jinnsei-okinaのblog

多趣味な男です。人のやっていることを見ると、なんでもやりたくなる。最後の趣味がヨット。趣味で忙しすぎて、これ以上増やせば仕事をしている時間がなくなると思い、避けていましたが、50代の時、会社で干されたのをチャンスに一級船舶免許を習得。免許習得とともに、カタリナ320を購入、翌年着岸も満足にできないのに日本一周などしてしまいました。2度のリストラをかいくぐり(石油ショック・バブル)ついでに自分で会社まで作ってしまいました。この間二つの会社から給与をいただき、無事定年退職。現在カタリナ350で自由気ままな人生を送っています。

カテゴリ: 米中貿易戦争

米中貿易戦争について一言

米中がついに貿易戦争に突入した。私はトランプの事が好きではない。しかしいまのところトランプを支持している。

トランプを支持し、米中貿易戦争を支持するのは何故か

そもそもの発端は、中国による南シナ海の埋め立て問題である。前大統領のオバマがはっきりとした態度を示さず、当時国連事務総長だった韓国人パン・ギムンはこれを止めようともしなかった。逆に中国の軍事パレードに出席してその中立性を非難された。
国連における韓国人パン・ギムンは在任中いったい何をしたか。唯一の実績は国連職員に韓国人を多数採用した。韓国伝統の縁故採用を国連の場でも発揮し非難されたのである。ロシアのウクライナ攻撃、中国の南シナ海埋め立て、いずれも中国になめられたオバマ、中国にすりよる国連事務総長パン・ギムンにより引き起こされた悲劇である。
横道にそれるが、韓国人は日本の慰安婦問題を強く非難し続ける。パン・ギムンもその例から外れる事はないであろう。しかしパン・ギムンは〇〇〇で国連の平和維持軍が地元女性へ2年間も性的暴力を加え現地住民に恐怖を広げたにもかかわらず、明確な対策を取らなかった事でも名をあげている。まさに慰安婦問題のダブルスタンダードである。
話しは本題に戻るが、こんな二人を軽んじた結果が南シナ海問題である。これに対してトランプは自由の航行作戦を実施して、はっきりと態度を表明しているから指示しているのである。

私から見た米中貿易戦争の意義

各国の反対を押し切って、南シナ海で埋め立てを行うには、強大な軍事力と経済力が必要である。その経済力を提供しているのが米国の貿易赤字である。多くの利益を中国へ提供して米国経済は疲労しているにもかかわらず、中国の覇権主義に対抗するために軍事予算を増やさなければならない。こんなばかばかしい戦いがあるだろうか。米国がなぜ貿易戦争という中途半端な政策を行い、中国に対して経済封鎖しないのか不思議である。

私から見た中国の強み

中國の強さ、それは人口の力と、自国民を平気で大虐殺してしまえるその残虐さである。日本人にはとうてい理解できないであろう。
中國はいままで、モンゴルや満州に国を奪われたが、漢民族の人口の海にいずれも飲み込まれてしまった。外国で人口の力が現れているのがサンフランシスコの慰安婦像問題である。日本人は国に溶け込もうとするが、中国人はその移住先で小中国を形成する。このため中国人は世界で問題を起こす。そのためますます小中国として団結しその国の政治に影響力を及ぼしている。その問題を起こしたのが中国人の両親を持つ、エドウィン・リー市長である。なぜ関係のない米国に慰安婦問題を持ち込むのか、多民族国家の中に日系との亀裂を作ろうとするのか。当然韓国と日本の間にくさびを打ち込んだ様に、アメリカでも評判の良い日系の間にくさびを打ち込み排除するためである。このままでは徐々に米国も中国に飲み込まれてゆく危険性がある。日本も同様である。
・・・・・慰安婦問題は別途に記事を書くつもりです。
自国民を平気で虐殺出来るその考え方。即ち福祉を無視してその資力を全て戦争につぎ込む事が出来る恐ろしさである。

