jinnsei-okinaのblog

多趣味な男です。人のやっていることを見ると、なんでもやりたくなる。最後の趣味がヨット。趣味で忙しすぎて、これ以上増やせば仕事をしている時間がなくなると思い、避けていましたが、50代の時、会社で干されたのをチャンスに一級船舶免許を習得。免許習得とともに、カタリナ320を購入、翌年着岸も満足にできないのに日本一周などしてしまいました。2度のリストラをかいくぐり(石油ショック・バブル)ついでに自分で会社まで作ってしまいました。この間二つの会社から給与をいただき、無事定年退職。現在カタリナ350で自由気ままな人生を送っています。

タグ:櫻井よしこ

   朝日新聞の捏造記者(当時)植村隆

植村隆、訴えを却下される。櫻井よしこさん事実上の勝訴
2018年11月9日、捏造記者の捏造を指摘したジャーナリストの「櫻井よしこ」さんと、その記事を掲載した「新潮」等を訴えた裁判で、これを裁判所は却下した。捏造を指摘した「櫻井よしこ」さんの主張には根拠があると裁判所が認めた分けである。「櫻井よしこ」さんは、中々過激な発言をする人だなと思っていたが、時と共にその指摘の正しさが証明され、その見識の高さに今では「櫻井よしこファン」となってしまった。今回の件では「おめでとう」と言いたい。これからも頑張って下さい。・・・・私としては、防衛大臣か、外務大臣をやってもらいたいと思う。
一方捏造記者「植村隆」が「不当判決」の垂れ幕をもって現れたのには笑ってしまった。盗人猛々しいとはこのことである。「正義が法廷で実現されていない」何をぬかすか。多くの日本人を国際的に辱め、外国にも信じ込ませたその罪状は思い。日本国民一人一人が慰謝料を請求する必要がある。日本にも「国民情緒法」が欲しくなる発言である。

植村隆、彼の経歴も誠に胡散臭い。
植村の妻の母親は、元慰安婦の裁判を支援した団体の幹部である。しかも、補償金詐欺で訴えられている。植村は認識がないかも知れないが、彼の記事は、補償金詐欺を行った義母にとっては、勧誘の強力な手段になったのは間違いないであろう。

植村を非常勤講師として雇った、北海道札幌市にある北星学園大学。
国際交流科目を担当し、主に「韓国からの留学生を対象に、韓国語で講義をおこなっている」北星学園てそんなに韓国人が多いの。有名な慰安婦捏造の反日記者を採用して、韓国人の気を引く作戦なのか。
それとも近くにある朝鮮学校から学生欲しさに配慮したのか。怪しげで、既に慰安婦捏造問題の主役であった植村を、捏造記者と騒がれている植村隆を、教育上好ましいと判断したキリスト系の北星学園。なぜ北星学園は採用したの。・・・・・韓国もキリスト教徒が30%と一番多いから?
彼に届いたとされる脅迫文に対して「不当なバッシングには屈しない」と発言しているが、朝日新聞の植村記者のせいで、国際社会から不当なバッシングを受けたのは「日本の為命を捧げてくれた日本軍軍人」と「今に生きる日本国民」である。彼の「日本軍関与説」は、死者に鞭打つ行為をしたのである。殺したいと思う遺族がいても全くおかしくない。朝日新聞の植村記者、その行為は鬼畜に等しい。又、捏造記事を掲載し、長い間植村記者をかばって来た、朝日新聞も同罪である。ちなみに北星学園も同様に植村を守ると宣言した。

(今まで言われていた海軍は「善」で陸軍「悪玉」論は、全くの捏造である事は、別に書きたい)

