jinnsei-okinaのblog

多趣味な男です。人のやっていることを見ると、なんでもやりたくなる。最後の趣味がヨット。趣味で忙しすぎて、これ以上増やせば仕事をしている時間がなくなると思い、避けていましたが、50代の時、会社で干されたのをチャンスに一級船舶免許を習得。免許習得とともに、カタリナ320を購入、翌年着岸も満足にできないのに日本一周などしてしまいました。2度のリストラをかいくぐり(石油ショック・バブル)ついでに自分で会社まで作ってしまいました。この間二つの会社から給与をいただき、無事定年退職。現在カタリナ350で自由気ままな人生を送っています。

カテゴリ:社会問題 > 韓流ドラマ

   精神が崩れる韓流ドラマ

韓流ドラマの見る時の注意点

韓国では、韓流ドラマは素晴らしい作品だ、日本は遅れていると思っている。しかし私から見ると韓国の方が50年以上は遅れている。韓流ドラマの特長は、これでもかこれでもかと繰り返される意地の悪さ、それに対して適格に切り返せない主役。とにかく苛め抜く。
この様な内容は、50年前に日本で流行した「継子いじめ作品」の数々である。この現代版が「渡る世間は鬼ばかり」である。が、まだまだ甘い。視聴者は継子いじめをする継母に大いに怒ったものである。ところがだんだん気付き始めた。継子に同情していた視聴者が、だんだん怒りっぽくなり、実生活では継子に同情するのではなく、自分の精神が継母になって、子供を怒るからである。
このことにだんだん気付き始め、「継子いじめのドラマは人間を意地悪にする」として、一斉に姿をけしたのである。見る人は、継子いじめに対抗するため、ああすればよい、こうすればよい、簡単ではないかと考えるが、主人公はもたもたして反抗出来ないのである。韓流ドラマも全く同じパターンである。ドラマを見聞きしている人は常にイライラさせられ、怒りっぽく攻撃的になるのである。
私も昨年まで韓流ドラマを熱心に見ていたが、精神的に良くないのを知っていたので、あくまでドラマであり、心構えとして「イライラしない」事を心掛けていた。今は夫婦そろって全く見ない。たまに覗くと、なぜこんなもの見ていたか不思議に思う。多分「冬のソナタ」に毒されていたのだろう。しかし我が家の奥さんは、どうも怒りっぽくなったと感じる今日この頃であるが、現在は韓流ドラマがつまらないと全く見なくなった。
逆に反日に対して、非常に攻撃的になってしまい「よく韓国旅行に行くね」と憎々しげにのたまっている。もっとも「冬のソナタ」では、JTBで韓国に旅行に行ったが。
(私はこの時、韓国では嫌な目に会った。家族とはぐれ探していると、観光案内の車を運転していた運転手に会い。「こっちの方にいますから」と案内された先は、ニセブランドを売る店。当然偽物を買うはずもない。家族がいるというのも全くの嘘であった。買わないとチップを要求された。日本でなら喧嘩になるが、不案内な韓国で嘘をついて誘いこまれた。仕方なく2千円ほど支払った。こんな国なんです。今ならもっと危険かも)

こんなドラマを見続ける韓国人の性格がどうなるかは誰でも理解できます。とにかく韓国人は怒りっぽいので有名です。基本的にはほとんどの人が火病だという。韓国独特の突然火のついたように怒り出す所業、即ちこれが火病である。さらに油を注ぐように「虐めドラマ」を見続けるとどうなるかは明らかである。
尚、韓国特有の精神病、火病による診療は年間10万人以上だそうである。隠れ火病が如何に多いか想像がつくというものである。

忠 告

韓国ドラマ(虐めドラマ)は見るべきではない。火病ウイルスが含まれている。それでも見るときは、以上述べた事を心して見るべきである。「国民情緒法」国民の世論次第で判決が決る。韓国政府は、火病を更に昇華させた。・・・・・・ゆめゆめ疑うことなかれ。

2018年12月12日 追申

朝日新聞のブログにこのような記事があった。
  土下座命令・マックで投げつけ 店員に暴力、韓国で批判 
      2018/12/11 09:16

韓国でハンバーガーを店員に投げつけたり、百貨店の従業員を土下座させたりする客が相次いで出現し、問題になっている。その場に居合わせた市民が「切れた客」の身元を明らかにして、社会的な制裁を加えたケースも起きた。雇用労働省は10月、従業員を客の暴力から守らなかった雇用主に罰則を科すことにした。 
韓国メディアなどによれば、ソウル市内のマクドナルドで11月、中年男性客が、注文してから時間がかかりすぎるとして、ハンバーガーの入った袋を店員に投げつける事件が起きた。同月には南東部・蔚山(ウルサン)市にあるマクドナルドのドライブスルーで、注文を間違えたとして怒った男性客が食品を店員に投げつけた。

その他にも、宝石店の授業員を二人土下座させて説教する。駐車場の管理人に注意され逆切れして座らせて暴行する等、お客が店員に対する態度がひどすぎる。・・・・全員「ナッツ姫」か。
韓国の虐めドラマの成れの果てがこの結果である。ドラマの展開が思うようにいかなければ、自分も虐める側に回るので、注意しながら見るようにと警告した。
慰安婦問題でも、最近は思うようにいかない。そのため韓国人のイライラは自国民へ向かうのである。そのことに気付いた日本人。気付かない韓国人。
「おい朝日新聞」お前たちが反日を煽った結果がこの状況を作ったんだ。こうなる事が分かっているのに何のために韓国人を煽るんだ。このまま行けば、韓国人は自滅するぞ。
かって中国との戦争を煽った時と同じか。(ゾルゲ事件参照)

2019年2月18日 追申
私は韓国ドラマが、意地悪過ぎ、見る人の精神状態をおかしくし、意地悪になると忠告してきた。しかし驚くべきことが日本のドラマでも起きた。゜
NHKの朝ドラ「満腹」である。満腹ラーメンなる即席ラーメンの元祖争いであるが、そのやり取りがあまりにもひどすぎる。裁判に訴えて決着を付ければ良いのに、延々と悪口を言いあう。‥‥聞くに堪えられずチャンネルを変えた。おいNHKいい加減にしろ。そんなところはサラリと流せ。それともネットに流れている噂。「朝鮮人に乗っ取られた」というのは本当か。それならばいつまでも意地の悪い場面が続くことを理解できる。いずれにしてもそんな場面を朝から見たくない。一日中気分が悪くなるではないか。・・・・・日本人の気分を悪くするために番組を作っているのか。金を払っている視聴者をいらいらさせる。・・・・・北の差し金か。






「オカザキヨット裁判」も読んで下さい。
       ・・・・素人裁判、参考になれば。
「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索


  

↑このページのトップヘ