前に、プロテスタントやカトリックなど各宗派のキリスト教団体関係者が12日、国会内で記者会見して抗議を表明した。

 即位儀式は憲法の政教分離規定に違反するとして「即位儀式・大嘗祭を国事行為・公的行為として行わない」よう求める首相あての署名約6200筆を内閣官房に提出したという。大嘗祭について「即位した天皇が神格化するとされ、宗教的な行為を多分に含む」と指摘。政府が即位儀式に関与せず、公金も支出しないよう求めた。

一方、歴史学研究会や日本史研究会など歴史研究者や教育者らの4団体は7日付で「即位の礼・大嘗祭に反対し、天皇の政治利用を批判する」と題する声明を発表した。

 一連の即位儀式について「憲法の国民主権原理や政教分離原則に違反し、戦前の天皇主権体制への回帰、天皇制美化などの問題点がある」と指摘した。9日に皇居前広場で開かれた「国民祭典」など各地の「奉祝行事」についても「国民を天皇賛美に動員し、憲法の規定による天皇の役割を超えた政治利用」と批判した。(編集委員・北野隆一)


なぜ政教分離なのか

キリスト教徒が政教分離を唄う。しかし世界にはキリスト教の政党があまたある。それにもかかわらずなぜ政教分離なのか。かって日本では宗教が政治にかかわる事は自由であった。しかし数々の弊害があり、政教分離が進み、はっきり明文化された歴史がある。

そもそも、その始まりが、仏教界による政治のかかわりである。戦国時代、僧侶が全国各地でその威勢を強めようと、一揆を盛んにおこなわせた。しかしいずれも多くの犠牲を伴い鎮圧された。それでも更に一揆をくわだてた。死ぬのは農民、僧侶は危なくなると逃げ出し、次の一揆を画策する。
これに怒ったのが信長であり、石山本願寺の戦い、皆殺しが有名である。私はかつて「織田信長はなんて残酷な事をしたんだろう」と思っていた。しかし「逆説の日本史」を読んで考えが変わった。これが無ければ、延々と、今の中東や過ってのヨーロッパの様に宗教戦争が続いたであろう。それによる被害者はどれほどだったか。日本でも石山本願寺で死んだ仏教徒の何百倍もの犠牲者が出た事であろう。
私は、織田信長の功績として重要な物であったと考えている。これが無ければ、今の日本では宗教戦争でどれだけ多数の犠牲者がでたか。徳川家康も仏教徒のため、家臣団が二分して戦い、非常に苦労したのは有名な話である。・・・・・もちろん煽ったのは坊主である。

キリスト教の犯罪
ほとんどの人が知っているのは、武力で日本を植民地化出来ないと悟ったキリスト教は、大名をキリスト教徒にして日本征服をはかった事である。
だがその他にも色々とある。
世界をオランダは西回り、スペインには東回りで征服して良いとの許可を与えた。これによりどれだけの犠牲者が出たか。
奴隷貿易を行い。日本から数多くの日本人を奴隷として世界に輸出した。これに抗議した秀吉(人物に誤りがあるかも知れません)に対して、売る日本人が悪いと反論。しかし売られた日本人に対してキリスト教は「奴隷」という身分をあたえていた。キリスト教はこれらの日本人を救おうともせず、逆に「奴隷」の身分を与えたのである。

キリスト教徒弾圧は、仏教徒弾圧が始まりである。
私は大人になっても、徳川幕府はキリスト教徒に酷い事をしたなと思い込んでいた。しかしそれほどまでにせねば、政教分離ができない。日本征服の先兵となる事を止めないのである。宗教はつくづく恐ろしい。
キリスト教徒は、自分達への虐待ばかりを声高に主張するが、そもそもの始まりが、キリスト教徒に改修した大名とその信徒による仏教徒弾圧。お寺の破壊から始まったのである。自分の領土を差し出そうとさえしたのである。この点を知らない日本人がいかに多いか。教科書もキリスト教徒弾圧は教えるが、仏教徒弾圧が原点である事を忘れてはならない。豊臣秀吉が止めねばどれだけ仏教徒が弾圧された事であろうか。・・・・(教科書にはキリスト教徒の力が働いていたと言わざるを得ない)
これに怒った豊臣秀吉は、大名に対してキリスト教徒になる事を禁止し、止めぬ大名は国外追放としたものである。(平民への弾圧は無かった)