私の兄は朝日新聞の読者
私の兄貴はいまだに朝日新聞信奉者らしい。兄弟揃って洗脳されていたが、兄貴は洗脳から抜け出せないようだ。慰安婦の話が捏造だと諭すと「日本人も酷いことをしたようだぞ」と言う。いろいろな本を読むと、確かに日本軍の酷い話も出てくる。しかしそれは僅かなことであり、徴兵制においては、そのような者が軍隊にいる事はやむを得ない事である。例えば南京では「火を付けたがる部下がいて、火を付けさせてくれとねだるので困った」等と。問題は、それら必ず存在する少数の犯罪者をまるで、多くの日本軍が蛮行に及んだが如く、中国や米軍の情報操作により日本人の当時の若者が信じ込んだことである。日本の軍隊はしっかりとした教育を受けた軍隊である。それに比べ諸外国は、文盲も多く誠にお粗末と言える。その結果外国の軍隊は、まるで組織だって行うが如く蛮行に及んだ事実を知らなければならない。当然米軍の戦争犯罪は枚挙にいとまがない。レイプは当然で、学校に通う小学生の群れに機銃掃射を行って楽しむなど。A級戦犯の犯罪と指摘されている事等、米軍の犯罪に比べれば赤子のごとしである。その米国が「慰安婦問題」で日本を恥ずかしめようとしている。そうしなければ自国の犯罪を隠せないからである。そのため「日本軍も酷いことをした」と主張するのである。

世界の無差別大量皆殺し、「アウシュビッツ」「南京大虐殺」「長崎原爆投下」「広島原爆投下」この中で、誰も異論がないのは、原爆投下だけである。その他の物は法律によって調査出来ない。即ち「無かった」と論破されるのが怖いのであると疑ってしまう。ドイツの「アウシュビッツ」と米国の「日本人収容所」どこに違いがあるのか。同じ人種差別ではないか。「多くの日本人も収容所で財産を失い死んだ」と指摘されるのが嫌で、虐殺が本当にあったか研究させない可能性も十分にある。・・・・・一説では、「伝染病で多くの人が死んだ」「毒ガスとされるものは消毒用」であった。死者からガス中毒で死亡した証拠はでなかった。ガスの強制排気の設備もないあの施設での大量殺人は無理である。その死者数は全ヨーロッパのユダヤ人と同じである(ユダヤ人はほとんどいなくなるはず)。との主張もある。・・・・・尚、ユダヤ人はソ連の手先ともなっていたので恨みをかい、殺したのはナチスだけではない事を記載しておく。・・・フランスでもナチスと仲良くしたという事で、同胞さえもを縛り首にしています。(この人たちも戦争の犠牲者なんですよ)

日本軍は、占領地での強姦や性病の蔓延を防ぐため希望者を募って「慰安婦」とし、高給を払った。中国で駐屯していた軍は、中国人の売春宿へ行くことを禁じていたらしい。それは「性病の蔓延を防ぐため」である。これは作戦追行において、大きな障害が生じるからである。(こっそり楽しんだ兵隊も多かったらしいが)現地調達が原則の諸外国の軍隊は性処理をどのようにしたのか。想像通りである。
米国も韓国同様、日本人を辱め、立ち直る気力を奪おうと、莫大な金を使って、慰安婦の強制連行があったか調査している。しかし結果は「そのような事実は見つからなかった」である。もう一本あるが、それも同じ結果である。しかし、米国はその情報を隠してはいないが、なぜか同盟国のために積極的に公開しようとしない。・・・・・原爆投下という戦争犯罪で、国民に負い目を持たせない様に隠していると私は考えている。「南京大虐殺」もプロパガンダだと知りながら、中国と歩調を合わせている。これ全て原爆投下の過ちをその残虐性で負い目を負う、米国民の解毒剤として使う為である。・・・・私は空気を吸うように読書をする。米国の作家物も沢山読むが、この中には時々、これらを隠れ蓑に、原爆の投下を正当化して「お互いさまだ」としている文章が時々登場する。・・・・・・物事をよく熟知しているはずの有名作家でもこのありさまである。
慰安婦問題を追及してゆけば、古い日本のものより、直近の朝鮮戦争の「米軍慰安婦」ベトナム戦争での韓国軍「ベトナム人婦女子虐殺、慰安所経営」に行き当たる。韓国軍等は朝鮮民族の残虐性が見事に表れている事件である。・・・・・朝鮮戦争時代、ドラム缶に詰められて前線に送られ慰安婦とされ。米国軍に提供された事実これが本当の強制慰安婦事件である。・・・・この事実は多くのアメリカ人は当然知っていた。外国の軍隊の実態である。・・・・・希望者を募った日本軍と比べてもらいたい。

