jinnsei-okinaのblog

多趣味な男です。人のやっていることを見ると、なんでもやりたくなる。最後の趣味がヨット。趣味で忙しすぎて、これ以上増やせば仕事をしている時間がなくなると思い、避けていましたが、50代の時、会社で干されたのをチャンスに一級船舶免許を習得。免許習得とともに、カタリナ320を購入、翌年着岸も満足にできないのに日本一周などしてしまいました。2度のリストラをかいくぐり(石油ショック・バブル)ついでに自分で会社まで作ってしまいました。この間二つの会社から給与をいただき、無事定年退職。現在カタリナ350で自由気ままな人生を送っています。

カテゴリ: 社会問題

AT車両足操作の危険性に反論する

以下のような、両足運転が危険である事を訴えるブログがありました。この方は中古車販売の方らしいので、車の運転に関する知識や指導はプロだとお察しします。
しかし、両足運転を奨めている私としては納得できませんので、いちいち反論したいと思います。ちなみに私は73歳、多分高齢者なんでしょう。ぼけているので正しくは判断できませんが。運転方法は片足と両足状況により使い分けています。
尚、事故において運転者が両足運転か片足運転かの報道がなされていないのは極めて残念です。




反論は(カッコ書き)で行います。同意は◎で表示、疑問は✖
文字数の制限がありますので、不要と思われる部分は削除しています。投稿者様ごめんなさい。

左足をブレーキに使う両足運転の危険性

Q&A

オートマチック車の両足運転が大きな問題になっているのをご存知ですか?

 右足をアクセル、左足をブレーキに乗せながら運転する両足運転はとても危険です。

 そんな事故現場に共通なのが「高齢者」「ブレーキ跡が無い」「急加速」の3つ。

 もちろん、ブレーキとアクセルの踏み間違いで起きた事故原因全てが両足運転であるとはどこにも書かれていませんが、その確率がとても高いであろう理由を私見含めお伝えしていきます。

(反論:証拠がない事は本人も認めています。話題にはなっていても問題になっているとは聞いていません)

 こんな理由から両足運転をしているとの意見があります。※AT車限定の内容

 

  • 右足だけのアクセルとブレーキ操作では右足を絶えず左ブレーキ側に動かすのが面倒 ✖
  • 右足だけのアクセルとブレーキ操作では踏み間違いの可能性がある ◎
  • 左足がいつもブレーキにあれば、とっさの反応時間が早くなる   ◎
  • 登り坂でブレーキ側にいつも左足があれば後ろに下がらないまま発進できる ◎

 

これら両足運転するご高齢者たちの気持ちが分からないでもありません。

 それ以前に、海外プロドライバー本には両足運転を推奨する内容まであるくらいなんです。

 し・か・し・運転中に起こる「危険回避」「一瞬パニック」では両足&左右足の所在&使い方を完全に行えるでしょうか?
(反論:片足でも同じですよ)

 もしプロや若年ドライバーに可能であっても、高齢者ドライバーにはどうでしょうか?

 そんな両足運転にはこんな危険が潜んでいます。
反論:だから両足を進めるんです)

誰も気付かない両足運転の危険

便利で楽そうな両足運転が大事故につながる理由をご覧下さい。

 

  1. 急ブレーキが必要な時に焦ってアクセルも同時に踏んでしまう可能性 ✖
    (反論:焦って両方踏み込むことに何の問題がありますか。あせってアクセルだけを踏み込むので暴走が起きるんです。又、両方を強く踏んだ時、もしエンジンの馬力アップがあるとすれば、車の設計に問題があります。)
  2. カーブで左足がブレーキに乗っていると踏ん張れない、身体が不安定になる ◎(多分これが一番の問題です。しかし年寄りがなんでそんなにスピード出すんですか。分けがわかりません)
  3. 左足を常にブレーキペダルに置いていると、わずかにブレーキが利いている状態になる ◎
    (この問題もあります。したがって私は危険な交差点、駐車場のバックの時以外は両足運転にこだわりません。そもそも両足運転主義でも、片足で運転していいんです。)

 これら両足運転の危険の中で最も注意が必要なのは1番であり、これがTVニュースで大勢の人達を巻き込む痛ましい事故の原因とも考えられます。

 (反論:全く根拠のない反論だと考えます)


一瞬のパニックが事故の犯人

人間は加齢とともにこんな症状があると言われています。

 

  1. 一瞬の判断にタイムラグ、時間差がでて遅れてしまう
  2. 予想しない事態が突然に起こると一瞬パニックになる
  3. 物忘れ、つい数分前のことが思いだせない
  4. 頭では分かっていても、身体が反応する迄に時間がかかる
  5. 不安や心配が絶えず頭を巡っている

 高齢者になればなるほどに、上記症状が出やすいと言われていますが、それら多くは加齢によるものです。(全くその通りです)

 もし、1、2、4など加齢による症状がある中で両足運転をしていたとしたら、どうでしょうか?