結 論
これらの経緯を考えれば「政教分離は宗教が政治に深くかかわるな」と言っているだけである。明治維新は天皇がいればこそ、多くの犠牲者を出さずに達成できたのである。右往左往する国論をまとめたのである。
これは、例えば天皇制を宗教とするならば、宗教を利用したのであって、宗教に利用されたのではない。天皇制は法律の範囲に収まっている。それを維持する費用。もし反対するならば、国民投票で決めるべきものであって、裁判で決めるべき性質のものではない。
私達宗教を持たない者にとっては、宗教施設等に税制の優遇処置がある事に違和感を感じる。同じ同好会でも、なぜ宗教施設には特典があるのか。要するに払うべき税金を免除される事自体、国からお金を支給されているという事である。「宗教施設⇒固定資産税⇒宗教団体への補助金」この構図を「宗教施設⇒宗教団体への保持除金」と変形させているに過ぎない。宗教界では反論もあろうが、この事実は消せない。・・・・この点に関し、訴えたキリスト教徒。国から特別扱いを受けているのに、都合の悪い部分を隠している。
厳格に言えば、政教分離とは「宗教施設に特別な配慮せず、税金を取り立てるべきである」それが本当の政教分離だろう。
世界最古のエチオピア皇室が消えた今、1000年以上続く、日本の皇室は世界最古となった。これは既に日本の文化を越えている。外交においてどれほど多くの功績化を上げている事か。元外交官の雅子様には、今後どんどん外国へ出かけ、皇室外交をやってもらいたい。私たちはそれを期待していたんだ。
国からの支援がなければ、皇室は続かない。格式がなければ世界は畏敬の念で見てはくれないだろう。そうなれば皇室外交は意味をなさなく成り、一つの文化が消えるという事である。
キリスト教徒は400年たっても、未だに日本を征服しようとしているのか。目指すのは皇室の破壊と混乱か。キリスト教国家にしようとしているのか。恐怖を感じる。世界はイスラムとキリストに分かれ未だに戦っているではないか。だから政教分離が必要なんだ。創価学会は政治に食い込んで影響力を行使している。だから政教分離が必要なんだ。今影響力を行使していない、天皇制や神社にケチをつけるべきではない。これは自分たちの悪質な行為を隠す為に過ぎないと、私は思っている。
今日本は平和である。天皇制が政治にどれだけ大きな意味をもつのか。今の段階ではたぶんもっていないだろう。それなのに訴える。何を考えているのか。ばかばかしい事で訴えるのはいい加減にしてもらいたい。

なぜ創価学会を訴えない
創価学会が、公明党として政治に深く食い込んでいる。周知の事実である。選挙が始まると、宗教施設が忙しくなる。知り合いの会員からも盛んに電話がくる。
なぜ、キリスト教徒は創価学会を訴えないのか。処刑された麻原も、創価学会ともう一つの宗教を研究して参考にしたとも聞く。・・・・自分達も同じことをしようとしている。違いますか。・・・・・宗教界の政治介入。
(別の創価学会批判記事では「オウムの様な真似をしている」との記載があったが、それは逆である。オウムが創価学会を真似たのである。そのため選挙にも立候補した)

慰安婦問題
慰安婦問題。これってキリスト教徒の為に解決できないのではありませんか。韓国のニュースを見ていると。時々シスターの姿が見受けられる。宗教がからんでいるとすれば、そう簡単には解決しないでしょう。・・・・・書いてから教会のブログを見たら、日本でも確かに多くのキリスト教徒が関係しているようです。ビックリしました。
皇族の中にも、キリスト系学校へかよい、皇室の経費批判をしている人がいるようです。リスト教恐るべし。・・・・・まさかキリスト教徒が、皇室を継承しようなんて考えていないでしょうね。
20億円/30年=6,700万円。・・・・・たったこれだけ、大したことありません。

付録
キリスト教徒には、女性が多い様に見受けられます。しかし、魔女裁判等の残虐な歴史があるのに、いつも不思議に思っています。女性にこの点を聞くと嫌な顔をして聞いていないふりをする。無視をする。不思議である。
多くの日本人女性が、世界の奴隷市場で裸にされ、ずらっと並んでいる。白い肌が売り物だそうである。この姿をあなた方女性は想像した事がありますか。それは貴女自身だったかも知れないのですよ。

日本は無宗教と言われる。だから平和が続くんです。宗教の奴隷にならずに、宗教は必要に応じて時々利用するもんだと思っています。
神は人々のためにあり、決して人々を神の奴隷にするために存在するのではありません。宗教者に騙されて戦争をするなど愚かな事です。神はお金など要求しません。
たしか創価学会も、お金のかからない宗教だとして広めたが、今どうなっていますか。必死にお金集め。みんな騙されたんです。

私の推薦する本。
(お金を頂いて、宣伝しているのではありません。念のために)
逆説の日本史 001


















織田信長の話は、週刊誌に載っていましたが、この本ではどこにあるか分かりませんでした。
しかし、自分の考え方に多様性を持たせるには、非常に参考になる本です。高校生以上にはぜひ読んで欲しい本です。


世界制覇をもくろむ、キリスト教と豊臣秀吉の戦い。・・・私は空気を吸うように本を読むので、本だらけ、今どこにあるのか探し出せませんでした。見つけ次第紹介します。数々の文献や証拠を羅列し、それに基ずく判断をくだした、非常に参考になる本です。

2019年11月15日 北海道新聞にこんなの載っていました。
天皇批判南の教授 2019.11.15


反論すべきことは、先に述べたので書かないがこれだけは言っておく。政治的に反論できない皇室を袋叩きにするのは止めろ。情けないとおもわないのか。
そんな事より、「創価学会と政教分離」の論文でも書くべきである。政治に深く食い込み、脱会者への嫌がらせ。・・・・十分書く対象だろう。それとも無抵抗の天皇しか攻撃できないのか。


オカザキヨット裁判」も読んで下さい。
裁判所の判決がいかにひどいものか皆様に考えて欲しいと思います。明らかに偽証と分かっているのに、それを注意しない裁判官。民事では偽証罪が成立したことがないでたらめさ。オカザキヨットは分っているから、偽証を繰り返し尋問時間を浪費させるる作戦。・・・・・・だから悪徳業者は減らないんだ。

「オカザキヨット」「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索