追記。
慰安婦は朝鮮人ばかりに脚光が当たっているが、既に現地での多くの慰安婦には日本人が多いのである。この中に更に20万人の韓国慰安婦を追加。当時輸送船が次々と撃沈され、食料不足、戦死より餓死が多かった日本軍。燃料も枯渇し松の木からも燃料を採取していた日本。・・・・軍による朝鮮女性の強制連行など絶対あり得ない。・・・・「そんなもの運ぶなら食料をくれ」違いますか。私が兵隊な食料を運ばす、慰安婦運んできたやつを撃ち殺す。・・・・もっとも輸送船もほとんど無かったが。

2018年11月9日追申
捏造記者植村隆、主張が却下されてもまだ認めようとしない。植村記者、確かに取材したかも知れないが、都合の良い所だけを繋ぎ合わせて、慰安婦強制連行に仕立て上げ、日本国民を世界的に屈辱した。櫻井氏の主張には誤りがあると、一部を採り上げて反論しているが、世界的に虚無の報道を続けた罪は重い。そのため、米国では日本人の大人だけではなく、子供までいじめの対象になっている。しかもそれは、単なるいじめではなく、日本人を屈辱するいじめである。精神的ショックは計り知れないだろう。・・・・「反日記者植村隆」お前の記事で子供たちが屈辱されて満足か。

ついでに、櫻井よしこさんの悪口を言うブログを探すとやはりあった。反日日本人や、情報操作の中国サイバー部隊、朝鮮人のブログであろう。
「彼女の発言は過激だ。日本が手を出さない限り、外国は攻撃してこないのだから軍備拡張の必要はない」という主張が大半である。おいおい、日本人を油断させて何をやろうとしているの。


2018年11月11日追申
慰安婦問題に関し、植村氏、自分だけではなく、娘まで脅迫を受けていると主張。事実ならば確かに問題であろう。ところで、植村氏の「捏造慰安婦物語」が発端となり、米国では全く関係の無い日本人の子供たちがいじめをうけている。方や人を陥れたための脅迫。方や全く罪のない子供がいじめられる。この点を植村氏に聞いてみたい。この場合、原因となった犯人は分っているのだから。植村氏は自費を持って、米国の新聞に真実を書くべきではないのか。

2018年11月25日追申
ブログを見ていると、「BTS」の原爆Tシャツ問題について書いてあった。以下引用
「引き金」となったのは、大きく二つあるように思う。一つは韓国の多くのメディアが指摘するように、徴用工判決。日本の世論に再び嫌韓ムードが広がるきっかけとなり、昨年着用した「原爆Tシャツ」が見過ごせない存在となったのではないか。もう一つは、「BTS」と秋元康氏のコラボが中止となった件だ。韓国のファンが、秋元氏を「右翼作詞家」と指摘し、コラボに反対したためだ。秋元氏を「右翼」という根拠はよく理解できず、日本で「BTS」に対する印象が悪化するきっかけとなったように思う。日韓で歴史問題を文化に持ち込んだ「応酬」が続いているように見えるのは残念だ。

原爆Tシャツに「徴用工裁判が影響している」・・・・即ち、原爆Tシャツは過剰反応でその原因は「徴用工判決」にあり、それは日本が自ら招いた事である。「BTS」は悪くないと解釈できる内容である。・・・・・え?誰が書いているの、見ると朝日新聞系のブログである。
オイ「朝日新聞」まだ害毒を流し続けるのか。韓国は反日で統一されている。従って日本は反韓で統一すべきである。邪魔をせず深く反省していろ。朝日新聞は日韓問題に口を挟むな。

朝日新聞捏造の系譜

第2次世界大戦前夜の事情を簡単にまず知ってもらいたい。世界中に社会主義や共産主義が蔓延した時代である。日本でも社会主義者が大勢現れたが、実現は難しく弾圧にあってそのほとんどが中国大陸や満鉄に逃げ込んだのである。彼らは民衆を決起させる事に失敗すると、一旦戦争によって日本が破壊されてもかまわないから、敗戦に追い込み、その中に共産主義や社会主義の国を作ろうとしたのである。しかしその実態は共産主義や社会主義に名を借りた、主張とは真逆の独裁国家形成である。その代表例が、恐怖政治を行い、信じられないほど多くの自国民を殺した「スターリン」と「毛沢東」である。今では北朝鮮の金さん。米国の中枢もそのスパイに牛耳られてしまい、後の「レッド・パージ」(共産主義者追放)に繋がったのである。即ち、ソ連⇒日本・米国に強力な共産主義者の連帯が生まれたのである。全てスターリンの戦略である。そんな時代であった。
ここで知って欲しいのは「戦争による破滅へ導きその後共産主義国家建設を築く」思想である。その代表例が朝日新聞記者「尾崎秀実」である。