 万が一ではこうなる可能性があります。

 

  • ブレーキするつもりがアクセルを踏んでしまう、
    (反論:これ片足運転の特長では、高齢者はマニュアル運転経験者ですから)
  • ブレーキで止まる必要あるのにブレーキ&アクセル同時に踏み込んでしまう、

 (反論:これに何の問題があるんですか。その誤操作による事故を最小限にするために、両足運転を奨めているんです。 両方踏んだため暴走したとしたら、欠陥車の問題であり、運転者の責任ではありません)

上記の様な間違った対応をしてしまったとすればこうなります。


  • 「事故現場の多くにブレーキ跡が全くない」
  • 「止まるどころか加速しながら100m以上も進む」

 

それらはパニック状態で両足運転していたからの事故だと言えるかもしれません。
(これ両足運転と全く関係ありませんね。警察もこの件について発表して欲しいですね)

 若い頃の両足運転なら、とっさの判断でもパニックにならず右と左足を使い分けられるでしょう。 

大昔は両足運転をしたいたプロレーサーがいたとも聞きました。※マニュアルのレースカー

 プロレーサーが両足運転する理由はアクセル&ブレーキ反応時間が短くできるからです。(私もマニュアル車の時、坂道発進でサイドブレーキ使わず、アクセルとブレーキ一緒に踏んでいました)

 しかし一般ドライバーには不要であり、逆に加齢と伴に危険な運転につながる可能性があります。

 

実は左足をブレーキに使う危険とは別な危険も最近になって分かってきたようです。

軽自動車の狭すぎる足元が危ない

日本車でも小型車や軽自動車なら狭い足元にアクセルとブレーキがきつめに?配置されています。

右ハンドル、タイヤハウスが運転席の足元まで出張っている。

 仕方なくアクセル位置を少し左側(ブレーキ側)に寄せてあるのが小型車や軽自動車なんです。

 その狭い足元には、こられ危険が潜んでいるんです。

 

  1. 狭い足元にあるアクセルは右足の真下にない場合が多い、
    (広い車体でも、アクセルの真下に右足なんて起きますか。踵はブレーキの真下にあり、右にひねってアクセル踏みませんか、アクセルなんて強く踏む必要なんかありません。若くて暴走していた時代の名残なんですかね)
  2. 狭い足元にあるアクセル位置は少し左側に配置されている
  3. とっさ判断の急ブレーキでは間違ってアクセルを踏む可能性がある

 (反論:どうやったら左足が、右足乗り越えてアクセル踏むことができるんですか。人間工学的に見て考えられない。これは片足運転の特長ではないですか)

アナタの愛車が小型車や軽自動車ならアクセル位置を再確認してみてください。

 もしアクセル位置が右足の真下にあれば、とっさの急ブレーキに注意が必要とお考えください。(反論:右足の真下にあるのはブレーキ、足をひねってアクセルを軽く踏むので、強く踏み込む事のリスクは少ない)

 もし愛車が中型や大型、そして外車であればアクセル位置は右足の真下のはずであり問題ありません。✖

次は両足運転のリスク回避方法を順にお伝えします。

両足運転事故をなくす方法その1

そんな両足運転の危険を予防する、無くすにはこれらしかありません。

 

  • 両足運転を止める ✖
  • 自動ブレーキ+アクセル&ブレーキ踏み間違い防止装置の車に変える ✖
    (その前に自動車メーカーやる事があるだろう)
  • 自動車免許返納しタクシーなどを使う
    (反論:一日に何回も車をつかっているのに、誰がタクシー代を払うの、どんな荷物でも積んでくれるの、どこにタクシーいるの、免許が必要なのは、交通機関が整備されていない所が多い、この筆者は両親のアッシー君やっているか知りたい)

 

高齢になるほどに、地方に住むほどに車は必要となります。

 が、しかし、両足運転や一瞬の判断ミス&パニックでの事故は許されません。
免許無くて車運転できず、病院にかかれない場合や食料を買いに行けなくなるのに、起きるかどうか分からない事故で、自分の命を危険に晒せと主張するんですか。片足事故なら責任は軽減されるんですか)

 身体は元気でも思考は加齢とともに必ず衰えます、 ◎

物事への判断&反応時間が長くなります、 ◎

物忘れやミスも多くなってきます、 ◎

 普段の生活で、何も無い平らな床や道路でつまずきそうになる、それが老化の証拠だとお考え下さい。

両足運転事故をなくす方法その2

高齢の方々に失礼なもの言いかもしれませんが、ご世容赦願います。

 私のロードバイク(自転車)仲間は60代、70代の先輩が多く居るので分かることがあります。

歳を重ねると幾つかのことを同時進行する&考えることが苦手になってくる、そうと聞きました。

 (この前の、駐車場から飛び出して事故を起こしたご老人、駐車場の監視カメラ見ましたが、気の毒でしたね。多分シルバーワッペン付けているのに、誰も配慮せず車の周り歩き回る。パニックになって、駐車場早く出ようとして事故りました。自動精算機に近寄れず、無理やり支払おうとして足元おろそかになり、ブレーキ緩み車ズルズル、あわててブレーキ踏みかえたが間違ってアクセル踏み大事故。これ両足運転なら、体乗り出しても左足でしっかりブレーキ踏めただろうに・・・・・片足運転危険ですね)

