株式会社オカザキヨット裁判(以下オカザキヨット、又はオカザキと称す)

 
(本件は、小豆島の岡崎造船とは一切関係ありません。)

新西宮のオカザキヨットは、主張をころころ変え、でたらめな主張を「金地寛幸」は偽証を繰り返した。

修理を全てやり直したのにも関わらず、大阪高裁はオカザキヨットに支払った工事代金の内、ほんの一部の返還を命じただけであり、驚くべき事に、もし未工事であるならばこれは瑕疵ではないとしてその部分は却下された。全て判例違反であると、最高裁に全額返還を訴えたが却下され、私は訴える手段がなくなった。これは誤審である。大阪高裁の判決が正しいか、いつ同様の(ヨット以外でも)被害にあうかも知れない国民に、問うものである。

 
私はこのブログの準備中に、オカザキヨットの社長が息子に変わった事を知った。新社長になっていきなりこのブログでは気の毒だと思い、会社の対応が変わったか新西宮ヨットハーバーの事務所に新社長を訪ねた。しかし従業員だけしかおらず、新社長は横浜であると言う。
ネットで対応ができると言うので、TV電話で対談した。だが「この件はおやじに任せてある」と主張し話し合いにならない。「なんならおやじを呼びますから、そちらと話しますか」と言われた。私は、前社長に恫喝されていたので、会えば喧嘩になると困るので仕方なく引き上げた。・・・・要するに会社の対応は変わらないと判断し、ブログを立ち上げたのである。
 
 

オカザキヨット不良修理:隔壁歪み編

1.初めに。

「ジブファーラー・フォアステー編」で、ステーの締付調整不良のため隔壁を歪めてしまった事は既に説明しました。このため隔壁補強工事が必要になりました。しかしオカザキヨットはこれを認めず、逆に私のヨットは湿気が多い、結露も見られたこれが原因だと難癖をつけた。これは「雨漏れまとめ編」でオカザキに原因がある事を証明しました。いずれにしてもオカザキが原因である。(読んでいない方は先に読んで)

隔壁歪みの内容がどのような物であるか知って欲しい。
完成検査で、船首寝室のドアが開閉が出来ない事がわかり、オカザキの「金地寛幸」に、隔壁のドアを確認するよう指示したが、裁判になるとこれを否定。裁判になってから言い出したと主張した。これがでたら目である事は、直そうとしないオカザキに対して、私がドア修理のための見積書を作り、これを支払えと内容証明と一緒に請求している。これが何よりの証拠である。

写真:平成22年9月5日、隔壁が歪んでいる事を見つけ、「金地寛幸」に連絡したが、彼の口ぶりから、これは証拠が必要だと考え、7日に再び船へ行き撮影した。
「金地寛幸」に伝えた時は、まだこの程度の歪みであったが「金地寛幸」がそのまま放置したため被害が広がった。

 ドア歪み計測 001
上の補強金物は、寸法確認のための仮の製作物である。

2.隔壁歪みの過程

船首寝室の隔壁がどのように歪みだしたかの証拠は、隔壁のドア開閉がどの様に移推したかを説明すればわかる。

1)  平成22年4月8日事故直後の状況

この時点で、ドアの開閉に問題がなかった事は、「金地寛幸」も認めており、私も退船のさい、船室をかたずけるため、何度もドアを問題なく開閉させていた。

2)  平成22年6月16日検査

6月とはいえ、既に猛暑が続き、当時ヨットにクーラーが無かったので、ドアは開放して固定していた。そのためドアが開閉できたかは確認できていない。しかしWCのドアは問題なく開閉出来ていたので、歪みもそれほど酷くはなかったはずである。

3)  平成22年9月5日検査

ドアは歪んで開閉できなくなっていた。ドアと言ってもこれは、隔壁の歪みが原因である。WCドアはまだ問題なく開閉できていた。

この時「金地寛幸」にドアが開閉できないので調べるように指示を出した。

 