「ゾルゲ事件」
若い人は知っているだろうか。「尾崎秀実」朝日新聞時代から内閣嘱託を務め、後に満州鉄道調査部嘱託として「対満州・対中国」政策に影響をあたえた人物で、日本の敗戦を決定付けた人物である。彼がソ連のスパイ「リヒャルト・ゾルゲ」に日本軍の北進(ソ連攻撃)はないと伝え、それを聞いたソ連は、極東の軍隊をドイツ攻撃に使い、勝利すると極東に転進させ日本を攻撃して敗戦に導いたのである。予想外に早かったドイツ敗戦。連鎖して日本敗戦。
共産主義者「尾崎秀実」、日本人なら忘れられない名前であると共に朝日新聞の記者である。当然朝日新聞社には共産主義者とその親派が集合したのである。
戦前の朝日新聞は、中国攻撃を盛んに煽っていた。これもソ連を攻撃せぬよう、朝日新聞記者「尾崎秀実」の面目躍如といったところである。・・・・・スパイは恐ろしい。
彼らは、1941/9~1942/4にかけて逮捕されているが後の祭りであった。

次にあげるのが元朝日新聞記者「本多勝一」

JAPAN+の記事を見てもらいたい。
問題の写真は、本多勝一氏の『中国の日本軍』に掲載されたもので、日本兵が中国の婦女子をかり集めてこれから虐殺するところであるとの説明がなされています。

ところが、この写真の出所は、実は本多氏が当時勤めていた朝日新聞社発行の『アサヒグラフ』(一九三七年十一月十日号)に掲載されたもの。日本兵は家路につく少女たちを護っていたとのキャプションがついていて、少女たちの笑顔もはっきりと写っており、「南京大虐殺」とは何の関係もない写真であることは、誰の目にも明らかです。

Bx2q8EJCcAAAf-y

この矛盾点を問われた本多氏は、週刊新潮(9月25日号・下写真)に次のようなコメントを寄せています。

「『中国の日本軍』の写真説明はすべて中国側の調査・証言に基づくものです」「『中国の日本軍』の写真が、『アサヒグラフ』に別のキャプションで掲載されているとの指摘は、俺の記憶では初めてです。確かに「誤用」のようです。」
(以上引用)
中国訪問は1971年の話である。私は「本多勝一」に問いたい。南京大虐殺などという大事件を、大日本帝国陸軍を辱める事件を、本当に中国側の話を聞いただけで書いたとしたら、記者としての資質が全く無いのではないか。又、当時の中国側の調査・証言だった証拠があるのか。「尾崎秀実」の事件とこの事件を結び付けて見れば、私には「日本人が中国で酷いことをした」との宣伝活動をして、日本人に負い目をもたせ、共産主義を日本に浸透させる作戦としか思えない。要するに「中国側の要請による捏造に協力した」と言いたいのである。
事実私も日教組や朝日新聞の影響で共産主義には寛容であった。

元朝日新聞の捏造記者「植村隆」


「慰安婦問題捏造」も以下の時系列で書いて行くと、「植村隆」も、今度は自分の番だとばかりに書いている感がある。捏造したのであるから、そう考えて当然である。記者ともあろう者が何の思惑もなしに書いたとすれば、バカ記者といわれても反論できないであろう。
日本を敗戦へと導いた、「尾崎秀実」の系譜は生きていると考えている。朝日新聞もついに韓国の慰安婦問題に対して、間違いは認めた。しかし謝ってはいない。他の東南アジアの慰安婦問題にすり替えて依然として主張の根幹は正しいのだとしている。一人被害者がいると、万倍にして表現している。争点をずらす。・・・・・・朝日新聞の反論のしかた、朝鮮人と同じですね。負けそうになると論点をずらす。