同時に長い人生経験からの専門知識、そして物事を深く考える&突き詰める能力はとても高いとも聞きました。

 だからこそ幾つもの状況判断(思考)が合わさることで運転ミスがでやすくなる。

 更にそれが両足運転=左足ブレーキなら、そのミス発生リスクがもっと高くなる。

 そうお考えください。

 これからも運転を続けるのなら、自動ブレーキ、前後誤発進抑制装置ある車に乗りかえることをお勧めします。


同装置さえあれば両足運転でも、ギヤのDとRを入れ間違っても安心になります。

 

加えて小型車や軽自動車での「アクセル左寄り」への対応可能となるでしょう。

 

以上です。

両足運転の危険性まとめ

年齢を重ねる度に疲れやすくなり、そして楽な方法&簡単な行動を取ってしまうのは仕方ありません。

 加齢では突然のできごとや状況での「一瞬パニック」もあるでしょう、それが小さいパニックであっても。

特に65歳以上になれば、それらが顕著なると医者の友人からも聞きました。

しかし車を運転する以上は老若男女の関係ありません、高齢だからといって特殊なルールも法律も適用されません。

もし両足運転をしている、加齢による諸症状があるのであれば、対処してください、取るべき方法を取ってください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事を読んでの結論。

両足運転の危険性に関し、片足運転の方が良いとの理論的説明が一切なかった。ブレーキとアクセル同時に踏む危険性を主張していたが、私は「だから両足運を進めています」現代の車は全て電気とCPでコントロールされているんです。両方強く踏んだ時、アクセルが作動しているとしたら、これは完全に車の欠陥です。違いますか。
それに車をコントロールするソフト、非常にお粗末だと感じませんか。この件に関しては「老人の危険運転本当か」に欠陥車の事、両足運転だから事故を防げたことの記事があります。
片足か両足議論が多すぎます。結論がでないならば、ブレーキペタルどちらでも可能なようにもう少し幅広げて下さい。両足掛けれるようにして下さい。年寄りが交差点で長い事片足でブレーキペタル踏むこと自体に無理があります。‥・・・違いますか。
片足・両足時と場合により使い分ける事が一番なんです。私は状況に合わせて使い分けています。どちらか一方が正しいなんて考える事自体が可笑しいんです。

追 申

左足派・両足派・片足派いずれの派閥にも、左足に力が入りにくいという主張がありました。たしかに力は入りにくい。しかしブレーキを掛けると人は前へ飛び出すんです。即ち左足にも強い力が発生するんです。‥‥正確には、左足の場合力の入れ過ぎをコントロールする方が難しいと思います。
「老人の危険運転本当か」にも書きましたが、車の欠陥も多いんです。メーカーが隠しているだけなんです。私は車庫入れの時車がバックしなくて困りました。でもエンジンの回転を上げて行けばバックする事に気付きました。その結果どうなるか。バックでダッシュです。左足をブレーキペタルにかけているので、瞬時にブレーキをかけます。多い時には週一でこんなことが起きるんです。でもディラーでは何の問題もないと言って直してくれないんです。それは技術力がないから見付けれないだけなんです。ついに買い替えるはめになりました。欠陥車を売る事で誰が利益を上げるか。直らなくて当然ですよね。
もう一つ。交差点で右折する時、対向車との距離があるから右折しようとしてアクセルをんでも、エンジンの回転が上がらず、前進しないんです。当然もっと踏み込みます。突然ダッシュ。当然ですよね。もたもたしているから対向車目の前。何度も同じ目に会いました。但し左足ブレーキですから、こういうときは左足をブレーキに掛けていますので、瞬時に右折を止める事が出来るんです。これも原因不明という事で、全く直してくれようとしません。・・・人のつながりがあるからそのメーカーの物を続けて買っていますが困ったものです。妻もこれが原因でスタンドから出る時、譲ってくれた車の前をダッシュさせ急ブレーキ。騒ぎになったそうですが。両足運転なので事故にならずに良かったです。
・・・・これが原因で私は多くの車が事故っていると思っています。検査するのはメーカーなんですから、正直に言わないか、技術力がなくて分からないと思っています。
「私はちゃんと運転していたが暴走した」と主張した高齢者がいました。お詫びの手紙を見るとしっかりした人柄が窺えます。・・・・・この人の主張は正しくて「本当は欠陥車では」と思っています。

追 申
書こうとしたら突然うちの奥さん「昼飯は何にするの」何を書くのか忘れました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。思い出しました…右足運転を主張する人。運転マニュアルを片手に右足運転が正しいと主張しています。しかしこれは、MT車運転の時、間違えたらいけないとして「MT右足ブレーキ⇒AT右足ブレーキ」の流れで決まったそうです。いい加減ですね。従って正しいマニュアルとは言え無いんです。
高価な追突防止装置、年金の支給がアップしてくれますか。‥‥今はマニア以外AT車なんですから、その前に人間工学的にどのような運転が正しいか再検討したらどうですか。
私は「両足運転」推進者です。踏みやすい様にブレーキペタル広げて下さい。高齢者は両足で踏まねば、交差点で停車疲れるんです。・・・・・それでも右足だけで頑張れと言うんですか。・・・・・「それなら免許返納」・・・・ふざけるな私は断固「免許返納」に反対する。免許返納は老人にとって死活問題である。
「両足運転」推進と「衝突防止装置」どちらが儲かるか考えたら、メーカーへ天下りする国が、なぜ真剣に考えないか明らかですよね。