このことについてオカザキは「裁判になってからいつのまにか言い出した」と主張を始めた。全くの大嘘である。証拠写真まであるのに、伝えない分けがない。

写真:オカザキが直そうとしないので、こちらで直そうとして送った見積である。「ドアの補修項目」がある。私は、9月5日の検査で9月9日札幌に帰ってから、10月15日まで神戸へ行っていない。即ち9月5日の検査で見つけなければ、9月30日に見積書を作成できる分けがない。

  9月再修理見積書 001

この見積書紛失して困っていたが、オカザキが提出してくれて良かった。感謝。

4)  平成22年9月15日 R社に調査・修理断られる

紹介してもらったR社が調査修理してくれる事になり、打合せのため、再度電話すると「やはりオカザキのやった仕事は出来ない」と断られた。この時「隔壁が歪んでいるのであれば、早く直さなければ元に戻らなくなる」との指摘があった。困った私は、M社に相談したところ「福岡へ持ってくれば修理してあげる」と言われ、福岡へ回航する事にした。

但し、法律的には「施主は修理業者に手直しの機会を与えなければならない」となっているので、オカザキヨットが裁判で、直すつもりだったと主張をされると困るので、しっかりと確認するのは忘れなかった。・・・・・・・・裁判するにはここが重要。

9月30日

業者は、修理の不備を直す権利と、それに必要な時間を得る権利を持っているので、いきなり他の業者に頼む事は出来ない。そのため、まず内容証明を送った。(上の見積書と一緒に)

10月8日

オカザキからの回答は「修理は完成している、後は追加工事代金を支払え」というものであった。

10月9日
オカザキは「修理は完成している」と主張したので、既に他社で修理が出来る条件は整ったが、再度念押しをした。

10月15日

10月15日、オカザキからの回答が来たが、当日回航するため、神戸へ既に出発していたので、FAXが受け取れなかった。

10月16日

ホテルでFAXを受け取った。内容は9月8日修理は完成している。修理中と完成写真は撮影していない。交換部品の写真は言われて撮影しているので、送るとあったが、ついに送られてくる事はなかった。

以上により、オカザキは完成を2度にわたって主張し、修理を拒否した。オカザキが再修理する権利を2度にわたり放棄したので、安心して福岡へ回航する事になった。しかしこの手続き期間中も、隔壁の歪みは進行していた。

 

5)  平成22年10月16日調査

R社の指摘があったので、10月16日、新西宮ヨットハーバーに着くなり、すぐドアを調査した。もちろん船首寝室のドアは、開閉できない。更に驚いた事に、前回開閉できていた、WCのドアも開閉困難になっていた。確実に歪みが進行していたのである。

早く、証拠を取集して直そうと10月17日福岡へ回航した。

6)  平成22月10月23日

各ステーを緩めてみたが、ドアの開閉が元に戻る事はなかった。後は、ゆるゆるのフォアステーを交換して前後に強く締めて、再度バランスをとる方法と隔壁交換であるが、隔壁交換は金額的に問題がある。

写真:9月5日ドアが開閉できなかった事と、23日ステーの張を調査した証拠。

9月5日~博多 001
 

 

7)平成23年4月再修理完成

フォアステーを交換し、全てのステーを調整したが、元にもどらなかった。ドアの一部を削り開閉できるようにし、キャッチの位置を上にずらした。この状態で様子を見る事にして、新西宮ヨットハーバーへ帰って来た。
ステー証拠図 001


8)平成23年11月26日

再び神戸へ行って、隔壁の具合を調査した。ドアのキャッチがずれている。やはり、隔壁の歪みは確実に進行していた。
26隔壁 001

歪みが止まらないのである。M社に相談したが適切な回答が得られない。隔壁の交換には、500万円の見積もりがでているが、オカザキとの裁判の状態を見ると、これを支払ってもらえる可能性は極めて低い。建築家として私の提案した補強に関してM社は懐疑的であったが、私の見解で補強する事になった。かわりにM社には一切の責任を取らなくてよいから、私の指示通り補強して欲しいとの条件を提示した。M社はこれに同意し、私はその冬何度もM社と意見を交わし、補強図面を完成させた。