まとめ

私はトランプの米中貿易戦争を支持する。私達日本人は敗戦により敗戦国の考え方に変わった。しかし中国共産党は敗戦国ではない。共産主義とは名ばかりで、いまだに帝国主義で拡張主義である。いま中国は尖閣列島で安部がオバマのような態度をとるか試験中である。安部はよくやっている。だからあまり安部を好きではない私も、今のところは安部を支持している。もし首相が代わって、外交政策、特に防衛政策が変わる事を恐れるからである。慰安婦問題も安部はよくやった。これから反撃の時である。
米中貿易戦争で、世界の景気が悪くなると心配している人がいる。確かに心配している人も当然いるだろう。しかし私はその主張の全てを信じるわけにはいかない。その中には多数の中国による世論操作が含まれていると考えられるからである。中国には多くのサイバー部隊がいる。それが大人しくトランプのやるがままにしているだろうか。当然世界の世論操作をしている。
私は言いたい、今中国を封じ込めなければ再び世界大戦が起きる可能性がある。それが嫌なら中国の属国になり、中国人の従僕にならざるを得ない。もし従僕になる事を拒否すれば、台湾のように国民党による虐殺が、共産党による虐殺に代わるだけである。自国民を大虐殺する事に躊躇しないのに、日本人を虐殺し強制収容所送りにするなど分けの無い事である。ウイグルの強制収容所を日本人はどう見ているのか、これは他人事ではない。中国は相手の国を征服する準備が出来ない場合、友好を演じる。その良い例が中国の新聞に日本の良さを並べ上げている事である。これをネット上で配信させ日本人が中国人に対して、良い感情を抱くようにして時間を稼いでいる。そうして日本と戦えると判断したら、突然「日本は元々中国の属国で中国の領土の一部だ」と難癖を付けて軍事行動を起こすのである。
・・・・私はそう考えている。


中國に進出している企業を守るために、日米貿易戦争に反対すべきではない。静観もしくは協力すべきである。日本はトヨタの為にあるのではない。このままでは防衛費の増大を招き、福祉の低下を招いてしまう。もし日中戦争になれば中国にあるトヨタの生産設備はすべて中国の武器製造に使われる。それにもかからず、トヨタを守るために米中貿易戦争に反対すべきではない。陰から協力すべきである。
その間中国にある日本企業は中国に対抗している、フィリピンやベトナムへ移し替え、経済による中国包囲網を作り上げ、自らの国力で中国に対抗させるべきである。


2018年10月27日追伸
10月26日開かれた日中会談で安部首相は、中国とスワップ協定を結んだとの報道があったが、これはとんでもない事である。もし米中貿易戦争がアメリカの勝利で終わり、中国が大混乱に陥り経済が破綻した場合、日本がこれを救うとアメリカが国民を犠牲にして行った日中貿易戦争の勝利に水をさすものである。小国日本が大国中国を救うなど、おごり以外の何物でもない。日本の国力をそぐものである。反対に中国からスワップを受けた場合、日本が中国の属国になる事を覚悟しなければなんらない。私は日中スワップ協定につ強く反対するものである。中国独裁政権とスワップ協定を結ぶ、正に狂気のさたと言わざるを得ない。
政府は、中国の日本企業のためだと言っているが、これこそ私が指摘する、「トヨタを守る行為」である。