おまけ
1923年(大正2年)関東大震災おける朝鮮人虐殺
ほとんど明治時代と言っても良い時代である。この関東大震災において、流言飛語により朝鮮人が虐殺されたというものである。
私の得た知識では、「朝鮮人虐殺だけがあった」とする見解と「横浜で社会主義者と朝鮮人の暴動があり、これに対して自警団が結成されたが、この自警団が関係の無い朝鮮人を主とする殺人を(間違えて日本人も殺した)おこうなど過剰防衛に走ったので、政府があわてて横浜の事件をデマとして報道し鎮静化につとめた」というものである。
「虐殺はなかった」とする派に対抗する「虐殺はあった派」の言い分には「まるで南京の虐殺が無かったと言うのと同じである。」との主張が入っており、このような嘘を主張をする「虐殺はあった派」の主張は全く信憑性に欠ける。大げさではないかと考えてしまう。当時東京にいた韓国人の書いた本によれば、確かに過剰防衛が起きた事は事実らしいが、「善良な日本人が匿って自警団を追い払ったり、警察は留置所に入れて保護した。」と記載されているこの本は信用できると考えている。又、「朝鮮人暴動はなかった」との記載はない。ただ大量虐殺があったかと言えば、どちらの派も信憑性にかけると言いたい。又、震災による朝鮮人の死亡が全く加味されていない「虐殺はあった派」の主張は大げさではないか。
日本が戦争に負けた時、朝鮮人は日本人にどれだけ酷い事をしたか。強姦・暴行・殺人・土地の収奪、悪の限りをつくした。そればかりではない、私の父も朝鮮人にはひどい目にあった。昭和58年頃土地を韓国人医師に頼まれて売った。お金が無いから半分だけ買い取り、残りは金を支払った時点で譲るという契約であった。ところが、半分どころか売却予定の敷地全体に病院を建て始め、おやじが中止を求めても従わないのである。このままでは土地を取られてしまうと考えた親父は、結局安く土地を売るはめになった。その後10年ほどして今度は駐車場が無いのでその分を売って欲しいと言われた。駐車場が無ければ周辺には迷惑がかかるだろうと、いがみ合っていてはどうしょうもないと考え、100坪ばかり売ってあげた。ところが売ったとたんにその土地を利用して更に病院を拡張してしまったのである。再び朝鮮人に騙された。その後も再び土地を売ってもらおうと様々な交渉を仕掛け、自分に都合が良い事をまるで私にとって都合が良いように説明するこの図々しさ。私は朝鮮人に偏見を持っていないつもりだったが、現実に起きてみると、世間の評判は正しかったと痛切に感じました。
わが社の事務員の友達もひどい目にあった。医師の夫が飲み屋に行くうちに、朝鮮人ホステスと親しくなり結局夫を取られた。その後ホステスだけではなく、その一家が移り住んでしまってすっかり家を占拠されてしまった。友達は幼子と共に追い出されてしまったのである。この事実を考えれば自ずと答えは出てくるはずである。

2018年12月30日 追申

韓国艦艇レーダー照射事件
このブログを見ている人は、事件とその後の内容は良く知っているはずなので内容は記載しないが、ブログを見ていると面白い記事に出会った。記事を読んでいると妙に韓国に都合の良い記事だなと感じた。タイトルは「勝負あり!だが、韓国をあまり追い詰めない方がよいだろう」というものであった。要約すると、朝鮮人は弱い民族で身を守るための嘘は仕方ないんだ。充分反論したんだからこれ以上は武士の情けとして止めた方が良い。との内容であった。
このブログに対する反応は全て「早川忠考」批判のオンパレードであった。当然予想できる事なのに、なんでこんな事を書いているのかと不思議に思い、経歴を見た。彼は「元衆議院議員・東京弁護士会副会長の経歴を持つ」とあった。すぐに「議員=韓国利権」「弁護士=反日弁護士集団」が頭の中で回転した。彼にその意識が無くとも、その主張は同じである。
一対一で済む事ならば武士の情けもあろう。しかし彼らは沈黙するどころか反撃を続けているのである。世界に発信しているのである。こちらが攻撃を止めれば、世界の常識として、日本政府が徴用工問題をうやむやにするため言いがかりを付けた事に成ってしまう。・・・・・この点をどう解決するかこの元衆議院議員に問いたい。


