ヨットの椅子カバー作りました。大変具合良いので紹介したい。

航海中ヨットの椅子に腰かけると、汚れたり、塩でイスがベトベトしだすので、カバーを自作して掛けていた。しかしすぐズレて困っていた。
妻が自宅の椅子に掛けると言って、厚さ3ミリ位。表と裏が綿の同質。中がポリエステルと綿の混紡綿、細かく花柄になる様にミシン掛けしてある敷物を買ってきた。
(写真)
IMG_1540
IMG_1539

これ良いとピンと来た。早速作ってかけて見ると、適度な重さがあり、表面が凸凹しているのでずれにくいし、体にフィットして寝心地がよい。椅子のペラペラの生地とは違い、厚さもあるので適度な硬さと芯もある。早速買ってきて採寸し、ミシンを使って製作。当然体もずれにくく寝心地が良くて大成功。・・・・・と思っていた。
ところが洗濯すると、大きく縮み、ただでさえ広さが不足し継ぎ足していたのに、こちらを合わせればあちらが寸足らず。あちらを合わせればこちらが合わず。おまけに右舷と左舷裏表使い間違えて色違い。・・・・・疲れた。
この生地チャイナ製。きっと寸法に問題ありと事前に計ってみた。それにも関わらず寸法2センチも大きい。「おいおい、チャイナなのにずいぶん良心的だな」と思っていた。(チャイナの寸法足らずで何度も迷惑していたので)洗濯してその分け分かった。・・・初めから説明しておけよ。
色違いの件もあり、仕方ないので作り直そうと、新たに買ってカット始めたら、又好みの色が表になっていないと気付く。迷っていると妻「もっといいのがあった」と言って更に大きな物買って来た。これなら継ぎ足さなくとも良い一枚物が作れる。でも又金掛かる。値段当然高い。長考の末、思いっ切って俺も更に2枚買う事にした。・・・・この悩み皆に知って欲しい。

標準のサイズ4枚 × 16,000円 = 64,000円
大きいサイズ2枚 × 22.000円 = 44,000円
合計108,000円の大出費・・・・・いつも人に頼んだ方が安いと叱られる。

今度は絶対失敗出来ない。

寸法しっかり取ってきました。椅子と壁の角度。前後の椅子の幅の違い。更に対角線。図面に落として見ると、多少の誤差があるが許容範囲内。裏表もしっかりと確認しました。それにしてもヨットの採寸は難しい。
(写真)JWキャドで作図しました。赤い点線は作図から対角線を測定。
ヨットイスB 001
ヨットイスA 001
更に、縮む事考えて、事前に洗濯しておきました。それでも乾燥機で乾かすともっと縮むでしょうから、その場合手直しできるように更に2センチ大きめに作りました。
(写真)使っていない体重計、こんな事に役立ちました。
IMG_採寸
IMG_1350
縛ってある紐見えますね。長さ十分に余裕持って下さい。長すぎたら、切ればいいんですから。
IMG_1413
出っ張った椅子。前回は、別に四角く作りましたが、一体でもバッテリー確認に問題は無いと分かり、今回は生地が大きいので一体で作りました。作成簡単になり、座り心地も良くなりました。(難しい角4ヶ所減りましたからね)
IMG_1414
流しの下に食い込んだ部分(右)。垂れない様にバテン入っています。両端は紐ではなく帯にして手摺の端を差し込み、しっかりと固定しています。ここがポイントです。(左端帯・右端袋で行って来い)
IMG_1415
体にしっかりフィットして、寝心地最高です。

今度は慎重にやったので、まずまずの出来になりました。失敗したら損害大きいですからね(落ち込むかも)。2センチ広く作ったので、ちょっとだふっとしていますが、もう一度洗って乾燥機にかけたら丁度良くなるでしょう。
しかし、白鷲のワッペン、下に付け過ぎました。・・・・・間が抜けていますね。いつも最後には失敗が私のパターン。


工夫した事。
カバーの背もたれの片側に袋。もう一方に輪を付けて、棚の手摺に行って来いで取り付けるようにしました。これがっちりと付き、非常に具合が良い。ぶら下ったって外れない。中間は必要な数だけ縛り付ける紐付けました。図面で斜線引いてある部分ですね。
もう一つは、ピッタリ付ける必要のある所、1か所水平にバテンを入れました。

ひじ掛けにもカバー掛けました。
余った材料で、ひじ掛けがすっぽり入るカバー付けました。これは枕にも使え。掛けずに使うより何倍も寝心地いいです。しかもカバーを外して簡単に洗濯できます。ひじ掛けって、枕に使われるので、一番汚れますからね。
(写真)

イスベッド拡張しました。
イスで寝ると、手がだらんと下がってしまい、気を付けの姿勢では、安心して寝られず疲れも取れません。
私は、昔日本一周したとき、沢山の海図買い込みました。その保管場所に困っていたので、箱イスを作りその中に海図入れました。もしかしてと思い、これを利用して、寝る時椅子に沿わせることで非常に寝心地良くなりました。高さが後3センチあったらベストでしたが。失敗した生地使って、これ用のカバーも作りました。今度ヨットに行って取り付けたら写真貼ります。
(写真)

付録作成。
失敗した生地が沢山余ってしまったので、寒い冬用の足カバー作ってみました。私の書斎、暖房あまりきかず寒いですからね。どうせ作るなら腰まですっぽり入る物です。市販の物ありますが、いまいちです。椅子にすっぽりと固定させ、腰バンドでしっかりと体固定出来る様に作りました。体流されず座り心地最高です。・・・・これが自作の良い所。
(写真)
IMG_1438
こんな感じで、腰から下を完全に覆います。保温パンツとは違い、入り心地良いです。しかも出入りしやすい。保温パンツですと、トイレの時面倒ですからね。
IMG_1436
こんな感じで、袋にして背もたれに完全に固定しています。下も紐で引き寄せています。このため足カバーズレません。
IMG_1441
足先は袋の中でしっかり保温、足は暖かい重ね合わせをマジックテープで固定。左は横、右は縦。閉じ方に自由度を持たせてあります。
IMG_1440
腰もベルトで巻き付け、マジックテープで体を椅子にしっかり固定。お腹温いです。

IMG_1442

更に、ひざの所は二重にして保温、ひざ関節を冷やすのを防ぎます。袋にしてあるので、
ここにホッカイロをいれればなお良し。足の下には小さな暖房マット入れると最高でしょうね。1~2月はもっと寒いので試してみます。・・・・保温を強化するなど、色々と試してみたら楽しいですよ。

受験生のお子さんの為作ってみませんか。既製品とは違い、愛情のこもった一品になる事受けあいます。・・・・・私の裁縫もなかなかのもんでしょう。

2020年1月5日 明けましておめでとうございます。(時期外れ?)

昨年、大掃除していたら、去年捨てたと思っていた。足温める小さい電気カーペット出てきました。これから寒さ厳しくなるのでこれは好都合、足カバーに入れるとピッタリ。これで一冬過ごせそうです。
(写真)
IMG_1574
27W。電気もあまり
使いません。














オカザキヨット裁判」も読んで下さい。     俺は5年間頑張った。
裁判所の判決がいかにひどいものか皆様に考えて欲しいと思います。明らかに偽証と分かっているのに、それを注意しない裁判官。民事では偽証罪が成立したことがないでたらめさ。オカザキヨットは分っているから、偽証を繰り返し尋問時間を浪費させるる作戦。・・・・・・だから悪徳業者は減らないんだ。

「オカザキヨット」「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索