トヨタ:国民(特に農業)を犠牲にして保護され、それにより上げた莫大な利益を国民(下請け)に
    還元しない日本製造業を指す。

2018年10月27日追伸
元安、米中貿易戦争米国有利に進むか 

元安ドル高現象が始まった。当然のことである。普通なら元安を梃子にして、輸出が増え結果元高にいたるのだが、米国の関税障壁で、元安がもっと進まなければ、効果は無い。例えば、関税に匹敵する元安が必要になる。世界はドル決済が主流で当然元決済などおぼつかない。
中國は既に資源輸入国である。元安ドル高は物価上昇を招く。更に賃金も上昇する。いくら中国が頑張っても、貿易の不均衡が改善されるまでこの傾向は続くであろう。例えば大豆、米国産を止めてブラジル産にするという話もでているが「元安+ブラジル大豆の高騰」・・・中国は、当分かなり高額な大豆を買わされる可能性がある。貿易戦争が長引くと認識されれば、中国から製造業が逃げ出す可能性も当然高まる。・・・・・・・米国勝利の日は近い。
このため、中国の政情不安から逃れるため、外資や多くの中国富裕層がアメリカへ資産を移動し、ますます外貨準備高が減る悪循環が進んでいる。
習近平の隠し財産も米国に存在するのでは?。万が一米国不利の状況が発生した場合。習近平の隠し財産公表と言う爆弾を投じてやれば、一気に中國倒壊に進むのでは?

2018年11月28日追申
こんな記事が載っていた。 

【北京=中川孝之】香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)は27日、米中貿易摩擦の影響などで、中国の新空母の建造に遅れが生じていると報じた。空母建造計画の関係者の話としている。習近平(シージンピン)政権は、米トランプ政権への刺激を避けるため、4隻目の建造計画を延期したという。報道によれば、中国軍は2030年までに4隻の空母を保有する計画があるが、関係者は「最近できた4隻目の建造計画が、米国との貿易戦争が続く中で、延期された」と証言した。貿易摩擦のあおりで中国経済が減速し、習政権は「米国をこれ以上、怒らせたくない」と考えているという。また、空母艦載機として配備中のJ(殲)15の飛行制御システムやエンジンに深刻な欠陥が見つかり、技術改良に膨大な予算が必要なことも、計画延期の原因となったと指摘している。

この指摘は、米中貿易戦争が真の目的に向かっている事を表している。
米国との貿易で儲けて、米国に対抗するため必要以上に戦力の増強を図る。米国としては「やってられない」と考えるのは当然である。米国の一方的な大赤字が何十年も続く。これが正しい自由貿易か?



2018年12月27日
最近気づいた幾つかの事に関する感想

元安
従来ならばこれを梃子に、米国輸出を伸ばせるはずであるが、なんせ高関税で何の効果もない。逆に輸入する物が増えた中国。輸入品の値上がりに悩まされる事になってしまった。・・・・トランプ大成功。

大豆輸出
米国の大豆輸出で面白い記事があった。中国が米国大豆に高関税をかけたため輸出がストップ。中国はブラジルから買えばいいと思っていたらしいが、ブラジルも既に輸出先が決まっている。すぐには増産できない。それを買おうとするので価格が高騰(中国人の油の消費量は異常、下水にも油がどんどん流れこむので之を回収して食用油を作り販売した事が話題になっていた)しかし、ブラジルは売る大豆が不足しているが、自国産を高値で中国へ販売。自国分はアメリカから輸入。差額をがっぽりと儲ける。こんな美味しい話があるだろうか。船で大豆を動かすだけで利益が出る。生産しなくとも儲かる。・・・・・どおりで米国の大豆農家はそれほど騒がなかったわけだ。貿易戦争で双方に被害が出ると騒いでいるのは、中国だけ。・・・・・・こんな美味しい話、俺がブラジル人ならば、輸出のための増産など絶対しないね。もし増産して一時的に儲かっても、米中が折り合ったらその先には大暴落がまっているから。・・・・そうなれば中国が高笑い。・・・・大豆の増産は絶対してはいけない。中国は元安と相まってかなり高額の大豆を買う事になり、それが中国の軍拡を防ぐ最良の方法なんだから。・・・・自国の軍事費を増やさず相手の軍事費を削減させる。しかもどん底のブラジル経済を立て直す手助けができる。・・・・トランプは最高だ。しかもトランプだけではなく米国議会も追随したようだから、最高である。