2018年12月31日 追申
今日「朝日新聞デジタル」で次のような記事が出ていた。

照射映像の公開方針、テレビ会議前に通告 韓国は猛反発 

 海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる問題で、韓国は27日の両国のテレビ会議前、映像を公開する方針を日本側からあらかじめ伝えられていた。日本側が事前に通告して配慮した形だが、韓国は28日の公開直後に反発するコメントを出し、主張は平行線をたどったままになっている。

 韓国の軍事関係筋によれば、日本側は、韓国が射撃用のレーダーを使った事実を重視。27日に日韓の防衛当局者が開いたテレビ会議前に、映像公開の方針を韓国側に伝えた。その際、韓国側は激しく反発したという。

 意見の食い違いが埋まらないため、日本は方針通り28日に映像を公開した。韓国国防省は「実務協議のわずか1日後に、日本が映像を公開したことに深い憂慮と遺憾を表明する」とした報道官談話を出した。


海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる問題で、防衛省が公開した映像の一部。字幕付きの編集をしている(防衛省提供)

































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































© 朝日新聞 海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍艦艇から射撃用の火器管制レーダーを受けたとされる問題で、防衛省が公開した映像の一部。字幕付きの編集をしている(防衛省提供)

 一方、韓国の与党「共に民主党」は29日付の論評で、「最近支持率が落ちている安倍晋三首相が、反韓感情を刺激して保守層を結集しようとする汚いやり方で映像を公開したと、日本メディアは報じた」と主張。「日本政府は不純な意図で安保を脅かしている」と批判した。

 野党「正しい未来党」もこの日付の論評で映像公開について、「安倍首相が韓日の軍事問題を国内政治に利用しようとしている」と非難。「安倍首相は真実の究明より政治攻撃に集中する姿勢を即刻やめるべきだ」と主張した。(ソウル=牧野愛博)

以上である。
この記事、いかにも中立を保って淡々と伝えているように見える。しかし日本側が映像公開を持ち出したのは、当然「韓国側の嘘対策」である。電波照射の事実があるのであるから、素直に謝ればよかった。責任は韓国側にある。という主張が全く無い。どこの国の新聞社か。更に、「安倍政権は支持率回復のため、これを利用したと日本のメディアも伝えている」との韓国側の主張が載っている。しかし私が読んだ新聞やブログでは、韓国側のメディアがそのような主張を言い出したとの報道だけである。ようするに韓国側が言い出したと主張する記事だけである。朝日新聞も日本側が言い出したとは報道していないが、ここに問題がある。本当に日本側からこのような報道があったのか、それとも指摘されたメディアは反日朝日新聞なのか。読者に勘違いさせる。特に朝日新聞を指示している反日自虐読者は「やっぱりそうなんだ」と納得する事であろう。・・・・・どこまでも反日日本人の洗脳を解かないつもりか。
ところで、各ブログでは、「韓国艦艇は救助ではなく不都合な事をやっているから自衛隊機を追い払うためレーダー照射をした」との意見があった。画像を見ると、韓国の巡視艇が北朝鮮漁船らしきものを既に救助にあたっており、レーダーで捜索する必要が全くない事がわかる。だから韓国政府も「レーダー照射は無かった」としらばっくれる事にしたのである。・・・・・・私を納得させる意見であった。本当は何をしていたの。巡視船がいるのに何のためわざわざ軍艦を出動させたの。どうして国旗を揚げなかったの。・・・・・日本側に救助させたくない意図はありありである。もし日本の巡視船がきたならば妨害するつもりか。その謎を知りたい。・・・・多分「金さん」に対して「文ちゃん」が「統一した時は私をいじめないでね」とのメッセージだろう。