それにしても、年齢にかかわらず、踏み間違い多すぎる⇒絶対欠陥車が多いからだ。

大人になってから直す正しい箸の持ち方

私(男)は、ブログで日本は箸の国で、鍋文化があるから箸の持ち方を直せとその欠点ばかりを指摘してきました。しかしこれでは、一方的で片手落ち、前向きの発言ではないと気付いたので、私なりの箸の持ち方の練習をお教えしたいと思います。但しどこかの流儀から見れば間違っているかも知れませんが「JINNSEIーOKINA流箸筋トレ」を伝授したいと思います。

は娘を器用にしようと思い、まず左利きにしてそれから右ききに直しました。右利きに直すときは小学校入学の頃だったので、多少苦労しました。その時躾箸を作りました。二つの箸がくっつかない様に、頭の部分にテープを巻いたんです。今は躾箸として売っているそうですね。少し苦労しましたがわりと簡単に直りました。大きくなってから必要があってピアノを習わせたところ、最初から左手がこれだけ使える人は少ないと褒められていました。
本でも「4歳までに躾けろ」と書いてありましたね。指を器用に動かすとその影響で頭脳の発達も良くなるらしいです。(四歳以降は効果がないとも)又、骨格や筋肉が固まらないうちにやると修正も簡単です。幼子に対しては注意するだけではなく手をとって教える事も大事です。・・・このため、箸を持てない子は親のしつけが悪いと言われるんですね。・・・口先介入だけではダメですよ。…大人になってしまうと骨格や筋肉が固まってしまうので難しいと思います。・・・・そのため大人は「箸筋トレ」が必要なんです。
私は箸を両手で使えます。事故にあい右手が一時使えなかったので左手で食事をする必要があったかったからです。正しい箸の持ち方をしているので、左手でも簡単に箸を使えるようになりました。但し右手と違って力が十分入りませんが。

初めに断っておきますが、もろもろの正しい箸教室とは違い、美しい手と美しい箸の写真を使ってはいません。私自身の短い指を使っています。更に私の右手は事故で手の甲を骨折したため今でも中指と薬指がくっついて開きにくいです。・・・・そのような状態でも正しく箸を持てるようになる事をお教えします。・・・・尚、左手で正しく箸を持てる人は個性なのであえて直す必要がないと思っています。

正しい箸使いの定義

私が読んだ本やブログの中で、正しい箸の持ち方を定義した物は有りませんでした。だから多くの人達から「正しい持ち方ってなんなの」「その理由は」と突っ込まれているんですね。私はここで正しい箸の持ち方を定義します。(マナーではありません)
「箸を正しく使うという事は、物を掴んだり切ったりするだけではなく、物を力強く広げ裂く事が出来る所作をいう」
私はこれを箸の正しい使い方として定義します。「物を力強く広げ裂く事が出来る所作をいう」このことが抜け落ちているならば「掴めればいいんだろう」という事になってしまい、様々な持ち方が派生してしまうんです。一つの道具で様々な事が出来る。これが箸文化の素晴らしさなんです。・・・・・マナーは行儀作法の領域として分けて考えるべきです。

「JINNSEIーOKINA式筋トレ」
写真を撮ってみました。これが私のいう正しい箸の持ち方です。この持ち方で、バーベキューの最中飛び回るお騒がせクマン蜂を生きたままキャッチし追い払った事もあります。
IMG_1302
ヨットや家庭菜園やっているので日焼けして手が黒くても、指が短くても問題ありません。










ついでに左手も
IMG_1300
しかしこれは持っているだけです。正しい箸の持ち方だけです。使い方ではありません。
私の定義する正しい使い方。広げる所作はどうなっているか。
IMG_1306


















これが出来るから、魚の小骨なんか簡単に取り分ける事ができるんです。
さてもっと強力に広げて見ましょう。
IMG_1307


















チョット薬指の使い方を変えて広げてみました。これだけ力をいれると、弱い箸ですと折れてしまいます。
これだけ力を入れる事ができるので、かなり強力なやつでも、力を入れずたやすく切り分けているように見せる事が出来るんです。
ちなみに、箸を長く持つのは、僅かな動作で箸先を自由に動かすことが出来るからです。「力点ー支点ー作業点」・・・・小学生の時習いましたね。この場合力点と支点の先に作業点があるので、強い力が必要になるんです。そのためには正しい箸の持ち方が必要になるんです。
「他のテーブルの箸の持ち方まで気にするのは異常ではないか」なんて投稿している人が多数います。・・・・・何故だか分からないんですか。・・・・箸の持ち方が悪いと手ぶり身振りが大げさになるんです。そのため周りから注目されやすいんです。当然食べ方がスムーズではなくいらいらするんです。

・・・・・さて本題に入ります。
「実技」

箸の持ち方の悪い人は、赤いボールペン側(固定箸)の押さえ方が分からないからです。抑える力がないからです。箸は物を掴むのではなく、固定箸に押し付けるんです。
まず薬指に赤ペンをのせ親指の付け根で上から抑え込むんです。この時薬指の支える力が負けて内側に曲がってしまうので、更に下から薬指を小指で支えるんです。
多分全ての本では、黒いボールペンの正しいペン(箸)の持ち方からスタートしています。大人が見た目しか直せず、元に戻ってしまうい理由がそこにあるんです。
まず赤ペンをこのように掴んで下さい。掴み方は正しい箸の持ち方を真似て持ってから、黒ペンを抜き取るのも方法です。・・・それくらいはできるでしょう。
IMG_1303