日本の中国工場
中国脱出がますます早まりますね。早く友好国のベトナムやフィリピンに工場を移し、ここから米国へ輸出しましょう。両国に経済力を付ける事が、国防に繋がる事は中国が実証済み。・・・・・・そうしなければ日本の国防費は増え続けます。中国の経済力を下げて、友好国の経済力を上げる。+-効果は絶大ですよ。・・・・・・中国が方針を変えても信じてはだめ。騙す事が正しい国なんですから(孫氏の兵法)。国力が付いたと思ったら、又同じことをします。その時は世界が負ける時です。中国に屈服する時です。

通信機器戦争
中国で米国のネットが禁止されているのに、米国が報復しなかったこと自体がおかしい。中国は規制するが米国では規制反対。こんな自由貿易があるか。いままで世界は日本を悪者にしたて、中国は可哀そうな民族として支援してきた。しかし本当の姿に世界も気づいたようだ。

2019年1月12日 追申
中国人は皆スパイだと思え
又、に中国で、日本人の日本語教師がスパイ罪で逮捕されたそうである。スパイについて書きたくなった。
世界で中国のスパイ騒動がおきている。当然である。まず、フェアウェーで代表されるように、中国の企業自体が国家に協力させる法律がある。スパイを強要することにほかならない。そして世界にちらばった中国人は全てが国家に協力していると考えて間違いない。・・・・彼らは良く中国大使館に出入りする。日本人ならば、日本大使館にどれほど出入りするだろうか。彼らは互いに監視しあってもいる。
だから、中国にいる日本人全ても同様だと考えて当然であろう。当然見せしめのため時々スパイとして逮捕されるのである。・・・・自分は関係ないと思わない事だ。
日本にはスパイに関する法律はない。本来作るべきであるが、戦時中の憲兵の締付が忘れられず、法律を作ろうとしない。しかし、憲兵の欠点ばかり追求しているが、日本の中にどれだけ大勢のスパイがいたか。日本を敗戦に導き、彼らの理想とする国家を作ろうとしたことは明らかである。
私は提案する「母国法適用法」を作り、外国人は日本の法律だけではなく、時と場合に応じて彼らの国の法律を適用できるよう法改正をすべきである。・・・・例えば中国人は、日本の土地を買う事はできず、借地できるだけにする。当然であろう。日本人は中国の土地を買えないのであるから。・・・・・韓国人に対しては「国民情緒法」を適用し、日本人の反韓感情で裁判をおこなう。・・・・当然ではないか。この法律を適用しても彼らは何ら人種差別等の、不都合を被る事はない。日本人には適用されないんだから。


「オカザキヨット裁判」も読んで下さい。裁判所の判決がいかにひどいものか皆様に考えて欲しいと思います。明らかに偽証と分かっているのに、それを注意しない裁判官。民事では偽証罪が成立したことがないでたらめさ。オカザキヨットは分っているから、偽証を繰り返し尋問時間を浪費させるる作戦。・・・・・・だから悪徳業者は減らないんだ。

「オカザキヨット」「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索

2019年9月8日 追申
アップル、米中貿易戦争で利益下方修正

まるで貿易戦争を止めろと言うような書き出し。しかし分かっているのかな。中国はアップルの技術盗んだら(アメリカまで出かけなくとも技術盗める)いずれ中国から追い出される事を理解しているのか。「アップルの技術+中国の頭脳」・・・・中国がアメリカに進出した場合、これでアップル中国に勝てるの。俺は勝てない方に欠ける。・・・・・中国市場は考えているほど大きくはない。早く中国から撤退して、日本とタッグ組むべきだ。日本はアップルにとって大きな市場だろう。そうしなければ日本の市場失うぞ。・・・・・・警告しておく。




「オカザキヨット裁判」も読んで下さい。裁判所の判決がいかにひどいものか皆様に考えて欲しいと思います。明らかに偽証と分かっているのに、それを注意しない裁判官。民事では偽証罪が成立したことがないでたらめさ。オカザキヨットは分っているから、偽証を繰り返し尋問時間を浪費させるる作戦。・・・・・・だから悪徳業者は減らないんだ。

「オカザキヨット」「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索

↑このページのトップヘ