喫煙者の主張に反論

先に、日本で始まった禁煙について話しておきたい。
昔々、国鉄時代、タバコを嫌がる人が声を上げ始め、たった1輌だけ禁煙車輛になりました。当然ですが、タバコを吸わない人が圧倒的に多いので、いつも禁煙車輛は満席。少しづつ禁煙車輛が増え、ついには喫煙できる車両が1輌だけとなりました。ある日私が列車に乗ると禁煙車輛は満席なので、しかたなく喫煙車両に乗りました。
乗客は意外と少ないのですが、ほぼ全員が喫煙するので、車両の中はタバコの煙で霞んでいます。健康被害が発生する事は一目瞭然です。・・・・びっくりしました。
我儘な喫煙者は、だんだんとタバコを吸うときだけ喫煙車両に行くのです。帰ってくると体に浸み込んだタバコの匂いをまき散らし迷惑をかけるのです。当然喫煙車輛はガラガラ。本当にタバコ飲みは我儘です。なんで混んでいる禁煙車輛に来るの。・・・・・ガラガラの車両を喫煙者の為だけに走らす事もできず、ついに全車両禁煙になってしまいました。

喫煙者は喫煙の自由を主張しますが実にマナーが悪い。そんなにタバコが好きならば、会議中なぜ灰皿を置くとき、自分の体に煙がかかる位置に置かないのか。自分に掛かるのが嫌なので灰皿をずらします。そのため煙は、タバコを吸わない私にかかるがなんとも思わないのか。バーのカウンターも同様である。・・・・自分が有利になるように煙に巻く?
料理を食べる時、なぜ自分の料理にタバコの煙を吹きかけないのか。横を向いて煙を吐くため、その煙は私の料理にかかるのがはっきりと見える。カウンターなど遠くまで煙が流れてくるのが分かり、本当にいやな思いをする。
昼飯を食っていると、向かいのテーブルの女の子、タバコを吸い始めた。自分のコーヒーや向かいの連れに煙を掛けない様に横を向いて煙を吐く。ところが食事中の隣のテーブルに煙が行くのがはっきりと見える。・・・・・どうして自分のコーヒーや、連れの料理に煙をかけないの。
カウンターの上に、大皿料理や皿を積み上げている居酒屋も多い、それらにタバコの煙を吹きかけていた男の客がいた。その皿に俺の料理を盛ろうとするので、違う皿にするよう要求すると、その男「俺はキックボクシングをやっていたんだよ」と囁く。俺はせせら笑って、別な皿に盛り付けをさせた。
飲食店の禁煙。間違って喫煙店に入らぬように、はっきりと遠くからでも見えるように「喫煙店」「タバコ吸えます」「喫煙者に迷惑がかかりますので、タバコを吸わない人お断り」の看板を上げさせて欲しい。傍まで行かなければ分からない表示は止めさせろ。
私は、はっきりと「禁煙店」「喫煙店」の区別がつくようになれば、必ず列車と同じ現象が起きると確信している。なぜならお店にいる時間、長くても4時間くらいでしょう。喫煙者も我慢できる範囲です。ただしニコチン中毒者はむりかも知れないが。

店舗の禁煙化に反対する意見に反論したい。

先日ブログで「禁煙ばかり叫ばれて、酒はなぜいわれないのか」というのがあった。理由としてDVの7割が酒飲みによって行われている。飲酒運転の危険性も挙げられていた。・・・・・昔友達に「禁煙の害ををいうなら、自動車だって有毒ガスをだしているではないか」と主張するものもいた。・・・・反論したい。

まず、飲酒も個人の趣味で、喫煙者に比べて圧倒的に多い。飲食店での禁煙反対ブログを書いた人も確率から言えば飲酒をしているだろう。喫煙する人で、酒を飲まない人を私は知らない。皆さんの周りで酒を飲まない喫煙者いますか。・・・・・自分自身が困るのに、酒も規制をかけろなどとの主張は、やけくその主張である。この時点でニコチン中毒重傷者であり、治療を要すると言いたい。精神的自虐者であり、治療が必要だと言いたい。

私はDVやすぐ喧嘩をする人のほとんどが喫煙者の酒飲みだと思っている。違いますか。私の周りの人だけですか。はっきり言って喫煙者は社会のルールを守る気構えが足りない。そもそも大人になってから喫煙者になった人を私は知らない。みな高校生、今は中学生の時始まった習慣である。この時点で社会ルールを破っている。しかも、覚せい剤使用者でタバコを吸わない人がいると思いますか。・・・・・極めて極極少数派でしょう。違いますか。
過激な提案をしたい。DV防止のため、喫煙者の飲酒を禁止すべきである。・・・・・これでいいの?

東京都の禁煙条例では、小規模飲食店であっても喫煙の場合は、未成年者の使用を禁止しするそうである。大賛成である。又、喫煙室を設けても、出てくると体全体にタバコの煙を引っ張っているのがはっきりと見える。禁煙席にくると当然だが猛烈に臭い。従業員も同じである。分煙でも、出入り口は禁煙席と分けてもらいたい。それが出来なければ二重扉にして、途中でエアクリーニングをしてもらいたい。更に、煙室で働く者は禁煙席にこないようにしてもらいたい。

今まで、先祖代々喫煙者は皆に迷惑をかけてきた。喫煙者が灰皿を出して、喫煙者が片づけるルールになった時は良かったと思った。なんせ関係ない女子社員の仕事とされていたのだから。又、喫煙者ばかり集まると、どれだけ健康に悪いか。今まではタバコを吸わない人が煙を吸って空気を浄化してきたが、これからはなくなるので、喫煙者の健康被害が物凄い事に成る事を知って欲しい。可愛い家族を困らせないように・・・・。