写真:私が設計した補強図面。
隔壁補強図 001
9)平成24年3~6月 何度か船へ行き、歪みを計測した。

どうですか、こんなに隔壁が歪んだのに、裁判では認められない。どうなっているか。
隔壁歪み検査左舷 001

隔壁歪み検査右舷 001

10)平成24年11月26日

再び福岡へ回航し隔壁補強をした。

隔壁補強をした後の問題点。

隔壁は、WCの壁と直行している。船首側から見ると隔壁は左右2枚で構成されており、この部分がWC壁側に折れているのである。(この部分に力が逃げ、WC壁が歪んだ)ここで補強金物をわずかに曲げなければならないが、位置が2cmほどずれているのである。それにも関わらず強く締めたため隔壁継ぎ目に段差ができてしまった。どうも曲げる位置を左右反対にしたらしい。気になったが、時間もないのでとりあえず、その状態で良しとした。(責任は全て私がとる事になっている)

上架せず、ステーを緩め、取り付けたため、歪みの改善が思ったほどではなかった。しかしこれ以上は進行しないと判断したので、とりあえず後日考える事にして、ヨットを引き取った。(責任は全て私がとる事になっている)

補強金物は、付いている物を利用して、折り位置を変えようとしたが、無理だから新たに作った方が良いといわれ、作っておいてもらう事にした。

 

11)平成29年5月、隔壁再修理。

隔壁の段差がどうしても気になり、再修理をした。補強金物の折曲げ位置を正しくする。上架して、隔壁の歪みを取り払った状態で、補強金物を付ける。但し今までのボルト穴は、一部だけ利用し後は開け直す。なぜなら同じ穴を無理やり利用すると、折り曲げ位置は合うが、歪みは元の修理した状態に戻るからである。

再修理はどうなったか。

まず、クルージングの途中で福岡へ寄ったため時間がなかった。

上架して、ウイングキールーに当て物をし、隔壁をリラックスさせたところドアの状態がかなり改善され、キャッチは元々の位置に近くなった。このまま固定できれば満足であった。

だが、予め作っておいた補強金物は、大きさが僅かに大きかったのである。慌てた。作り直しになった。新しい物を削ったか、古い物の曲がりを補正したのか、聞かなかったが、遅くなりそうなので、ホテルへ帰った。これが失敗の元になったらしはい。曲げ位置は良かった。しかし改善したはずのドアは、ほとんど元に戻っていた。どうも元の穴に入れたらしい。これは確認してもしそうなら「再々修理」をするつもりである。

だが強固に補強されたので、船の剛性は高まり、以前よりもしっかりした船になったと考えている。


12)隔壁再修理にかかった費用。

隔壁見積書 001

この請求書には、ゲートスタンションとジブファーラーの再再修理が入っている。更札幌から出かけて回航した費用が別にかかった。


3.ステー調整不良の理論
私は、模型を作って実験、この写真を裁判所に提出した。

1)ステーが船体を歪める実験
写真:フォアステーの影響解析
隔壁歪み実験 001

2)隔壁の歪みとドアの関係実験
ドア吊上がり実験 001
3)ヨット断面とステーの解析
隔壁歪み断面図 001



4.まとめ

私は、隔壁が歪んだ原因を、裁判でも認められたフォアステーが長かった事に起因するステーの調整と主張しているが、オカザキヨットは、湿気のせいにしている。しかしいずれにしても、その責任はオカザキにある事は「フォアステー編」「雨漏れまとめ編」を読めば分かることである。

又、この経緯を読めば、隔壁の歪みがじわじわと酷く成っててゆくのが分かると思います。建築家としての見解は、隔壁が合板であるため、歪みにより合板に伸びる面と、反対面は縮み、その力の向きが逆のため、内部で剥離が起きた原因である事は明らかである。この剥離の進みが隔壁歪みの進行の原因である。

しかし、裁判所では認めてもらえず敗訴した。修理から帰って来たヨットの隔壁が破損していたのに、これを認めない。この裁判はどうなっているのか。誰でも修理に出した物が、壊れて帰ってきたら、修理業者に責任を取ってもらうだろう。