この状態で力を入れる練習をするんです。指が痛くなるくらいまで何度も押し付けて下さい。なぜならばこれは「筋トレ」なんですから。痛くて当然なんです。今までの箸持ちに使われていた、間違った筋肉の配分を変えるんです。
でも確実に退屈しますから、この持ち方で「字を書く」「絵を描く」などすることをお勧めします。(上司の悪口を書くのなんかは、力が入っていいですね。箸を注意された彼氏の悪口もお奨めします。「バカヤロー箸が持てればもっとカッコいい彼氏に乗り換える」なんてのはどうですか。益々力が入りますね。上司の悪口は男性の方にもお奨めですよ。前向きな方は「今あなたに注意されたお箸を正しく持てるように練習しています。できたら食事に連れて行って下さい」つて書いて送れば、私ならすぐ飛んで行って貴方をを抱きしめます)


私の指には「箸だこ」が出来ています。窪んでいる部分がそうですね。
IMG_1304


















このトレーニングをするには、まず正しい箸の持ち方をするわけですから、効果のほどはその都度チェックしてください。筋力が付けば後は正しい箸の持ち方の教本に任せます。

正しくもてるという事は、こんな感じに箸を持てるという事です。ボールペン回しが出来るあなたなら、赤ペンの筋トレをすれば、すぐ持てるようになりますよ。
(これは個人差があります・・・・インチキダイエット食品?)

IMG_1309


















箸を正しく持てる女性は、カッコいい男性にモテルようになり、食事に誘われる回数も絶対に増える事をお約束します。(ただし個人差はあります)・・・所作が美しく、話し方が奇麗な女性幾つになっても素敵ですね・・・八千草薫なんか素敵ですが最近見かけませんね。ドラマですごい年下の男性に持てる役やっていましたね。

「JINNSEIーOKINA流箸筋トレ」試してください。
これは職場でもこっそりと出来ます。なんせ使用するのがボールペンですから。固定箸の練習しながら、ボールペン回しこれいいかも知れません。箸でも当然OKです。

「箸を使えない大人を作った教育評論家」も読んで下さい。どうして現代人は箸が持てなくなったかそのルーツが書かれています。


2019年7月1日 追申

箸の持ち方が変だろうかとの写真・・・・・変です

質問者の提供している写真、全てが三角持ち。これでは正しく持っているか判断できません。なぜなら指が全てくっついていて、箸に対して正しく力が伝わっているか判断できません。確認してもらうなら箸が少し開いた状態の写真にすべきです。・・・・「正しい箸の使い方」なんて指導している方も、閉じた状態の写真が多いですね。
正しく持っているが、正しく使えない状態ですね。

芸能人の箸の持ち方

芸能人の箸の持ち方が批判されています。特に俳優さん。お芝居やるために何故箸の持ち方の練習しないの。現代ならありかも知れませんが、戦前ならばあり得ない箸の持ち方をしています。それで「名女優」・・・・・・下女役以外あり得ません。・・・・低俗専門の演技俳優としか見られませんよ。
目立つ美味しい所だけ演技練習して、目立たない部分はほったらかし。嫌いなタイプですね。・・・視聴者は厳しい目で見ていますよ。


2019年7月2日 追申

下のブログを見て、私も「箸の筋トレ」提起したくなったんです。

娘が小学校の先生から「お箸の持ち方がおかしい。お嫁にいけんよ」と言われたというので、朝から母はヒートアップ♡
お箸の持ち方が変だから結婚したくないとかいう人とそもそも結婚せんでいいし、いや、結婚する相手を決めるのは娘やし、女が選ばれる時代なんてとっくに終わってるし、はああああ??


このこのブログに対する反応を沢山見ました。
しかしこの先生の言い方が「お箸の持ち方がおかしい。お嫁にいけんよ」との言い方、悪いと判断する人多かったですねー。
でもこれってお嫁に行く事考えている大人に言った事ではないですよ。小学生の子供に言う。可愛らしい言い方。歴史ある定型句ですよ。俺は好きだね。大騒ぎする女の子が目に浮かびます。それにこの子の事を考えてくれているいい先生ではないですか。それに対して母親が反発する。もしこれを子供が知って、親の言う事信じたならば、先生の言うこと信用しなくなるだろうね。・・・・・その結果どうなるのか、この親全く考えていませんね。・・・・・これって箸の使い方でその家庭が分かる代表例ですね。