2019年1月4日 追申

年越に、朝日新聞に洗脳されている兄貴が来た。内の奥さんに政治の話をしても、あまり反応が良くないので、兄貴と議論した。南京の大虐殺の話になって「朝日新聞記者捏造写真」の話をしたら「そのような間違いはあったが、内容は正しい」との主張である。一つの捏造があれば、一つの間違いがあれば、その内容についても疑いを持つのが自然である。しかし全く疑っていない。20万人も殺されたならその死体はどこにあるのと聞くと「川に流した」との主張である。当時南京から逃げる中国兵が川を渡るため船を奪い合って、多くの兵隊がおぼれ死んだそうであるが、更に20万人もの人間が虐殺されて川に流されたの。南京にたどり着く事を目標に疲労困憊していた兵隊。更に戦闘。南京占拠。・・・・・こんな状況で更に民間人20万人(当時の南京しの全ての人口とされる)も殺すの。その他にも多くの中国兵を殺しているのである。・・・・だから加算すると30万人になるのか?。しかし南京を通過するならともかく、南京を占拠したのであるから、伝染病の発生が一番怖いのに一般市民を虐殺してこれを川に流す作業をする。南京には日本兵しか残らないから、日本兵がしなければならないんですよ。こんなバカげた事を軍律厳しい日本の兵隊さんがするの。・・・・・その後1か月足らずで南京の人口が30万人。おかしいでしょう。兄は「敗戦の時日本軍が証拠を焼却したから証拠がないんだそれは日本軍が悪いんだ」と主張するのです。私にいわせれば、「軍事機密」を焼却するのは当然のことである。将来の反撃方法を知らせる必要があるの。日本に協力してくれた人の名簿を消却しなければ、その人たちは戦犯で死刑にされてしまうでしょう。やってもいないのに当時なんで、やっていない証拠を作らなければいけないの。もしそんな証拠があったら、逆に怪しくないですか。・・・・・南京には、外国人特派員も大勢いたんですよ。それなのにそれを伝えたのは東京にいた外人記者。おかしいでしょう。
兄に「それよりも中国共産党が自国民を2~3,000万人も殺しているんだよ」と言うと兄は「そんな証拠は無いんだ」と主張するのです。日本軍は証拠が必要で、共産党は証拠がいらないの。・・・・「日本軍は残虐である」との前提をあくまで崩そうとしない。「兄貴しっかりしてくれよ」・・・殺される中国人にとって、日本軍なら残虐だが、中国軍なら良いの。
兄貴はこうも言った「沖縄に軍隊がいなければ戦争にならないんだ」・・・兄貴も反日日本人だなー。軍隊がいなければ戦闘がないんだから、俺が中国軍なら沖縄に無血進駐する。そして沖縄に残っている米軍基地の飛行場を使い、日本本土に攻撃をかける。・・・・なんせ沖縄には日本人が大勢いるんだから、飛行場の周りに収容所を立てて沖縄人を収容すれば弾除けになるし。クーラーのある家は全て中国兵が接収(台湾に無血進駐した中国軍がどんな酷い事をしたか知っているの)。・・・・もっともそんな弾除けに配慮していたら負けてしまうから、可哀そうだが本土からミサイル攻撃を加えて焦土としてしまうであろう。もともと沖縄人が選んだ道で中国に協力したんだから。文さんと同じ考えの沖縄県知事が招く惨劇が頭に浮かぶ。

2019年2月4日 追申
俳優新井が、女性に暴行をした。ところがこの男の本名は「朴慶培
」、即ち在日である。在日と分かったとたん、ヘイトスピーチが多いと、がやがや外野席がうるさい。韓国は強姦大国である。多くの日本女性もひどい目にあった。
日本でも、凶悪な強姦事件がけっこう発生している。私は「日本人も悪い奴は多いな」と情けなく思っていた。しかし、ネットで凶悪な物に限って言えば、在日が非常に多いと気付かされた。ホッとした反面腹が立った。・・・・マスコミが本名で報道せず、通称名で報道するから自虐に陥ってしまった。朝鮮人ヘイト・・・・・何を言っているんだ。朝鮮戦争で日本に逃げ込んで、被害者面しながら、強姦を繰り返す。それを在日マスコミや芸能界でかばう。・・・・いい加減にして欲しい。
私の父親も朝鮮人に騙され、仲直りしようとした私まで騙された。友達は、朝鮮女に夫をとられ幼子と一緒に追い出された。・・・怒って何が悪いのか。・・・・・被害にあっていないからヘイトなどと言えるんだ。これは朝鮮民族が反省するまで続く。なぜ韓国の日本人ヘイトには強くあたらないのか。・・・・・歴史を忘れた者に未来は無い。千年経っても韓国を恨み続ける。違いますか。
韓国を経済で追い込み(協力せず)、文を国民情緒法で断罪させないと、親日韓国人いなくなってしまう。・・・・違いますか。