 


5.判決


1)平成25年9月17日 尼崎地裁判決

下記の理由で却下されが完璧な誤審である。裁判官はオカザキに騙された。

①バックスティーは、本件修理前もきつく締められていたこと。
②被告の「サイドスティーを閉める以外に寝室の隔壁が曲がる原因が
 あるか」との質問に対し、M社の担当者は「船体が歪んだと思う。
 理由は多々あり一概にサイドスティーとは言えない」と回答したこ。

上記の事を理由として、以下のように結論付けて却下された。

M社の調査でそもそもその原因は不明であり、マストの倒立作業後、サイドスティーの調整不良やバックスティーをきつく締めた事ことでドアの開閉不良が生じたとも認めるに足りない。
従って、不必要なマストの倒立作業を行い、マストを戻す際に、サイドスティーの調整不良やバックステーをきつく締めたことにより、界壁を歪ませたとの被告の主張を採用することはできない。

(コメント)
①「バックスティーは、本件修理前もきつく締められていたこと」
 これはオカザキが、インチキな証拠「甲21号証」を使って、正しい
 回答をして、裁判官を信用させた。その上で私が「オカザキがバック
 ステーを強く締めたのが原因である」と主張しているが「オカザキも
 同様にきつく締め付けたのに何の問題があるか」と正しい主張の中に
 嘘の主張を混ぜるというテクニックを使ったのである。
 私は「オカザキがバックステーを強く締めたのが原因である」等と
 主張していない。真逆である。

 私は、「この証明はインチキである。主張を信用させるための主張で
 ある」と証拠を上げて説明したが 裁判官は、見事にだまされた。
 なぜなら、M社の報告でも「フォアスティーはゆるゆるだった」とされ、
 裁判官も認めたではないか。(ジブファーラー・フォアステー編参照)
 私は、フォアステーがゆるゆるなのに、ターンバックルが無いフォア
 ステーを締め付たバックスティーがきつく締められている分けがないと
 主張した。・・・・ヨットマンなら誰でも分かりますね。

「サイドスティーの調整不良やバックステーをきつく締めたことにより、
  界壁を歪ませたとの被告の主張を採用することはできない。」
 何を言っているのか。私の主張と全く真逆ではないか。私の主張は
 「フォアステーとバックステーはゆるゆるで、サイドスティーはそれを
 カバーするためにきつく締められた」と主張しているのである。
 裁判官も「フォアステーがゆるゆるだった」と認めたではないか。
 フォアステーがゆるゆるなのにそれを締付けたバックスティーがきつく
 締められている分けがない。なにせ、バックステーのターンバックル
 が短すぎて強く締め付ける事が不可能だったから。
 ・・・・・・・皆さん違いますか。

M社の担当者は「船体が歪んだと思う。理由は多々あり一概にサイド
 スティーとは言えない」と回答したこ。

 担当者の主張は、私の主張するサイドスティーの締め付けすぎは原因
 ではないと否定したものではない。又、サイドスティーは適切に締付
 けられていたと証言したものでもない。他にも原因があるのではない
 かと言っただけである。裁判官は、オカザキの主張を補強するために
 利用したに過ぎない。
 そもそも、M社と裁判官がフォアステーとはゆるゆるだったと認めて
 いる。当然バックステーもゆるゆるであった。何故その状態で私は
 セールを張って、神戸~福岡まで再修理のため航海できたのか。
 どうしてマストは立っていたのか。当然サイドスティーをしっかりと
 締めなければならない。フォアステーとバックステーがゆるゆるの
 状態では、サイドステーの締め付けが以前と同じ状態では、ぐらぐら
 するのは当然である。ところが私にはマストに問題が無いように見えた。
 これはおかしい。それは「サイドステーを以前よりも締め上げた事で
 解決した」・・・・・皆さん、私の主張は間違っていますか。
 更に、オカザキが他の原因とするのは「湿気」である。しかしこの
 湿気の原因がオカザキの不良工事による雨漏れである。当然M社が
 言う「理由は多々あり」の中一つの要因であろう。
 だが
M社からは「オカザキが修理した個所から雨漏れがしていた」と
 の報告がある。バウハッチからも大量の雨漏れをさせた。
 私の主張・オカザキの主張いずれをとってもその原因はオカザキでは
 ないか。