本 題
食事って人生で最も多く接する場面ですよね。そこで利用される箸使い、マナーの中でも「一番使われる=最高にコストパホーマンスがいい」と思いませんか。これ覚えようとしない人の考え方可笑しい。‥‥はっきり断言します。
箸が上手に使えるって、上手に食事が出来る事ですね。食事を作ってくれた人も嬉しいですよね。僕は箸を上手に使って美味しそうに食べるので(もちろん皿の上の骨も奇麗に並べる。あるいは纏めます)これも食べませんかとサービスしてくれるので、色々と得しています。
箸を持てない人は、物を掴むとき何度も落とします。「これ美味しいね」と言おうとしたら相手はまだ食べていない、酷い人になると、ぐちゃぐちゃにしてしまい食べずに放置する人もいます。特に正式な場合自分で料理選べません。・・・・・だから会社ではそんな人をお得意様の宴席から外すのかな。箸使いで不愉快さを感じる人多いから。・・・・「接待しておきながら俺に嫌がらせするのか」なんて感じるお得意さんも多いでしょうね。
箸を正しく使える人から見ると、小さなストレスが溜まって我慢できなくなるんです。


娘さん「将来AKB48になる」なんて言っていませんか。私の姪は昔「おニャン子クラブに入る」と騒いでいましたよ。
ちなみに、この娘さん芸能人になって食レポしたら「食べ方が汚い出演させるな」なんて批判を浴びて潰される。・・・・・子供の将来潰さない様に。

でもこの話本当かな。こんな母親なんているとは思えない。俗に言う「つり」かな。

2019年7月4日 追申
箸の持ち方ブログを眺めて・・・・持てない人の反論

「箸を持てない人の反論」で検索したところ、「箸を正しく持てるが、使い方がなってない人が箸を持てないと批判するのは可笑しい」との意見が結構ありました。
正しく持つってどういう事でしょうね。箸を正しく使えないの中にマナーを含めてごっちゃに考えているんだと思います。これは完全に二つに分けるべきです。「正しく箸が使える技術的問題」と「見た目が美しい所作=マナー」とに。更にマナーを二つに分けます。「迷い箸や箸の持つ側で取り分けるような他人に迷惑をかけるもの」「箸のおき方など美しさの問題」に。
私は自分でも「箸のおき方など美しさの問題」には、まだまだ問題があると思っています。しかし「技術的問題」と「他人に迷惑を掛けない」点は十分注意をしているつもりです。
「技術的問題」が解決できなければ、「マナー」の問題を解決できる分けが有りません。だから「技術」を注意するんです。これなかなか注意できるものではありません。注意される方は勇気があるなと感心します。・・・・・・これを批判と受け止めず、親切だと理解して下さい。注意されたら「なかなか治らないんですがどうやったら上手くなるんですか」と聞くべきだと思います。これは「がんばっているんだ」と逆に評価上げますよ。逆の場合は「人の親切な注意を聞かない人=付き合いたくない人」に分類されてしまいますよ。


NPO法人日本サービスマナー協会 03-6278-7051
和食のマナー「焼魚の食べ方」・・・・実技する人箸の持ち方がおかしい


「魚裏返して食べたらマナー違反」で検索していたら、NPO法人日本サービスマナー協会のサンマの食べ方動画があった。上品そうに説明しているが、なんと実技者が箸を正しく持てない。見せかけだけ。俺だけではなく、コメントの中で何人もの人が指摘している。
この協会はチェックできる人いないの?・・・・更に動画の反応確認していないの。早くこの動画入れ替えるか削除したらいいと思う。上品そうな話し方と間違った箸の使い方。ものすごく違和感ある。
はっきりとは分からないが、どうもこの実技者は肘をついて演技しているように見える。・・・・・肘を付いていなくとも、その様に見えること自体マナー違反ではありませんか。

2019年7月5日 追申
「正しい箸の持ち方」を教えるというブログがあったので覗いてみた。

見た目だけ正しく持つ事を写真入りで記載されているだけであった。最後にこんなことが書かれていた。

箸の持ち方が正しく出来ていない人は、箸を使って器用にものをつかめないと思われがちですが、そんなことはありません。
試しに豆をつまんで、皿から皿に移す競争をしても、正しく持てない人と、正しく持てる人の差はほとんどありません。
しかし、箸を使って重いものを持ったり、大きくて柔らかいもの(豆腐など)を持ったりすると箸の角度に自由度が無かったり、パワーが無かったりするのでうまくつかめません。日常的に困るのはやはり見栄えが大きいです。

私の意見として、物を掴むだけなら「トング」をお勧めします。この人の発言は、正しい箸の持ち方が出来ている人の発言とは思えません。千年以上も使われてきた箸、僅か100年を過ぎたばかりの、ナイフとフォークのマナーとは歴史が違います。
これが一番「機能美に優れている」として定まった正しい箸の持ち方です。もし機能に問題があれば徐々に形がかわっていくでしょう。それにもかかわらず同じ持ち方が続いているんですから、現在の持ち方が正しいんです。

しかし、箸を使って重いものを持ったり、大きくて柔らかいもの(豆腐など)を持ったりすると箸の角度に自由度が無かったり、パワーが無かったりするのでうまくつかめません」

この部分も大きな間違です。正しく箸を持つ人は、豆を掴むとき掴む力やその幅をコントロールしているんです。ただ掴んでいるだけではありません。だから豆腐など軟らかい物であっても、一定以上に箸を狭めないので壊すことなく掴めるんです。パワーは関係ありません。
自慢になりますが私はバーベキューをめちゃくちゃにしてくれた「クマン蜂」が飛んでいるのを殺すことなく一発で掴んで離れたところで離してやりました。本人(蜂)は感謝しながら飛んで行きました。多分。・・・・これも必要以上のパワーを使わないから出来るんです。