2019年2月19日 追申
昨今、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の長女と家族が昨年7月に東南アジアに移住したことが問題となっている。問題の内容は、移住の背景や現地での警護費用などとなっているが、しかしおかしい。家族が移住などすれば、大統領は次期選挙で非常に不利益を被る。なんせ負けた大統領の末路は哀れ。

文大統領海外逃亡の準備か?
やはり、文大統領は北のスパイなんだろうか。南北統一されれば、その後南はどういう運命になるか彼は知っている。・・・・と同時に、彼は自由を味わってしまった。もう北の生活には戻れない。
又、南北統一がなされず、反文大統領側が勝てば、今度こそ北のスパイとして投獄される恐れも十分ある。朴槿恵のように。・・・・・移住した娘婿には国家予算横領の疑いもかかっている。これを考えると次の工程が考えられる。
国家予算⇒家族⇒海外移住⇒南北統一⇒文大統領亡命。

南朝鮮の皆さんは、北の生活に耐えられますか。西ドイツ主導の東西ドイツ勘違いしないでください。今度は独裁国主導の統一なんですから。・・・南北統一と東西統一・・・・・方向全く違うではありませんか。

2019年3月3日 追申
俳優新井が、女性に暴行をした。ところがこの男の本名は「朴慶培即ち在日である。在日と分かったとたん、ヘイトスピーチが多いと、がやがや外野席がうるさい。韓国は強姦大国である。多くの日本女性もひどい目にあった。
最近この報道が韓国名から通称名に変わった。なんでも韓国人は強姦しているとのイメージが良くない。ヘイトスピーチになるなどが理由である。・・・・・何を言っているのか。朝鮮人の極悪強姦殺人事件多発。通称名なので日本人の強姦だと思い、恥ずかしかった。・・・これでは、世界の人が慰安婦強制連行もなるほどと思ってしまうではないか。ところがこの多くが朝鮮人の仕業だと知った。・・・・強姦大国朝鮮。日本に来ても変わるはずがない。・・・・・これをヘイトスピーチと言って真実を隠す気か。朝鮮人に支配されたマスゴミの本領発揮である。・・・・さらに言えば同姓同名の人の迷惑を考えた事があるのか。
違うというなら一言いいたい。日本人が強姦した時、日本人の恥を隠す為、朝鮮名で報道してくれるのか。もしくは「トランプ」とか「ジョン・ケネディ」等の通称名で方報道してくれるのか。・・・・・朝鮮人が強姦しているのに、日本人が強姦したと世界に発表するのか。このままでは強姦大国は韓国ではなく日本になってしまう。・・・・・これで観光立国を目指す。何をいっているのか。

2019年3月6日 追申
最近、PM2.5が日本に押し寄せている。そのためNHKのPM2.5情報をよく見ている。しかしこの中で気になる事があった。PM2.5の発生国を中国と日本にしている点である(TVのデーター放送)。私の聞き知った情報では、韓国のPM2.5はその半分が自国の発生であるとされていた。日本の場合、工業地帯が太平洋側にあるので、中国から風が吹くと太平洋へ流れてしまい、影響は極めて少ないはずであるが。それとも中国や日本で発生するPM2.5に比べ韓国は極端に少ないの、これを知りたい。NHKが朝鮮人に乗っ取られているとの噂や、強姦韓国人に対して通称名を使う事、あまり報道しない事等を考えると変な勘繰りを起こしてしまう。
中国も、韓国に対して、中国のPM2.5を減らしているのに、韓国では減らない。これ可笑しいではないかと指摘されていますね。


ついでに「オカザキヨット裁判」も読んで下さい。
       裁判所は、偽証に対していかに甘いか。
空気を吸うように嘘を言い続けるオカザキヨット。
「オカザキヨット裁判」「オカザキヨット評判」で検索

↑このページのトップヘ