裁判官「佐藤志保」は、オカザキの主張を、私の主張に置き換えて
しまった。私の主張とは全く真逆な判断をしてしまった。
ウインデックスの時も簡単にオカザキに騙されている。この裁判官は
いったいどうなっているのか。
私はこのコメントを打ち込んでいる最中、怒りで手が震えた。

ヨットがゆがんで戻ってくる。オカザキは、私が「金地寛幸」に隔壁がゆがんでいる事を伝えた事実を隠ぺいした。しかし伝えた事実はオカザキの提出した私からの再修理見積書「甲10号証」にドアの修理項目がある事からも明らかである。私は、船内に湿気が多かった理由は、ヨットのせいではなく
オカザキの修理が原因である事を証明して見せると、2度と「湿気けが
原因であると主張しなくなった。
オカザキは自分に責任があると自覚しているから、私が連絡した事実を
隠蔽したのである。
皆さんは、修理に出したヨットが壊れて戻される。容認できますか。

私は当然上告した。


2)平成27年12月18日 大阪高裁判決

M社の調査結果、本件ヨットのドアの開閉不良の原因は「不明」とされ(乙45)、控訴人の「サイドステーを閉める以外寝室の隔壁が曲がる原因があるか」との質問に対し、M社の担当者は「船体が歪んだと思う。理由は多々有り一概にサイドステーとは言えない。」と回答したこと(乙36)が認められる。そうすると、本件修理後、本件ヨットにドアの開閉ができないという不具合が出現したことは認められるものの、M社の調査でもその原因は不明とされており、本件全証拠によっても、オカザキヨットがサイドステーの張りを強くしたことが原因で本件ヨットの界壁の歪みが生じたとは認められない。したがって控訴人の上記主張を採用することはできない。
・・・・とされ敗訴した。

 

(コメント)
①尋問時間が短すぎる。
私が敗訴した原因。はっきり言って裁判所は全く尋問の時間をとってくれなかった事にある。
約34項目に上る多数の訴えに対して、尋問時間はわずか40分である。1項目1分10秒。各項目を読むと分かるが、金地寛幸による偽証。これらを指摘する時間さえない。 く尋問がなりたたない。最低でも、1項目10分は欲しかった。違いますか。そのためこれに関して一言の尋問もできなかった。・・・・こんな裁判があるか。内容の膨大さに関係なく尋問時間40分。私は参考のため大きくの裁判を傍聴した。一つの項目でも、最低30分以上尋問させている。又、内容の多い物については、間に休憩時間まで挟んで尋問されている。・・・・国民の裁判を受ける権利が侵害された。

②ヨットマンなら誰でも分かるはずである。
ヨットの船体は柔らかい。したがって各ステーをバランスよく締めあげねば、船体は歪んでしまうこれは常識である・・・違いますか。
それにも関わらず、フォアステーとバックステーはゆるゆる。サイドステーを強く締めねば、マストはぐらぐらになる理屈ではありませんか。(フォアステーが長すぎてゆるゆるだった事は認められた:フォアスティー編参照)
そんな状態で船体が歪まないはずがない。違いますか。そのためオカザキは湿気のせいにした。しかし施工不良による多くの雨漏れを指摘されると、主張しなくなった。又、引取り前検査で私からドアが開かなくなったと指摘され、調べるよう伝えたにも関わらず何もしなかった。直さないのでその分の請求書まで送られているのに(オカザキが証拠として提出した)裁判になってから指摘されたと嘘を付く。・・・・オカザキが自分のせいだと理解していたから私に責任を被せようとした主張である。・・・・・違いますか。

3)最高裁に上告

  却下され、判決が確定した。

これは尋問時間を与えられなかったための誤審である。最高裁へはこのブログを通じて訴える。国民にさ裁判の権利である尋問の時間を与えろ。