それと、この方の箸の持ち方には、私が提唱する「正しい箸の持ち方」の中の「食べ物を開く」という所作が考えられていません。だから「正しい箸の持ち方の定義」が必要なんです。


正論オジサン


久しぶりにブログを書く気になった。
三重県松坂氏の駅前商店街で、路上にはみ出している違法看板を敷地内に入れさせようと実力行使しているオジサンがいるという。自称「89歳の法務省OB」だそうである。理由は、障碍者が路上の不法物のため迷惑しているとの報道を読んで、これではダメだと実力行使に出たものらしい。それにしても89歳元気なものである。正義の月光仮面といったところか。
ところがTV報道などによれば、このため看板が目立たず商店街が営業妨害を受け、売り上げが激減しているというものである。
どの報道を見ても「正論オジサン」非難のオンパレードである。まるで韓国の慰安婦問題を彷彿させる。この「正論オジサン」何がいけないのか。商売のためなら不法行為をしてもいいのか。この点を全く議論せず一方的にオジサンを叩き続ける。日ごろ障害者救済を声高に訴えているマスコミがである。・・・・・こんな行為こそ許されるべき存在ではないのか。正に「マスゴミ」である。不法者たちを一方的に擁護しているのである。違法である看板を上げる事によって、合法的に商売をしている商店から顧客を強奪するという問題もある。それで良いのか。
路上に出される看板は、目当てのお店を探すには確かに便利であるが、本当に迷惑している部分も多い。自分の店の看板が見えなくなるからと、更に歩道中央に押し出す。更に数を増やす、大きい看板を立てる。通行の邪魔になるし、看板が倒れると障害者だけではなく子供達にも脅威である。

何故警察ではなく「正論オジサン」を非難するのか
そもそも、これは「正論オジサン」の手を借りず、警察がしっかりと取り締まる問題である。公共の路上を勝手気ままに使用する事は許される事ではない。そもそも道路交通法を作ったのは、商店街の店主が選んだ政治家ではないのか。商店街が無法で横暴な使い方をするから、これを規制するためにできた法律ではないか。・・・・・・商店の横暴さが招いた結果ではないか。

如何すればよいのか
やるべきことは「正論オジサン」を非難することではなく、市条例を作るべきである。歩道に黄色線を引いて条件を付け、その内側までなら営業中に限り、立て看板を立てられるようにすればよいだけである。・・・・・マスコミはそちらの方向へ誘導すべきであった。市にそのような条例を作ることが出来るか聞いてみるべきであった。あまりにも迎合主義の視聴率優先主義である。対立を煽り立てて報道番組のネタとして利用する魂胆見え見えである。情けない。・・・・・・自分の商売守ろうと努力しない者には何も得る事はできない。「努力する者は報われる」である。・・・・・・この「正論オジサン」に負けずに自分たちも、市条例を変える努力をすべきである。あれだけ大勢の現役を相手に「89歳」あっぱれなものである。


「正論オジサン」頑張れ・・・・・もっとも私なら既得権を主張するが。

恐ろしい言葉狩り

今、桜田五輪相に対して言葉狩りが行われている。恐ろしいかぎりだ。はっきり言っておく、次に言葉狩りに会うのは、今言葉狩りしている貴方だ。社会を見回すと、マスコミは初め同情の言葉で始まるが、次第に批判を始める。「一度で二度おいしい」、「マッチポンプ」というやつだ。

競泳の池谷瑠花子選手が白血病を発症した。この発表があった時、私もびっくりするとともに、正直「がっかり」した。・・・・・皆さんは違うんですか。当然病に対する同情も少なからずある。中学生の同級生が白血病にかかっていたとも知らず、献血に協力できなかったことを今でも悔やんでいる。但しその同級生は長年かかって白血病を克服したが。そのことがあるから発表の時はショックだった。
桜田大臣もびっくりして落ち込み「がっかりした」との発言になったと思う。私にはその様に聞こえた。「がっかり」して落ち込んでこが悪いのか。もし言葉に問題があると貴方が勝手に考えたのならば、この言葉を削除して報道すべきであった。なぜこれが池谷選手を非難した事に結び付けられるのか。そんなことを考える人は、精神が病んでいるとしか思えない。どうして善意にとらえることができないのか。・・・・・・他人をおとしめて、自分は善人ぶる。いいかげんにしてもらいたい。
私から見れば、自分の受けたショック。がっかりした事を、他人を生贄にすることによりストレスを発散しようとしているようにしか思えない。
野党に至っては、池谷瑠花子選手を利用して、「怒りで震える。五輪を担当する資格は全く無い」「大臣を止める気はないのか」・・・・国会を混乱させ少しでも自分たちが有利になろうとする姿が痛ましい。このままでは更なる野党離れが起きると思っていないのか。・・・・もし桜田大臣がやけくそになって辞任したならどうなるのか。世界のわらいものである。
私ははっきり言って、国民の貧困問題をないがしろにして、五輪に血税をつぎ込む、あまりにも巨額の血税をつぎ込む、異常である。・・・・なのに更に言葉狩りまで始まる。いい加減にしてもらいたい。社会にはあまりに言葉狩りが溢れている。集団ヒステリーだと気付かないのか。
なにはともあれ、池谷選手が一日も早くなってくれる事を祈っています。また、このことによってドナー登録者が増えたり関心がもたれた事は、池谷選手の功績で、救われる人も増える事は間違いないでしょう。