ちなみに私も当然酒を飲む。自宅では日本酒なら基本コップ1杯。出かけると結構飲む。しかし酒を飲まない人がいると羨ましい、そんな人に対してはこう言っている「酒を飲まなくていいですね。酒なんか、祝い事(神事)の乾杯でチョット呑めればいいんですよ」舐める程度に、違いますか。・・・・

私の禁煙ライフスタイル
私はタバコを吸わない、だからなるべくタバコを吸わない店へ行く。私が通っている料亭のカウンター。5年ほど前に禁煙したらお客ガラガラ、しかし今は客足も戻ってきている。だいたい、5時半頃行って7時には終わり、その後はスナックかクラブへ。他に客はいないので取りあえず禁煙店状態。9時頃には店をでる。もしこの間タバコを吸う人が多く成れば、衣服がヤニ臭くなり、帰ると嫁に嫌味を言われる。以前は消臭剤がなかったので、毎回背広やコートをクリーニングへ出していた。・・・・とにかく飲みに出ると余分な金がかかる。こんな苦労喫煙者にはわからないだろう。・・・禁煙ならばもっと居続けるだろうが。・・・・・でも飲み屋のお姉さん方、禁煙者は嫌らしい。自分たちが吸えないので「早く帰れば良い」と思っているとも聞いている。
「禁煙店の看板出しているが、今後は喫煙店だけ看板を出してもらいたい。禁煙店に余分な負担かけるの止めて欲しい。」・・・・・外国では喫煙店の看板隠す経営者もいるらしい。とにかく「喫煙店」看板なかったら全てタバコを吸えません。・・・違いますか。

2019年1月23日 追申
禁煙した人が、如何に他人に迷惑をかけていたかよく分かったと話しています。その一つがブログに乗っていたので紹介します。


タバコを吸っていた私が禁煙した結果

 それに、私も20年ほど前(30代前半)までタバコを吸っていましたが、やめてみるといかに吸わない人に迷惑をかけていたか、痛感するようになりました。たまに家族で近所の居酒屋に行くこともあるのですが、隣の席でタバコを吸われると食事がまずくなりますし、「未成年がいるのに…」と本当に嫌な気持ちになります。「未成年を連れて居酒屋に行く方が悪い」と言われたらそれまでですが、子どもだって焼き鳥を食べたいのです。

てどうですか。これでも迷惑をかけ続けたいですか。禁煙すれば家族や周りの人も喜びますし、食事の楽しみもふえますよ。・・・・・せめて高校生の頃を思い出し、こっそり吸って下さい。

2019年1月24日 追申
ホテルの禁煙室を増やす・・・・・との記事があった。


ホテル阪急インターナショナル(大阪市北区)では、昨年度の禁煙客室の平均稼働率は94.6%と喫煙室を2.7ポイント上回り、禁煙室不足が常態化。

この中で、喫煙室の稼働率は2.7%下回っている事になっている。喫煙者から見れば「ほとんど変わらないのではないか」となる。だがはっきり言って、この喫煙室の稼働率の高さは、禁煙室をとれなかったお客が稼働率を上げているだけである。私も禁煙室がなくて、時々喫煙室を仕方なく利用している。
初めに上げた、禁煙車輛の移推が、ホテルに変わっただけである。禁煙室も初めは少数派であったが徐々に増え、今では全面禁煙のホテルも出始めたそうである。喫煙者には気の毒だが喜ばしい現象である。・・・・・ただし、喫煙者の多くも禁煙室が大好きという事実に変わりはない。
何事も反対するのは重度のニコチン中毒者である。病院で治療する事を進める。
ちなみに明日は、幼馴染のタバコを吸う友達と飲みに行く、食事はもちろん禁煙だが、2次会は喫煙バー。早々と引き上げるつもりだ。禁煙ならばもっと長くいたいが。・・・・・もう一人の中の良い友達一昨年ガンで死んだ。健康のためにもやめて欲しいが言う事をきかない。・・・・当然病気持ちだ。

2019年2月19日 追申
中学生の時扁桃腺の手術をした。その時いらい、年に数回だが喉が痒くなり咳が1週間位止まらなくなることがあった。それが大人になっても続き、近年その期間がのび、ついに薬を吸引するに至った。医者からは、毎日吸引していなければ肺気腫になると言われた。肺活量の多さがが自慢だったのに、今では、平均を下回るようになった。仲の良かった先輩で一緒に野球を見に行っていたは男は、7年前のバレンタインデーに肺気腫で死んだ。悲しかった。球場の階段の上り下りに苦労していた。・・・・2月14日バレンタインデー来るたびに悲しい。・・・・・3月に墓参りの為東京へ行く(息子が東京にいるのでお墓は東京)。俺もそうなるのだろうか。・・・・・・・禁煙条例始まり、もし俺の行っている店が喫煙店になったら、タバコ飲む人増えるだろうな。・・・・・そうなったら、30年以上の付き合い止めるしかない。・・・・・残り少ない人生悲しいな。


2019年2月24日 追申
議員さんだけ特別扱い・・・・道議会員の我儘

北海道でもいよいよ公共施設の全面禁煙始める。しかし道議会は一般の公共施設とは違うので喫煙室を設ける方法で話を進めているそうである。
貴方は非喫煙者から(喫煙しない選挙民が断然多い)選ばれた議員さんでしょう。北海道の議員こんなのばかり?特権階級意識丸出し。・・・・・・情けない。鈴木新知事、どう判断するの。



私がやった素人裁判、「オカザキヨット裁判」も読んで下さい。
いかに業者は偽証を繰り返すか。しかし出た判決は、前払い金の一部返還を認めただけである。明らかに誤審である。このことを多くの人に訴え、裁判の判決を考えたいたい。・・・・・被害者が裁判によって更に被害を受ける。おかしくありませんか。