僕と同じ意見ないか、見ていたら、ホリエモンのコメントあった。

 フォロワーからは「治療に専念して欲しいって真っ先に言ってたのか…マスコミの切り取り方えぐいな」「発言の切り取り方が異様ですね」「切り取りかたに悪意あり」「マスコミの取り上げ方も悪いけど、切り取られた部分だけ見て炎上させてる人たちもどうなのか」「小学生が他人の揚げ足をとるのと一緒」など、発言の報じ方を問うリプライが相次いでいる。

その通り、だからネットで「マスゴミ」なんて言われるんだ。「マスゴミ見るよりネット見れ」・・・・・どんどんマスコミ追い詰められている。いまやネット時代。マスコミの嘘が通用しない時代という事がまだ「マスゴミ」には分っていない。・・・・本当の事を見ないマスゴミに未来はない。


フィフィさんも私達と同じ意見

寺田議員、語彙力の無い大臣を叩いて、私には人の病を政治利用してるようにしか見えないんだよ。政争に池江さんを巻き込むとか、大臣の言い回し云々より、よっぽど気持ち悪いです。


小林よしのり氏も発言

漫画家
小林よしのり氏(65)が、桜田義孝五輪相が白血病を公表した競泳の池江璃花子に「がっかりしている」などと発言して批判を浴びた騒動に「全国民でバッシングするほどのことじゃない」と私見を述べた。(続きは日刊スポーツで)

小林よしのり=ゴーマニズムであるが、基本常識人。・・・・僕もファンなので、どういう発言するか気になった。・・・・・一応仲間かな。

IR構想に物言う

住民が反対するのに、市長は「住民の理解を求める」・・・・なにを考えているのか。そこまでして強引にカジノをやりたいのか。カジノをやる市町村は、住民投票を義務付けるべきである。

総合型レジャー施設などと称しているが、結局博打に頼る運命になる事は間違いない。世界のIR施設で、博打にたよっていない施設が在りますか。違うと主張する人がいるならば、その理由を聞きたい。
さて、ここで問題になっているのは、賭博にのめりこみ依存症になる危険性と、その対策である。はっきり言って、依存症にさせねば経営は成り立ちません。私も若いころパチンコに給与のほとんどをつぎ込み、普段お金が無いので、下着などはボーナスが出た時まとめて買ったものです。そのくらいのめり込みました。辞めたきっかけは今のデジタルパチンコになったからです。今まで大金を使って習得した技術が全く役にたたず、賭博性が一層増し。楽しくなくなったからです。麻雀もそうです。勝てるようになったら、今の若い者は麻雀をしません。・・・そんな僕ですから、万が一間違って興味本位でカジノにはまる危険性があるから反対なんです。・・・・・恐ろしい罠にはめないで欲しい。僕の家族を苦しめようとしないで欲しい。

なぜ依存症救済ばかり問題にするのか。家族を救うべきである。

これっておかしいとは感じませんか。本人は自業自得なんです。それよりも、なぜ直接家族を救おうと考えないんでしょうか。私は提案したい。カジノギャンブル依存症になった時、家族は優先的に生活保護を受ける事が出来るようにして欲しい。家族は純然たる被害者なんですから。
「カジノ被害者救済法」を制定し、その原資はカジノ売り上げの5%、不足するなら更に高い税をかけます。・・・・どうせカジノをやろうとして、IRなどと、ディズニーランドと勘違いさせようとする者にろくな奴はいませんから、全く遠慮する必要はありません。外国資本ならなおのことです。

なぜ周辺の市町村は反対しないの
おかしいではないか。市長は自分たちの市民をどうして守ろうとしないの。大阪市に賭博場が出来て、一番迷惑するのは、周辺の市町村なんですよ。貴方の市民が生活費を巻き上げられて離婚したらどうするんですか。家庭内暴力が起きるのは目に見えています。ギャンブル依存症の旦那とは絶対別れた方がよい。ギャンブル依存症=家庭内暴力。当然離婚でしょう。しかし子連れで離婚したなら、大阪市ではなく、貴方の市が生活保護費を負担しなければいけないんですよ。・・・・・理不尽ではないですか。原発の場合はどうですか。関係市町村みんな大騒ぎするではないですか。原発よりも、カジノから放出される死の灰の方が確率断然高いと思いますよ。ところがマスコミや野党は沖縄に夢中で、なにもしてくれないですね。だから反日野党・マスゴミなんて言われるんです。・・・・・どうしてもやるなら。「悪石島」や「口永良部島」なんかお奨めです。「宝島」なんかもイメージいいですね。・・・・・「尖閣島」にアメリカ資本もありかな。・・・・ラスベガスの様に、とにかく周辺に市町村が無く人口が少ないところでやってくれ。・・・・観光外人目標4000万人いいかげんにやめて欲しい。3000万人デモうんざりなのに、なんでこれ以上増やそうとするんだ。




↑このページのトップヘ